オプティムと松尾建設、AI・IoT技術を活用した取り組みを推進すべく、「建設×IT 戦略的包括提携」を締結

@Press / 2019年9月27日 15時45分

株式会社オプティム(佐賀本店:佐賀県佐賀市、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下 オプティム)は、松尾建設株式会社(本店:佐賀県佐賀市、代表取締役社長:松尾 哲吾、以下 松尾建設)と、建設分野において、AI・IoT技術などを活用した取り組みを推進して行くことを目的として、「建設×IT 戦略的包括提携」を締結いたしました。
建設業界は人手不足など大きな課題を抱えております。今後両社により、建設業務の効率化を実現するソリューションや、顧客へ貢献するソリューションを、佐賀・九州から創出し、全国の建設企業が課題として抱える問題を解決していきたいと考えます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/194570/LL_img_194570_1.png
オプティムと松尾建設、AI・IoT技術を活用した取り組みを推進すべく、「建設×IT 戦略的包括提携」を締結

■「建設×IT 戦略的包括提携」とは
「建設×IT 戦略的包括提携」では、九州最大の建設企業であり、お客様からいただく「信用が日本最大」を目指している松尾建設と、佐賀において、さまざまな産業のAI・IoTの活用を推進すべく日々取り組んでいるオプティムの両社が、建設分野におけるAIやIoT技術などを活用した取り組みを推進して行くことを目的として、以下の事項について連携・協力してまいります。

●AI等の技術を活用したスマホ3次元測量サービス・アプリケーションの開発
●「OPTiM AI Camera」等を活用した建設現場安全管理システムの導入
●AIや遠隔支援技術を活用した建設会社向け技術者支援システム(OB・OG技術者活用プラットフォーム)の検証・開発
など


■佐賀におけるオプティムのAI・IoTの活用について
オプティムは、2015年8月に、佐賀県ならびに佐賀大学と農業分野におけるAI・IoTの活用について、「IT農業三者連携協定」を締結し、2017年3月には、佐賀有明海域におけるノリ養殖におけるAI・IoTの活用について、佐賀県ならびに佐賀大学、農林中央金庫、佐賀県有明海漁業協同組合、農林中央金庫、株式会社NTTドコモと共に、「6者間連携協定」を締結して、農業や漁業の高度化に取り組んでいます。

医療分野においては、社会医療法人 祐愛会織田病院とともにAI・IoTを活用したスマート・ホーム・メディカルサービス「在宅医療あんしんパック」の実証実験の実施や、佐賀大学医学部とは「メディカル・イノベーション研究所」を設立し、AI・IoTを活用した未来型医療の共同研究を実施するなどの活動を推進しています。

金融分野では、2017年には株式会社佐賀銀行と戦略的提携を締結し、振り込め詐欺に対応したAIカメラを実践導入しております。また、2018年には佐賀県警察と包括連携協定を締結し、地域の安心・安全を実現するためのソリューション実装等を推進中です。

さらに、佐賀県と佐賀をAI・IoT活用の“トライアルフィールド”として位置づけ、先進的なAI・IoT活用を強力に推進すると同時に、全産業・行政領域へとAI・IoT活用を拡大していくことを目的として、「AI・IoT包括連携協定」を2017年に締結し、両者が持つ資源や知識、ノウハウを活用し、AI・IoTの活用を進めております。

また建設分野では、オプティムはコマツ、株式会社NTTドコモ、SAPジャパン株式会社と共同で、建設業務における生産プロセスに関与するあらゆる「モノ」をつなぐ建設事業者向けオープンプラットフォーム「LANDLOG」を企画・運用しております。従いまして、本提携に基づき佐賀・九州から開発したサービス・アプリケーションを、当該プラットフォーム等を通じて全国に水平展開することも検討しております。

このように、オプティムは佐賀において、さまざまな産業のAI・IoTの活用を推進し、佐賀がAI・IoT先進県となるべく、日々活動を推進しています。


【松尾建設株式会社について】
松尾建設は、1885年(明治18年)に「松尾組」として創業以来134年、土木・建築を主体とし本店を佐賀に置き、仙台から沖縄の各地に支店・営業所を構える九州最大の総合建設業として発展してまいりました。私どもは、時代にふさわしい企業を目指して積極的に活動し、常に人と社会の未来をみつめながら 時代の変化に対応するバランスのとれた近代的な企業体づくりを目指しています。
また、新事業の推進や技術革新に力を注ぐと共に、創業100周年記念事業として中高一貫の進学校「弘学館」を佐賀県に設立、次代の日本の将来を担う子どもたちを育成しております。「常在 お客様貢献」を企業理念として、社是の「良く、早く、安く」を追求することによって、お客様からいただく「信用が日本最大」を目指したいと考えます。

会社名 : 松尾建設株式会社
本店 : 佐賀県佐賀市多布施1丁目4番27号
本社 : 福岡県福岡市中央区薬院3丁目4番9号
東京本社 : 東京都杉並区高円寺南2丁目16番13号
支店・営業所: 仙台から沖縄まで1都1府13県に15支店、28営業所
グループ会社: 学校法人松尾学園 弘学館中学校・高等学校 他 12社
社長 : 松尾 哲吾
創業 : 1885年
資本金 : 300百万円
事業内容 : 総合建設業(土木一式、建築一式請負)、土木・建築工事の
企画設計および監督、土木・建築工事に要する
材料の販売および販売受託、不動産取得・売買および仲介、
産業廃棄物の処理、温水器・厨房機器等の販売、
科学館・博物館・体育館、公営住宅等公共施設の
管理および運営、前各号に掲げたものの附帯事業
URL : http://www.matsuo.gr.jp


【株式会社オプティムについて】
オプティムは、「ネットを空気に変える」というコンセプトを掲げ、もはや生活インフラとなったインターネットが、いまだに利用にあたりITリテラシーを必要とする現状を変え、インターネットそのものを空気のように、全く意識することなく使いこなせる存在に変えていくことをミッションとして、創業以来すべての人々が等しくインターネットのもたらす、創造性・便利さを享受出来るようサポートする製品・サービスの開発に尽力しております。
また、常に新しい分野において積極的に研究開発を行い、知的財産を構築することにより、新しい市場の創出とイノベーションの創出を同時に行うことで、「世界の人々に大きく良い影響を与える普遍的なテクノロジー・サービス・ビジネスモデルを創りだす」ことを目指しております。

会社名 : 株式会社オプティム
佐賀本店: 佐賀県佐賀市本庄町1 オプティム・ヘッドクォータービル
東京本社: 東京都港区海岸1丁目2番20号 汐留ビルディング 21階
代表者 : 菅谷 俊二
設立 : 2000年6月
資本金 : 443百万円
事業内容: ライセンス販売・保守サポートサービス(オプティマル)事業
(IoTプラットフォームサービス、リモートマネジメントサービス、
サポートサービス、その他サービス)
URL : https://www.optim.co.jp/


【Copyright・商標】
※ 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。
※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング