ネクストエナジー、環境省のD.Waste-NetメンバーであるJDTS(一般社団法人 日本災害対応システムズ)に加盟 リユースリサイクルの専門家として太陽光発電業界から唯一の賛助会員に

@Press / 2019年8月8日 11時0分

自然エネルギー関連の事業を展開するネクストエナジー・アンド・リソース株式会社(本社:長野県駒ヶ根市、代表取締役社長:伊藤 敦、以下「当社」)は、JDTS(一般社団法人 日本災害対応システムズ)の賛助会員に選出され、加盟いたしました。

JDTSは、環境省が事務局となって国や地方自治体が指定する大規模災害時の復旧支援活動を行うD.Waste-Net(災害廃棄物処理支援ネットワーク)のメンバーであり、災害廃棄物あるいは緊急時廃棄物の適正処理の推進および適正な運搬と処理技術の研究、研鑚等に係る事業並びに廃棄物処理業に係る諸制度の確立を促進すること等により、廃棄物処理業の健全な発展に寄与することを目的に2016年2月に設立。2019年7月31日現在、産業廃棄物処理業者13社の会員で構成されております。

日本では近年、多くの大規模自然災害が発生し、急速に普及が進んでいる太陽光発電施設も被害を受けております。災害発生時に処理困難物とされる太陽光パネル*に関するリユース事業の知見から、当社に賛助会員としての加入依頼がなされ、この度の加盟に至りました。当社は産業廃棄物処理ではなく、太陽光パネルのリユースリサイクルの分別および検査、リユース可能なパネルの再利用方法に関する提案、そしてリサイクル処理が必要なパネルについて適正な処理を実施することのできる会社との連携などを行います。

当社では2005年から太陽光パネルのリユース事業に取り組み、10年以上にわたって様々な中古太陽電池を検査し故障要因の分析を行っており、蓄積したデータを活かし使用済み太陽光パネルの厳格な審査基準を構築。NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)の「再販時に必要な性能評価ガイドライン案」の素案作りにも協力するなど、一企業としての企業活動に留まらず活動しております。この度のJDTS加盟に伴い、一層の貢献を果たすことできるよう努めてまいります。

*太陽光パネル=太陽電池モジュール


■ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社について
ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社は、「自然エネルギーを普及させ、永続できる社会の構築に貢献する」という志を胸に、自然エネルギーというフィールドで新しい事業を生み出してきました。リユース事業をはじめ、オフグリッド(独立蓄電型)事業、グリーン電力証書事業、O&Mサービス事業、電力小売事業。これからも新しいエネルギー利用の選択肢を提案し、社会が自然エネルギーシフトに向けて前進するよう、たゆまぬ努力を続けてまいります。

本社 : 長野県駒ヶ根市赤穂11465-6
東京本社 : 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト14階
大阪営業所 : 大阪府大阪市淀川区西中島3-10-13 物産ビル6階
名古屋営業所 : 愛知県清須市西枇杷島町恵比須20-1 丸中ビル201
福岡営業所 : 福岡県福岡市博多区博多駅東2-4-17 第6岡部ビル3階
ホーチミン事務所: ベトナム社会主義共和国
ホーチミン市3区カック・マン・タン・タム62A Lim IIタワー 15階
ウェブサイト : https://www.nextenergy.jp/


■一般の方からのお問い合わせ先
インフォメーションセンター
TEL:0120-338647 ※営業時間10:00~17:00(土・日・祝日除く)
メール:ホームページの下記「お問い合わせページ」より送信ください。
( https://www.nextenergy.jp/contact/ )
*記載されている会社名、商品名は、各社の商標および登録商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング