NEW『ゼクシオ』アイアンを新発売

@Press / 2019年10月8日 11時0分

住友ゴムグループの(株)ダンロップスポーツマーケティング(社長:尾島祐輔)は、振りやすさと飛距離性能で好評をいただいている『ゼクシオ』アイアンのNEWモデルを2019年12月7日より順次販売します。今回11代目となる『ゼクシオ』は、高弾道で気持ちよく飛ばせる「ゼクシオ イレブン」と、もっとしっかり振り切りたいゴルファー向けの「ゼクシオ エックス」の2モデルをラインアップしています。両モデルともメーカー希望小売価格は、カーボンシャフト1本24,000円+税、スチールシャフト1本19,000円+税です。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195680/img_195680_1.jpg
「ゼクシオ イレブン」アイアン 「ゼクシオ エックス」アイアン

2000年に初代モデルが誕生した『ゼクシオ』アイアンは、振りやすさと飛距離性能という基本開発コンセプトのもとに進化を重ね、発売以来19年連続でシリーズ国内売上No.1※1を達成してきました。11代目となる今回のモデルは、より多様化したお客様のゴルフライフに貢献できるようにブランド価値を再定義。
従来のレギュラーモデルとしての「ゼクシオ イレブン」に加え、もっとしっかり振り切りたいゴルファー向けの「ゼクシオ エックス」を新たにラインアップし、これまでより、さらに幅広いゴルファーに「確実に、まっすぐ、遠くまで飛ばす」新しいゼクシオテクノロジーを搭載したクラブをお届けします。
NEW『ゼクシオ』アイアンは、11月1日(金)以降、全国のゴルフ用品取扱店や試打会でお試しいただけますのでぜひ新しい飛びを体感ください。開催日程や場所などは下記URLでご確認ください。
https://sports.dunlop.co.jp/golf/service/shidakai/schedule.html
※1 矢野経済研究所調べの全国主要小売店店頭販売実績集計(2000年~2018年)において、サブブランド別ウッド、アイアン
合計金額において年間売上19年連続No.1。

■ NEW『ゼクシオ』アイアンの特長
ダンロップが『ゼクシオ』ゴルフクラブに搭載する飛びのテクノロジーは、ヘッドの反発性能向上だけにとどまりません。ゴルファーのパワーを最大限引き出す独自の“飛ばし方”を実現するために、近年はスイングの領域にまで踏み込んだ研究開発で進化を遂げてきましたが、今回の11代目モデルで着目したのは「トップ・オブ・スイング」です。新たに開発した独自技術の「WEIGHT PLUS(ウエイトプラス)」テクノロジーが、コックがたまり深く安定した理想のトップ「飛びのパワーポジション」を実現。より速く正確なインパクトを可能にします。結果として「ゼクシオ イレブン」では前作比3.3ヤードの平均飛距離アップを実現しています※2。
「WEIGHT PLUS(ウエイトプラス)」テクノロジー※3は、新ラインアップの「ゼクシオ エックス」にも搭載されており、今までにない飛距離を実現できるクラブです。
※2 当社アマチュアモニターの試打比較による数値。
※3 アイアンはグリップエンド部を重くしているため「シリコンラバーブッシュ」は搭載していません。

1.新技術「WEIGHT PLUS(ウエイトプラス)」テクノロジーで、理想のトップを決めて飛ばす
「WEIGHT PLUS(ウエイトプラス)」テクノロジーとは、ゴルフクラブの手元に重量を集中させ、テークバック時のヘッドを支える力を軽減させることで、理想のトップポジションを作り出す技術のことです。
カーボンシャフトモデルではシャフト重量を従来モデルより軽量化し、さらにこの重量をグリップラバー部のバット端に集めることで、テコの原理を応用してスイング始動時からコックがたまり深く安定したトップに決まるようにバックスイングを誘導します。

2.より反発性能を高めたヘッドで飛ばす
(1)「ゼクシオ イレブン」は新開発「TWIN GROOVE(ツイングルーブ)」で、ボディの撓(たわ)みを活用し、安定した大きな飛距離を実現しました。バックフェース内部には従来の溝に加え、さらに約2倍の深さの溝を配置し、インパクト時のソールの撓(たわ)みを大きくすることでフェース全体の反発性能を高めています。ヘッドは「新開発4ピース構造」を採用し、ボディの本体とフェース受け部を切り離すことで、「TWIN GROOVE(ツイングルーブ)」や重心位置などの設計の自由度が向上しています。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/195680/img_195680_4.jpg
「ゼクシオ イレブン」アイアン ヘッド断面図

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/195680/img_195680_3.jpg

ボールインパクト時のヘッド撓み:イメージ図

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/195680/img_195680_6.jpg
「ゼクシオ イレブン」アイアン 構造図

(2)「ゼクシオ エックス」は、軟鉄鍛造ボディの打球感を活かしながらも、フェース裏面に溝を配置した「SPEED GROOVE FACE(スピードグルーブフェース」」を採用することで、フェース全体の撓(たわ)みを大きくし、反発性能を向上させました。
スピードグルーブフェース
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/195680/img_195680_5.jpg
「ゼクシオ エックス」アイアン 構造図

3.それぞれのユーザーにとっての構えやすさと、心地よい打球感を実現
11代目の『ゼクシオ』ゴルフクラブは、ターゲットユーザーに合わせて構えた時に見えるヘッドの形“顔”と、“打感”を設計しています。チタンフェースの「ゼクシオ イレブン」ではこれまでのヘッド形状を踏襲。新たなラインアップの軟鉄鍛造ボディ「ゼクシオ エックス」では大きく寛容性のあるフェースながらも、ストレートで構えやすいネック形状と心地よい“打感”に設計しています。


『ゼクシオ』に関する情報は下記URLでご確認ください。
https://sports.dunlop.co.jp/golf/xxio/


■「ゼクシオ イレブン」アイアンの概要
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/195680/img_195680_12.jpg
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/195680/img_195680_7.jpg
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/195680/img_195680_8.jpg
※レッドのスチールシャフト装着モデルは特注生産となります。

■「ゼクシオ エックス」アイアンの概要
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/195680/img_195680_11.jpg
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/195680/img_195680_9.jpg
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/195680/img_195680_10.jpg






















詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング