京樽調べ  11日1日は「すしの日」 すしに関する調査2019 “大人な”すしデートをしたい男性有名人 1位「舘ひろしさん」「西島秀俊さん」

@Press / 2019年10月24日 14時30分

持ち帰り鮨店「京樽」、江戸前鮨専門店「すし三崎丸」、回転寿司店「海鮮三崎港」などを展開する株式会社 京樽(本社:東京都中央区日本橋箱崎町 代表取締役社長石井 憲)は、11月1日の「すしの日」に因み、20~59歳の男女を対象に、今年で5回目となる「すしに関する調査」を実施しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)

[調査結果]
■月に1回はすし店に通う“すしメン・すしジョ” 30代女性のすしジョ率は50%

全国の20~59歳の男女1,000名(全回答者)に、“すし”に関する消費の実態や意識について質問しました。
はじめに、すしを食べる頻度をお店の種類別に聞きました。月に1回以上利用する人の割合をみると、「回転寿司店」では31.4%、「持ち帰り寿司店」では10.4%、「一般の寿司店(回らない寿司店)」では6.9%となりました。

回転寿司店、持ち帰り寿司店、一般の寿司店のいずれかで、すしを月に1回以上食べる人を“すしメン・すしジョ”として、その割合をみると、すしメン率は34.8%、すしジョ率は39.2%でした。
すしメン率・すしジョ率を性年代別にみると、最も高くなったのは30代女性(49.6%)でした。また、2018年の調査結果(※)と比較すると、30代男性では2018年26.4%→2019年42.4%と、16ポイント上昇しました。

※11月1日は「すしの日」 すしに関する調査2018 https://www.kyotaru.co.jp/release/1112018.html

■20代男性の7人に1人が“すし通”を自認
■すし通の45%が「食べるネタの順番にこだわりがある」と回答
■“すし通”のイメージは? 男性回答1位は「食べたいものを食べたい順で食べる」

全回答者(1,000名)に、すしに関する意識を聞きました。
まず、すしが好きか聞いたところ、「好き」は88.7%となりました。
性年代別にみると、「好き」の割合が最も高かったのは50代女性(93.6%)でした。

次に、自分は“すし通”だと思うか聞いたところ、「そう思う」は8.4%でした。
性年代別にみると、「そう思う」の割合が最も高かったのは20代男性(15.2%)でした。
すしメンの回答をみると、「そう思う」は21.3%で、全体(8.4%)と比べて12.9ポイント高くなりました。“すし通”を自認しているすしメンは少なくないようです。

また、食べるネタの順番にこだわりがあるか聞いたところ、「ある」は12.8%でした。
すし通の回答をみると、「ある」が45.2%となり、すし通でない人(9.8%)と比べて高くなりました。すし通の人ほど、自分なりの基準でネタの順番を決め、すしを味わっているようです。

さらに、どのようなふるまいをしている人を“通”だと思うか聞いたところ、1位は「その日のオススメのネタを聞く」(21.8%)、2位は「すし職人さんとの会話を楽しむ」(19.8%)、3位は「自分が食べたいものを食べたい順で食べる」(18.6%)、4位は「手でつまんで食べる」(17.2%)、5位は「出てきたらすしをすぐに食べる」(15.7%)となりました。
男女別にみると、「その日のオススメのネタを聞く」(男性14.8%、女性28.8%)や「すし職人さんとの会話を楽しむ」(男性11.4%、女性28.2%)では、男性と比べて女性のほうが10ポイント以上高くなりました。女性には、すし職人さんとのコミュニケーションの様子に“通”ぶりを感じる人が多いようです。また、男性回答では「自分が食べたいものを食べたい順で食べる」(16.6%)が最も高くなりました。男性は、すし店で自分のペースで振る舞える人を、“通”っぽいと感じるようです。

■どのような用途で持ち帰り寿司を購入? 「普段の食事」57%、「忙しい時の食事」42%
■新しいネタとの出会いの場? 回転寿司店で「食べたことがないネタに挑戦」4人に1人が経験あり
回らない回転寿司? 回転寿司店で「注文したすしだけを食べる」経験をした女性は4割以上

持ち帰り寿司店を月1回以上利用している人は10人に1人の割合でした。手軽に利用でき、鮮度の良い美味しいすしを買って帰ることのできる点が魅力の持ち帰り寿司ですが、どのような目的で持ち帰り寿司を利用している人が多いのでしょうか。
全回答者(1,000名)に、持ち帰り寿司を購入する際の用途について聞きました。「購入したことがある」の割合をみると、【普段の食事】では57.3%、【誕生日などのお祝い】では45.2%、【忙しい時の食事】では41.8%、【来客へのおもてなし】では38.4%、【自分へのご褒美】では38.3%、【レジャー用のお弁当】では14.6%となりました。
すしには“ハレの日の食事”“ご馳走”というイメージがありますが、実際は普段の食事に取り入れている人が多いことがわかりました。また、忙しい時の「時短メニュー」として活用している人は少なくないようです。

続いて、回転寿司店について質問しました。
全回答者(1,000名)に、回転寿司店で経験したことがあるものを聞いたところ、「同じネタを何度も食べる」(40.8%)が最も高く、次いで、「注文したすしだけを食べる」(32.7%)、「食べたお皿を色別に重ねる」(32.1%)、「食べたことがないネタに挑戦する」(25.7%)、「食べたいすしを値段であきらめる」(23.8%)となりました。回転寿司店では、同じネタを思う存分食べたり、食べたことがないネタに挑戦したりと、形式にとらわれずにネタを選んでいる人が多いのではないでしょうか。また、レーンに回っているすしを取らず、注文したすしだけを食べているという人もみられました。
男女別にみると、「注文したすしだけを食べる」(男性22.4%、女性43.0%)では、男性と比べて女性のほうが20.6ポイント高くなりました。回転寿司店で、回っていないすしだけを食べたという経験がある女性は多いようです。

■“すしランチ”経験のある人は62% かけてもいい金額の平均は1,660円

全回答者(1,000名)に、すしに関する経験や行動について質問しました。
まず、ひとりずし(ひとりですしを食べに行くこと)の経験があるか聞いたところ、「ある」は26.6%となりました。
「ある」の割合を男女別にみると、男性37.4%、女性15.8%と、男性のほうが21.6ポイント高くなりました。

次に、すしランチ(昼食にすしを食べに行くこと)の経験があるか聞いたところ、「ある」は62.3%となりました。“すし”をランチのメニューとして選んだ経験のある人が多数派となりました。
「ある」の割合を男女別にみると、男性57.2%、女性67.4%となり、すしランチ経験者は女性に多いことがわかりました。

では、すしランチの予算はいくらくらいなのでしょうか。
全回答者(1,000名)に、すしランチにかけてもいいと思う金額を聞いたところ、「1,000円~1,500円未満」(34.3%)や「1,500円~2,000円未満」(21.3%)に回答が集まり、平均額は1,660円となりました。

■すし店でのこんな上司の姿にはガッカリ 「うんちくを長々と語る」「店内でタバコを吸う」
■一緒にすしを食べに行ったらガッカリな部下 1位「店内でタバコを吸う」2位「食べた後が散らかっている」

ランチタイムや終業後に、職場の人とすし店に行く機会があるビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。そこで、一緒にすし店に行きたいとは思えないような上司や部下のイメージについて質問しました。
ビジネスパーソン(573名)に、どのような上司と一緒にすしを食べに行くとガッカリすると思うか聞いたところ、「うんちくを長々と語る」「店内でタバコを吸う」(45.0%)が同率で最も高く、次いで、「お酒を飲みすぎて泥酔する」(43.8%)、「大声で話す」(39.6%)、「食べた後が散らかっている」(37.9%)となりました。博識をアピールしすぎると、かえって部下からの印象が悪くなってしまうのではないでしょうか。また、タバコを吸う、泥酔するなど、他の客への配慮を欠いた態度も論外といえそうです。

他方、どのような部下と一緒にすしを食べに行くとガッカリすると思うか聞いたところ、「店内でタバコを吸う」(42.4%)が最も高く、次いで、「食べた後が散らかっている」(38.9%)、「お酒を飲みすぎて泥酔する」(38.0%)、「食べきれない分を残す」(36.8%)、「大声で話す」(36.3%)となりました。すし店でタバコを吸う部下に対して、残念な人だという印象を持つ人が多いようです。食べ散らかしや泥酔など、だらしがない印象を与える行動も、NGと考えられていることがわかりました。

■上司がすしをごちそうしてくれるなら、期待する金額は? ビジネスパーソンの平均は4,537円/人
■自分が部下にすしをごちそうするなら? 支払える金額の平均は3,350円/人

ビジネスパーソン(573名)に、上司がすしをごちそうしてくれるとしたら、いくらくらいの金額を期待するか聞いたところ、「5,000円~10,000円未満」(26.2%)や「3,000円~4,000円未満」(24.3%)に回答が集まり、平均額は4,537円となりました。
平均額を年代別にみると、20代(4,668円)が最も高くなりました。

また、自分が部下にすしをごちそうするとしたらいくらくらいの金額を支払えるか聞いたところ、「2,000円未満」(26.4%)や「2,000円~3,000円未満」(23.4%)、「3,000円~4,000円未満」(23.7%)に回答が集まり、平均額は3,350円となりました。上司がごちそうしてくれる場合に期待する金額の平均と比べて1,187円低くなっており、部下の期待と上司の懐事情との間にはギャップがあることがわかりました。
平均額を年代別にみると、50代(3,722円)が最も高くなりました。50代には、部下に気前よくごちそうしたいと考えている人が多いようです。

■上司がすしをごちそうしてくれるときに頼むのを躊躇してしまうすし 「まぐろ・大とろ」がダントツ
部下にすしをごちそうするときに頼まれると思わずビクッとしてしまうすしは?

続いて、上司が部下にすしをごちそうするシーンでのすしネタ選びについて質問しました。
ビジネスパーソン(573名)に、上司がすしをごちそうしてくれるときに、頼むのを躊躇してしまうすしを聞いたところ、1位「まぐろ・大とろ」(46.4%)、2位「あわび」(26.9%)、3位「うに」(24.1%)、4位「まぐろ・中とろ」(19.2%)、5位「いくら」(13.6%)となりました。上司に気兼ねしてか、大とろやあわび、うになどの高級ネタを頼むのを躊躇してしまう人が多いようです。

また、部下にごちそうするときに、頼まれると思わずビクッとしてしまうすしを聞いたところ、1位「まぐろ・大とろ」(44.7%)、2位「あわび」(25.0%)、3位「うに」(24.3%)、4位「まぐろ・中とろ」(14.7%)、5位「いくら」(13.3%)となりました。上司がすしをごちそうしてくれるときに、頼むのを躊躇してしまうすしを聞いた結果と同様に、高級ネタが上位に挙がりました。これらのすしを部下に注文されたら、懐具合が気になってビクッとしてしまう人が多いのではないでしょうか。

■すしデート経験者は42%、30代女性では半数以上が経験あり
■すしデート経験のある男性の43%が「すしデートをすると、相手をもっと好きになると思う」と回答

全回答者(1,000名)に、すしデート(デートの食事ですしを食べに行くこと)の経験があるか聞いたところ、「ある」は41.5%となりました。
「ある」の割合を性年代別にみると、男女とも30代が最も高く(30代男性44.0%、30代女性52.0%)、特に30代女性では半数以上がすしデート経験者であることがわかりました。

次に、すしデートをすると相手をもっと好きになると思うか聞いたところ、「そう思う」は20.2%となりました。
すしデート経験者の回答をみると、「そう思う」は32.8%となりました。
また、すしデート経験者の男性では「そう思う」が42.8%と、全体(20.2%)より22.6ポイント高くなりました。デートですしを食べた男性の多くが、“すしデートで相手をもっと好きになる”と実感しているようです。

■すしデートで好感度がアップする行動は? 女性の52%が「食べ方にとやかく言わない」男性に好感度アップ
■すしデートでの1人あたり予算 男性は平均4,769円、女性は平均3,670円

全回答者(1,000名)に、すしデートをするとき、相手がどのような行動をしていたら、相手への好感度がアップすると思うか聞いたところ、「おいしそうに食べる」(55.5%)が最も高く、次いで、「残さずに食べる」(45.0%)、「いただきます・ごちそうさまを言う」(41.6%)、「食べ方にとやかく言わない(ネタを選ぶ順番など)」(37.5%)、「スマートに美しく食べる(醤油のつけ方など)」(29.8%)となりました。
男女別にみると、「食べ方にとやかく言わない(ネタを選ぶ順番など)」(男性23.2%、女性51.8%)や「あらかじめ嫌いなものを聞いてくれる」(男性11.2%、女性33.8%)、「注文をリードしてくれる」(男性7.6%、女性31.4%)は、男性と比べて女性のほうが20ポイント以上高くなりました。すし店で心地よく食事を楽しめるよう気遣ってくれる男性に対して、好感度が高くなるという女性が多いようです。

また、全回答者(1,000名)に、すしデートの予算として1人あたりいくらくらいを想定するか聞いたところ、「5,000円~10,000円未満」(23.8%)や「2,000円未満」(22.0%)に回答が集まり、平均額は4,219円になりました。
平均額を男女別にみると、男性4,769円、女性3,670円となり、男性のほうが1,099円高くなりました。

■好きなすしネタランキング 江戸前寿司ではまぐろの「赤身」「中とろ」が同率1位 女性1位は「サーモン」
北陸・甲信越では「サーモン」「いか」「あなご」「甘えび」、九州・沖縄では「えび」も人気

全回答者(1,000名)に、江戸前寿司で好きなすしを聞いたところ、1位は同率で「まぐろ・赤身」「まぐろ・中とろ」(いずれも45.8%)、3位「サーモン」(44.3%)、4位「ねぎとろ」(33.8%)、5位「いくら」(33.1%)となりました。まぐろは赤身派と中とろ派が拮抗する結果になりました。2018年の調査結果(※)と比較すると、昨年6位だった「ねぎとろ」が4位に、昨年7位だった「いくら」が5位に上昇しました。
男女別にみると、「まぐろ・赤身」(男性51.0%、女性40.6%)や「まぐろ・大とろ」(男性32.8%、女性20.0%)は男性のほうが10ポイント以上高くなりました。まぐろ好きは男性に多いようです。また、女性では「サーモン」(46.4%)が最も高くなりました。
居住地別にみると、北陸・甲信越では「サーモン」(54.5%)や「いか」(43.6%)、「あなご」(38.2%)、「甘えび」(43.6%)など、九州・沖縄では「えび」(41.0%)が他の地域と比べて高くなりました。すしネタの嗜好には地域性があるようです。

※11月1日は「すしの日」 すしに関する調査2018 https://www.kyotaru.co.jp/release/1112018.html

■好きな上方鮨は「いなり寿司」が不動のトップ
■外国人観光客にオススメしたいすし 「まぐろ・中とろ」が1位 「あなご」が5位に

次に、全回答者(1,000名)に、上方鮨で好きなすしを聞いたところ、1位は「いなり寿司」(26.8%)、2位「ちらし寿司」(20.3%)、3位「さばの押し寿司」(18.9%)、4位「あなごの押し寿司」(14.1%)、5位「バッテラ」(13.9%)となりました。
居住地別にみると、北海道・東北では「ちらし寿司」(26.9%)、東海では「さばの押し寿司」(25.8%)が他の地域と比べて高くなりました。
過去の調査結果をみると、「いなり寿司」は2015年(※1)は43.9%、2016年(※2)は42.1%、2017年(※3)は33.6%、2018年(※4)は32.0%でいずれも1位となっており、今年で5年連続の1位という結果でした。

※1 11月1日「すしの日」記念リサーチ すしに関する調査 https://www.kyotaru.co.jp/release/201510sushinohi.html
※2 11月1日は「すしの日」 すしに関する調査2016 https://www.kyotaru.co.jp/release/1112016.html
※3 11月1日は「すしの日」 すしに関する調査2017 https://www.kyotaru.co.jp/release/1112017.html
※4 11月1日は「すしの日」 すしに関する調査2018 https://www.kyotaru.co.jp/release/1112018.html

2020年には東京オリンピックの開催が予定されており、多くの外国人観光客が日本を訪れると予想されます。
全回答者(1,000名)に、外国人観光客にオススメしたいすしを聞いたところ、1位は「まぐろ・中とろ」(30.2%)、2位「まぐろ・赤身」(29.8%)、3位「サーモン」(23.1%)、4位「まぐろ・大とろ」(19.9%)、5位「あなご」(17.5%)となりました。

■“カジュアルな”すしデートをしたい有名人 女性回答1位は「田中圭さん」、男性回答1位は「新垣結衣さん」
■“大人な”すしデートをしたい男性有名人 1位「舘ひろしさん」「西島秀俊さん」

全回答者(1,000名)に、すしに関する様々なテーマについて、それぞれのイメージに合う有名人やアニメキャラクターを聞きました。
まず、回転寿司店でのカジュアルなすしデートをしたい有名人を聞いたところ、男性回答では、1位「新垣結衣さん」、2位「綾瀬はるかさん」、3位「有村架純さん」、4位「広瀬すずさん」、5位「橋本環奈さん」となりました。女性回答では、1位「田中圭さん」、2位「菅田将暉さん」、3位「中村倫也さん」「平野紫耀さん」、5位「松坂桃李さん」となりました。いずれも、今年ドラマや映画で活躍した有名人が上位となりました。
2018年の調査結果(※)と比較すると、男性回答では「新垣結衣さん」が昨年に引き続き1位となりました。女性回答では、昨年5位圏外だった「田中圭さん」が今年はトップとなりました。

※11月1日は「すしの日」 すしに関する調査2018 https://www.kyotaru.co.jp/release/1112018.html

次に、回らない寿司店(個人経営店など)での大人なすしデートをしたいと思う有名人を聞いたところ、男性回答では、1位「石原さとみさん」、2位「新垣結衣さん」、3位「綾瀬はるかさん」「深田恭子さん」、5位「北川景子さん」「有村架純さん」となりました。女性回答では、1位「舘ひろしさん」「西島秀俊さん」、3位「小栗旬さん」、4位「田中圭さん」、5位「ディーン・フジオカさん」となりました。大人の余裕が感じられる男性有名人が上位となりました。
2018年の調査結果(※)と比較すると、男性回答では、昨年2位だった「石原さとみさん」が今年は1位となりました。女性回答では、昨年2位だった「舘ひろしさん」と、5位だった「西島秀俊さん」が同数で1位となりました。

※11月1日は「すしの日」 すしに関する調査2018 https://www.kyotaru.co.jp/release/1112018.html

■すしをごちそうしてあげたいスポーツ選手 男性回答3位「渋野日向子さん」、女性回答3位「大坂なおみさん」
■回転寿司に行くと100皿以上食べそうなアニメキャラクター TOP3「モンキー・D・ルフィ」「剛田武」「孫悟空」

続いて、すしをごちそうしてあげたいスポーツ選手を聞いたところ、男性回答では、1位「イチローさん」、2位「大谷翔平さん」、3位「渋野日向子さん」、4位「大坂なおみさん」、5位「久保建英さん」「錦織圭さん」「池江璃花子さん」となりました。長きにわたりメジャーリーグの大舞台で活躍してきたイチローさんに、すしをごちそうしたいと考える男性が多いようです。全英女子オープンで優勝を果たし、シブコスマイルで日本中を魅了した渋野日向子さんは3位となりました。女性回答では、1位「大谷翔平さん」、2位「羽生結弦さん」、3位「大坂なおみさん」、4位「浅田真央さん」、5位「イチローさん」「池江璃花子さん」となり、日本を代表する世界的アスリートが上位に挙がりました。

最後に、回転寿司に行くと100皿以上食べそうなアニメキャラクターを聞いたところ、1位「モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)」、2位「剛田武(ドラえもん)」、3位「孫悟空(ドラゴンボール)」、4位「ドラえもん(ドラえもん)」、5位「両津勘吉(こちら葛飾区亀有公園前派出所)」となりました。1日5食食べるほどの大食漢で知られるルフィなら、回転寿司で100皿をぺろりと平らげてしまいそうだと思う人が多いようです。



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング