「今こそ知ろう!国産ジビエシンポジウム」 東京国際フォーラムにて、11月9日(土)開催 抽選で200名様をご招待(無料)のお申し込みを開始

@Press / 2019年9月27日 11時0分

公益財団法人日本食肉消費総合センター(所在地:東京都港区、理事長:田家 邦明)は、令和元年11月9日(土)に国産ジビエの認知向上と需要拡大を目的とした「今こそ知ろう!国産ジビエシンポジウム」を東京国際フォーラムにて開催。抽選で200名様をご招待(無料)致します。
当日は、一般社団法人日本ジビエ振興協会代表理事(オーベルジュ・エスポワール オーナーシェフ)藤木 徳彦氏、農林水産省 鳥獣対策・農村環境課 鳥獣対策室長 仙波 徹氏による基調講演を実施。さらに、モデル・タレントとして活躍する押切 もえ氏を招いてパネルディスカッションを展開、フリーアナウンサーの森山 一葉がナビゲートします。

また、シンポジウム会場のロビーではジビエ加工品の即売会を開催。
ご来場者でアンケートにご回答いただいた方には抽選で10名様に、おいしいジビエ肉をプレゼント致します。さらに、SNS投稿キャンペーンを実施。抽選で5名様にジビエ商品つめ合わせをプレゼント致します。
この機会に是非とも本シンポジウムにご参加の上、国産ジビエへの理解を深めて頂ければ幸いです。


<シンポジウム 実施要項>
■開催日時
令和元年11月9日(土) 13:30~16:00(開場 12:45)

■開催会場
東京国際フォーラム ホールD7及びロビー
(東京都千代田区丸の内3-5-1)

■シンポジウムタイトル
「今こそ知ろう!国産ジビエシンポジウム」

■プログラム
オープン:13:30開演・主催者あいさつ
第一部 :13:35基調講演1
一般社団法人日本ジビエ振興協会代表理事
オーベルジュ・エスポワール オーナーシェフ 藤木 徳彦
「ジビエ振興の意義と取組みについて」(仮題)
14:05基調講演2
農林水産省 農村振興局 農村政策部
鳥獣対策・農村環境課 鳥獣対策室長 仙波 徹
「ジビエ振興のための政府の取組」(仮題)
第二部 :14:35パネルディスカッション
司会進行:森山 一葉(フリーアナウンサー)
パネラー:伊藤 匡美(東京国際大学教授)
押田 敏雄(麻布大学名誉教授)
戸井口 裕貴(信州富士見高原ファーム)
藤木 徳彦(日本ジビエ振興協会代表理事)
宮崎 昭(京都大学名誉教授)
押切 もえ(モデル・タレント)


<応募方法>
■はがきでご応募の方
必要事項
(1) お名前(フリガナ)
(2) 年齢
(3) 性別
(4) 郵便番号
(5) 住所
(6) 電話番号
(7) メールアドレス
(8) 参加人数
(9) シンポジウムで聞きたいこと等

以上をご記入の上、下記宛先までお送りください。
〒102-8522 東京都千代田区三番町3-8 泉館三番町ビル2階
今こそ知ろう!国産ジビエシンポジウム運営事務局(株式会社協同宣伝内 賀山宛)

■WEBでご応募の方
下記URLにアクセスの上、専用応募フォームによりご応募ください。
https://www.g-meat.info/


<主催>
公益財団法人日本食肉消費総合センター

<協賛>
一般社団法人日本ジビエ振興協会

<主催団体概要>
名称 : 公益財団法人日本食肉消費総合センター
代表者 : 理事長 田家 邦明
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂6-13-16 アジミックビル5F
設立 : 1982年3月18日
事業内容: 食肉に関する知識及び情報の提供、食肉の消費の増進、
食肉の生産・流通及び消費に関する調査研究等を実施
URL : http://www.jmi.or.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング