「Bunka祭2019」10月14日にいよいよ閉幕!ラストを飾るのはNHK交響楽団メンバーによる無料ミニコンサート

@Press / 2019年10月8日 14時30分

本年9月に30周年を迎えたBunkamura(東京都渋谷区)は、「世界中の文化を渋谷で」という思いをもとに、30年間渋谷の地で世界各国のさまざまな文化・芸術を発信し続けてきました。
Bunkamuraは9/21(土)~10/14(月・祝)の間、大人が楽しめる「Bunka祭2019」を開催しております。10月14日にはクロージングイベントとしてNHK交響楽団のメンバーによるミニコンサートを開催することが決定いたしました。さわやかな秋の風と心地良いオーボエとフルートによるデュオをお楽しみください。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195480/LL_img_195480_1.png
オーボエ:池田昭子 フルート:梶川真歩

オーボエ:池田昭子(いけだ しょうこ)
東京藝術大学卒業。卒業時に皇居内桃華楽堂にて御前演奏を行う。広田智之、小島葉子、宮本文昭、フランソワ・ルルーの各氏に師事。第4回津山国際総合音楽祭ダブルリードコンクール、第13回日本管打楽器コンクールオーボエ部門共に第1位。文化庁在外研修員としてミュンヘン、リヒャルト・シュトラウス音楽院に留学。東京交響楽団を経て2004年NHK交響楽団に入団。マイスターミュージックよりCD『カプリッチオ』『田園のコンセール』『アヴェマリア』『アルビノーニ&マルチェッロオーボエ協奏曲』『恋のうぐいす』等をリリース。現在、NHK交響楽団オーボエ奏者、紀尾井ホール室内管弦楽団メンバー。東京藝術大学、上野学園大学非常勤講師。

フルート:梶川真歩(かじかわ まほ)
愛知県生まれ。東京藝術大学、パリ・エコールノルマル音楽院、パリ国立地方音楽院フルート科、同音楽院ピッコロ科を卒業。コンクール・ジュヌフルーティスト (フランス) フルート部門第1位、同コンクールピッコロ部門第2位、大阪国際室内学コンクール3位(同部門における日本人団体の史上最高位)、東京音楽コンクール第3位、日本音楽コンクール入選、小澤征爾音楽塾、サイトウキネンフェスティバルに参加。2018年NHK交響楽団入団。これまでにフルートを山口典久、大海隆広、金昌国、神田寛明、浅尾典子、竹澤栄輔、工藤重典、ヴァンソン・リュカ、ナタリー・ロザ諸氏に師事。ピッコロをナタリー・ロザ女史に師事。桐朋学園大学、愛知県立芸術大学非常勤講師。


Bunka祭クロージング N響のメンバーによるミニコンサート 概要
日時:10/14(月・祝)13:00/15:00(各回約20分を予定)
会場:ドゥ マゴ パリ テラス(B1F) ※雨天時は変更になる場合があります。
出演:オーボエ・池田昭子、フルート・梶川真歩(NHK交響楽団)
観覧無料 ※ドゥ マゴ パリのテラス席をご利用の際はオーダーをいただいております。


≪演奏予定曲≫
・テレマン/6つのカノンソナタより第1番 ト長調 TWV 40:118
・モーツァルト(編曲者不詳)/オペラ『魔笛』より
「私は鳥刺し」
「復讐の心は地獄のようにわが心に燃え」(夜の女王のアリア) ほか

10月14日に閉幕を迎えるBunka祭2019ですが、これからでも楽しめる様々な公演、展覧会も。芸術の秋をお楽しみください。
詳しい情報はBunka祭2019ホームページへ
https://www.bunkamura.co.jp/sp/bunkasai2019/

〇オーチャードホール
N響オーチャード定期2019/2020シリーズ 第106回
ヨーロッパでは、クラシック音楽のシリーズは秋からスタートするのが一般的。
夏のバカンスを終えて、秋からまた新しいシリーズが開幕する。
今シリーズの幕開けを飾るのは、古楽の巨匠、コープマンによるオール・モーツァルト・プログラム。
【日時】10/13(日)15:30~
【出演】指揮 :トン・コープマン
ソプラノ:イツァベル・アリアス・フェルナンデス

【料金】S・8,800円 A・7,300円 B・5,700円 C・3,600円(税込)
※未就学児入場不可

〇シアターコクーン
DISCOVER WORLD THEATRE vol.7
『オイディプス』
英国トップクラスの演出家と彼が信頼する精鋭クリエイターたち、<歌舞伎><現代劇><ダンス>ジャンルを超えた贅沢な顔合わせで、前代未聞のクリエーションに挑むまったく新しい『オイディプス』の登場にご注目を。
【日時】10/7(月)~10/27(日)
【翻案・演出】マシュー・ダンスター
【出演】市川海老蔵、黒木瞳、森山未來 他
【料金】S・12,500円 A・9,000円 コクーンシート・5,500円(税込)
※未就学児入場不可

〇ザ・ミュージアム
建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展
本展は、侯爵家秘蔵のルーベンス、ヤン・ブリューゲル(父)、クラーナハ(父)を含む北方ルネサンス、バロック、ロココを中心とする油彩画と、ヨーロッパでも有数の貴族の趣向が色濃く反映された、ウィーン窯を中心とする優美な陶磁器、合わせて約130点で、優雅さとくつろぎが調和する貴族の宮廷空間へと誘う。
【日時】10/12(土)~12/23(月) ※10/15(火)、11/12(火)、12/3(火)休館
【入館料】一般・1,600円(1,400円) 大学/高校生・1,000円(800円)
中学/小学生・700円(500円)(税込) ※()内は前売・団体料金

〇ル・シネマ
レディ・マエストロ
アメリカ、オランダ、ドイツを舞台に、女性指揮者のパイオニアであるアントニア・ブリコの半生を、数々のクラシックの名曲と共にドラマチックに綴る『レディ・マエストロ』。女性が指揮者になるなどあり得ないとされていた時代に、情熱と才能を胸に、自らの道を切り開いていくヒロインの姿が感動を呼ぶ。
【日時】絶賛上映中
【監督・脚本】マリア・ペーテレス
【出演】クリスタン・デ・ブラーン、ベンジャミン・ウェインライト、スコット・ターナー・スコフィールド
【配給】アルバトロス・フィルム
※未就学児入場不可


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング