イオン銀行、「2019年度グッドデザイン賞」を受賞!

@Press / 2019年10月2日 15時0分

イオンフィナンシャルサービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河原 健次)の子会社である株式会社イオン銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:新井 直弘、以下、当行)は、「デジタルチャネルUI」向上への取り組みが評価され、2019年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しましたのでお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/194483/LL_img_194483_1.png
「2019年度グッドデザイン賞」受賞アプリ・ATM イメージ画像

当行はこれまで、家計管理・口座管理・ATMでの現金入出金までのタッチポイントにおいて一貫した体験を提供するため、スマートフォンアプリでは「カケイブ」、「通帳アプリ」、「ATM・店舗検索アプリ」「スマッとATM」の4種に加え、イオン銀行ATM画面における、UIデザインを統一しました。またATM画面においては、カラーユニバーサルデザイン認証を取得し、色覚特性をお持ちのお客さまへ配慮した画面設計とするなど、様々なお客さまにとって、高い体験価値の実現を目指しました。

今後も「親しみやすく、便利で、わかりやすい」新しい銀行を目指し、デジタル接点を通じてより高い顧客体験を提供できるようUI/UX改善に取り組んでまいります。


<審査委員による評価コメント>
自社のユーザーの特徴を把握することで「家計のやりくり」と「ATMでの日々の出金」をつなぐことに特化したサービス設計を実施し、アプリとATM画面のUIを統一した。機能毎にアプリが別途存在している点、各アプリ間での連携が限定的な点などについては改善点ではないかとの議論も挙がったが、店舗やATMというフィジカルな顧客接点を持つからこそのアプリサービス設計が評価の対象となった。


<イオン銀行アプリのご紹介>
■カケイブ(家計簿アプリ)
イオン銀行「カケイブ」は、使えば使うほどポイントや知恵やお金がたまる家計簿アプリ。お客さまの生活に寄り添い、家計をサポートします。
https://www.aeonbank.co.jp/kakeibu/

■通帳アプリ
スマートフォンが、“通帳”に。設定は1分で完了。すぐに「預金残高」と「入出金明細」が確認でき、便利です。
https://www.aeonbank.co.jp/app/

■ATM・店舗検索アプリ
お近くのイオン銀行店舗・ATMが簡単に探せます。ルート案内がついているので、迷うことなくたどり着けます。
https://www.aeonbank.co.jp/atm/apps/

■スマッとATM
スマホでかんたん入出金!キャッシュカード不要で「かんたん・すばやく・安全」にイオン銀行ATMのお取引ができます。
https://www.aeonbank.co.jp/atmapp/apps/


<2019年度グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」>
10月31日(木)から5日間にわたり、東京ミッドタウンにて開催される、2019年度グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」において、「イオン銀行 デジタルチャネルUI」が展示されます。

■GOOD DESIGN EXHIBITION 2019 - 2019年度グッドデザイン賞受賞展
会期 : 2019年10月31日(木)~11月4日(月・祝)
会場 : 東京ミッドタウン各所(東京・六本木)
公式サイト: https://www.g-mark.org/gde/2019/


<グッドデザイン賞とは>
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。
https://www.g-mark.org/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング