日本一高いビル「あべのハルカス」にインベーダーが襲来!?地上約300mの展望台でスペースインベーダーを体感!!『ハルカス300スペースインベーダーワールド』

@Press / 2019年9月26日 14時0分

日本一高いビル「あべのハルカス」のハルカス300(展望台)では、スペースインベーダーギガマックスをはじめとするレトロゲームの世界を楽しめる『ハルカス300スペースインベーダーワールド』を2019年10月5日(土)より実施致します。

本イベントでは、複数人同時プレイが可能なスペースインベーダーのゲーム画面をプロジェクターで照射し、地上約300mに位置する「ハルカス300」の60階天上回廊の外周ガラス面や、オープンエアの58階天空庭園の床面をプレイ画面としてお楽しみいただけるほか、1978年の発表当時、社会現象にもなった当時のスペースインベーダーのアーケード筐体や、株式会社タイトーが所有するレトロゲームのアーケード筐体を展示いたします。

60階天上回廊では、地上約300mからの絶景を望む外周ガラス面が巨大なプレイ画面となり、ゲームの世界と大阪の夜景が融合する不思議な世界が広がります。上空から大阪の街へめがけて舞い降りてくる、ゲームの象徴的キャラクター「インベーダー」を、ハルカス300のキャラクターである「あべのべあ」が撃ち落とし、「大阪を守れるかどうか!?」というスリルを味わうことができる「スペースインベーダーギガマックス」をお楽しみいただけます。
その他にも、スペースインベーダーのアーケード筐体を3/4スケールで復刻した「ARCADE1UP」が設置され、当時のアーケードゲームも体験できます。また、当時のスペースインベーダーのアーケード筐体やタイトー社製のレトロゲームアーケード筐体の実機10台とパネルが展示され、1970年代から80年代の懐かしい世界をお楽しみいただけます。
58階では、ツインタワーに設置する壁と床面に投影される「バーチャルフィールド」に現れるインベーダーの大群を、ブロックくずしのような感覚で足を使って撃ち落とす新たなスペースインベーダーゲーム「アルキンベーダー」をお楽しみいただけます。「アルキンベーダ―」は、「スペースインベーダー」+「アルカノイド」+「歩く(足の動き)」の3つの要素をミックスさせた、新しいアトラクションです。
さらに、60階ショップワゴンでは、イベント期間限定で「スペースインベーダー」をテーマとしたグッズも販売します。
なお、ゲームのプレイ料金は、「スペースインベーダーギガマックス」と「アルキンベーダー」は各200円、「ARCADE1UP」は無料でご利用いただけます。(その他詳細は別紙 https://www.atpress.ne.jp/releases/194554/att_194554_1.pdfのとおり。)

地上約300mからのダイナミックな眺望とレトロなゲームの世界が融合し、見て楽しい、遊んで楽しいひと時を是非お楽しみください。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/194554/img_194554_1.jpg
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/194554/img_194554_2.jpg




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング