オンライン英会話と世界150カ国で使われる英語学習サービスが連携レアジョブ英会話「サーキットトレーニング」を開発

@Press / 2019年11月1日 13時0分

英語関連事業を運営する株式会社レアジョブ(以下、レアジョブ)は、米国のVoxy,Inc.の英語学習サービス「Voxy」に対応した、ビジネス英会話総合学習トレーニング「サーキットトレーニング」を開発しました。また、2019年10月より順次、法人企業限定でβ版として試験提供を開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/194990/img_194990_1.png

「Voxy」について
「Voxy」は、世界150カ国で400万人以上が利用する英語学習サービスです。インプット学習コンテンツの種類やテーマが豊富に用意されています。また、AIが学習者のレベルや回答内容などを分析して、個人最適化された学習プログラムを作成。学習者は、自分の習熟度に合わせて学習を進められるのも特徴です。

「サーキットトレーニング」
「サーキットトレーニング」は、インプット学習とアウトプット(オンラインレッスン)を完全に連動させた、ビジネス英会話総合学習トレーニングです。
これまで、単語やフレーズなどのインプット学習については、受講者が別教材で実施する必要がありました。「サーキットトレーニング」は「事前インプット」「準備トレーニング」「ライブレッスン」を一貫したプログラムとして提供できるので、ビジネス英会話を総合的に習得することが可能になりました。

<主な特徴>
・ビジネスシーンに特化したトレーニング
・第二言語習得理論に基づく「インプットーアウトプット」連動型学習

今回はまず、英語初級者を対象にサービスを開発いたしましたが、本サービスの今後の展開や、対象レベルの拡大については順次検討してまいります。

「サーキットトレーニング」β版試験提供概要
・試験提供開始:2019年10月より順次
・「レアジョブ英会話」法人向けサービス 「ビジネス英会話コース」ご利用の一部の企業
※試験提供は、一部のご利用企業を対象に行います
・今後の展開:試験提供による効果検証の結果をふまえ、順次決定

本サービスの開発背景
レアジョブは、「日本人1,000万人を英語が話せるようにする。」をサービスミッションに、誰しもが英語を話せるようになるためのサービス開発を追求しています。
英語学習の成果を高めるためには、学習の“質”と“量”を適切に担保することが重要です。レアジョブでは、英語習得のプロセスを「アセスメント(英語力の評価)」「レコメンド(学習内容の推奨)」「学習の提供」「学習継続の支援」の4つに分解し、これらを一貫して提供していくことを目指しています。
これまでは、自社のオンライン英会話サービスを中心に、「学習の提供」を行ってまいりましたが、さらなる充実を目指し、国内外問わず、優れたEdTechサービスと提携を積極的に行っています。
この度、2019年3月にOEM契約を締結したVoxy,Inc.と連携し、このような新しい英語学習プログラムの開発を実現できました。今回の試験提供を通じ、今後さらなるサービスの拡大を進めてまいります。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/194990/img_194990_2.png
成果を最大化させる、4段階の英語習得プロセス

※4段階の英語習得プロセスをもとにした、今後のサービス展開の構想について

▼2020年3月期第一四半期決算補足説明資料 P.13より
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS08881/641183a4/d1b0/4636/a07f/a998ce0296d1/140120190814488387.pdf

【Voxy,Inc.について】
所在地:632 Broadway, Suite 702 , New York, NY, USA - 10012
代表者:Paul Gollash
URL: https://voxy.com/
事業内容:オンライン英語学習プラットフォーム事業

【株式会社レアジョブについて】
所在地:東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビル2F
代表者:代表取締役社長 中村 岳
U R L : https://www.rarejob.co.jp/
事業内容:英語関連事業
上場取引所:東京証券取引所マザーズ市場(2014年に上場)
レアジョブでは、グループビジョン“Chances for everyone, everywhere.”に基づき「グローバルに人々が活躍する基盤を作る」ことを目指しています。サービスミッションには「日本人1,000万人を英語が話せるようにする。」を掲げ、マンツーマンのオンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」を中心に事業を展開しています。ビジョン・ミッションの実現に向け、EdTech企業のリーディングカンパニーとして、国内のみならず事業のグローバル展開を推進してまいります。

サービスミッションと「英語教育3.0」
一般に、日本人の約10%が「英語を学んでいる」ないし「英語を学びたいと思っている」と言われます。つまりサービスミッションの“1,000万人”という数字は、「英語が話せるようになりたいと思っている人」の概数を象徴しているのです。

また、レアジョブでは“英語が話せるようになりたいと望む誰もが、英語を話せるようになる”状況を「英語教育3.0」と定義しています。

読み書き中心で、英語を話す機会が圧倒的に不足していた「英語教育1.0」は、オンライン英会話サービスの普及により、英語を話す機会が圧倒的に増加した「英語教育2.0」へと進化しました。
これからレアジョブが目指すのが、英語学習の動機づけから学習方法に至るまで一貫して“成果”にフォーカスする「英語教育3.0」の実現です。

レアジョブはEdTech企業のリーティングカンパニーとして、テクノロジーの力を使って「英語教育3.0」を、そしてサービスミッションの実現を目指し続けてまいります。

サービス関連情報
・累計無料登録ユーザー数: 70万人以上※
・累計導入法人企業数: 2,200社以上
・累計導入教育機関数: 230校以上
※ユーザー数は、当社の英語サービスすべてのユーザー数を記載

提供サービス
・個人向けオンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」
https://www.rarejob.com/
・「レアジョブ英会話」法人向けサービス
https://www.rarejob.com/corporate/
・法人向け「レアジョブ英会話留学」
https://www.rarejob.com/corporate/study_abroad/
・教育機関向け英語教育サービス(株式会社エンビジョン)
https://www.rarejob.com/school/
・2ヵ月短期集中英会話プログラム「レアジョブ本気塾」
https://honkijuku.rarejob.com/
・レアジョブ英語学習アプリ「RareJob Apps」
https://apps.rarejob.com/
・英語を手段にチャンスをつかむためのメディア「RareJob English Lab」
https://www.rarejob.com/englishlab/
・英語の価値を見つけるプロジェクト「WHY ENGLISH」
https://why.rarejob.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング