雪野山古墳発掘30周年記念展示「今 甦る!琵琶湖に君臨した王 雪野山古墳」10月4日(金)~10月27日(日) 、博物館特別展示室で開催

@Press / 2019年10月3日 18時0分

明治大学博物館は2019年10月4日(金)~10月27日(日)に、雪野山古墳発掘30周年記念展示「今 甦る!琵琶湖に君臨した王 雪野山古墳」を開催します。

今から約1,700年前、琵琶湖を見晴らす雪野山山頂に築かれた前方後円墳「雪野山古墳」。発掘30周年を記念して、未盗掘で埋葬当時そのままの姿で見つかった副葬品(重要文化財)を一挙公開します。卑弥呼の鏡といわれる「三角縁神獣鏡」をはじめ、大陸製の鉄製「小札冑(こざねかぶと)」、関東初出展となる漆製品の矢筒「靫(ゆき)」など、古墳時代前期前半の宝器を網羅した、被葬者の権力を象徴する出土品から、その時代背景を読み解きます。

雪野山古墳発掘30周年記念展示
「今 甦る!琵琶湖に君臨した王 雪野山古墳」
■会場:明治大学博物館 特別展示室
(〒101-8301東京都神田駿河台1-1 明治大学駿河台キャンパス・アカデミーコモン地階)

■入場料:無料

■会期:2019年10月4日(金)~10月27日(日)※会期中無休
なお、2019年10月4日(金)14:00~ オープニングセレモニーを開催いたします。

■関連イベント(ギャラリートーク):毎日11時、15時に20分程度の展示説明を行います。申込不要 直接会場へお集まりください。
講師:東近江市埋蔵文化財センター職員
その他イベントは、大学HP( https://www.meiji.ac.jp/museum/news/2019/6t5h7p00001o7sjg.html)をご参照ください

■開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)

■主催:東近江市・明治大学博物館・明治大学文学部考古学研究室


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング