音声でマッサージの開始から終了までの動作を操作できる「サイバーリラックス マッサージチェア AS-880」2019年12月10日発売!

@Press / 2019年11月28日 11時30分

健康機器メーカーの株式会社フジ医療器(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:大槻 利幸)は、新開発の音声操作機能により、マッサージの開始から終了までの動作を音声で対応する「サイバーリラックス マッサージチェア AS-880」(以下、AS-880)を2019年12月10日(火)に発売いたします。メーカー希望小売価格はオープン価格、全国の家電量販店を通じて販売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/199655/LL_img_199655_1.jpg
サイバーリラックス マッサージチェア AS-880

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/199655/LL_img_199655_2.jpg
「ボイスOS」の音声操作パネルと音声入力マイク

従来のマッサージチェアはリモコン操作で動作しますが、リラックスしているマッサージ中にリモコン操作をするのは億劫だという声が多くありました。AS-880は新機能「ボイスOS」(音声操作機能)を採用したことで、リモコンを使わずに、マッサージの開始から自動コースの選択、強さの設定、マッサージの終了までを音声で対応できるようになりました。音声操作ができるコマンドは23種類を用意しており、細かいマッサージ設定はリモコンから操作していただけます。
また、AS-880は、時間を有効に使って日々の体のケアができるように、全身をパワフルに同時マッサージする“高効率マッサージ”を実現しています。首筋から腰まで繊細にマッサージする新開発の「つかみほぐしメカ カスタム」、お尻からもも裏をほぐす「座面ほぐしメカ」、2段階の強弱調節が可能になった脚専用の「脚つかみほぐしメカ カスタム」の3つのもみメカを搭載し、これらのメカが同時に動くことで複数の部位を効率的にマッサージができます。疲れやすい肩や腰などは集中的にケアできるよう、「部位集中技」を12種類搭載しています。さらに、メカではマッサージができない肩、腕、腰横は計6個のエアーバッグが包み込むように圧迫し、冷えを感じやすい背中と足裏はヒーターが心地よく温めます。


<製品特長>
(1)音声操作を実現した「ボイスOS」
新機能の「ボイスOS」(音声操作機能)は、リモコンを使わずにマッサージ開始から終了まで音声で操作ができます。右腕部分にある音声入力ボタンを押し、音声で指示をすると頭部左側にあるマイクが認識し、マッサージチェアが指示に合わせて動作します。自動コースや強さ設定、マッサージの終了などリラックスした状態のまま、声だけでコントロールができます。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/199655/LL_img_199655_3.jpg
マッサージ開始から終了まで音声で操作できる「ボイスOS」

■ボイスOS:全23種類の音声コマンドを搭載
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/199655/LL_img_199655_4.jpg
音声コマンド表

(2)全身同時マッサージで効率良くマッサージする3つのメカを搭載
新開発の「つかみほぐしメカ カスタム」は4つのもみ玉で首から腰まできめ細かいマッサージを行います。部位別に強弱調節が可能で、肩は7段階、背は3段階、腰は7段階でお好みに合わせてお選びいただけます。「座面ほぐしメカ」は、8つのもみ玉が波を打つようにお尻から太もも裏を広範囲にほぐします。さらに新開発の「脚つかみほぐしメカ カスタム」は、溜まりがちな脚の疲れをしっかりマッサージするために、ふくらはぎと足先は独自開発の「もみ板」を用いたメカでつかみほぐし、2段階の強弱調節が可能になりました。足裏は回転ローラーとバイブレーションで刺激します。
これらの3つのメカによるマッサージを同時に行うことができるため、効率の良い全身マッサージを実現します。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/199655/LL_img_199655_5.jpg
全身同時マッサージ

(3)8つの自動コースと12種類の部位専門技
自動コースは7分間で全身をマッサージする「クイックコース」を含む合計8種類搭載し、肩や腰など気になる部位を集中的にケアする「部位専門技」は12種類搭載しています。その日の疲れや好み、目的に合わせて多彩なマッサージプログラムから選べます。

(4)全身を包み込むようにほぐす「エアーマッサージ」
肩、腕、腰横部分には6個のエアーバッグを搭載し、手のひらで圧迫するような“面”でのマッサージを行います。エアーマッサージともみ玉を組み合わせた「全身ストレッチ機能」は、全身の筋肉をくまなく引き伸ばしてほぐします。エアーマッサージは3段階の強弱調節が可能です。

(5)上半身と足裏を心地よく温める「ヒーター」搭載
独自機能の「温浴背ヒーター」は、背もたれの内部にセットされたヒーターが温風を送り出し、腰まわりから背中全体にかけてじんわりと温め、より効果的なマッサージをサポートします。
また、足先部分には「足裏ヒーター」を採用し、冷えやすい末端部分もじっくりと温めます。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/199655/LL_img_199655_6.jpg
温浴背ヒーターと足裏ヒーター


<仕様>
販売名 :マッサージチェア M56
品番 :AS-880
愛称 :サイバーリラックス
本体色 :チャコールブラック(K)、アンバー(A)、
ベージュ×グレイッシュブラウン(CG)
本体寸法 :【リクライニングしていないとき
(脚部収納、肩部を閉じたとき)】
幅 約69×奥行 約133×高さ 約109cm
【リクライニングしたとき
(脚部最大使用、肩部を開いたとき)】
幅 約83×奥行 約203×高さ 約80cm
本体質量 :約70kg
定格電源(50/60Hz) :AC100V
定格時間 :20分
定格消費電力 :190W(ヒーターのみ40W)
リクライニング角度 :約135度~約172度
張地 :PVCレザー
医療機器認証番号 :301AKBZX00053000(家庭用電気マッサージ器・管理医療機器)
メーカー希望小売価格:オープン価格
使用目的または効果 :あんま・マッサージの代用。一般家庭で使用すること。
疲労回復/血行をよくする/筋肉の疲れをとる/
筋肉のこりをほぐす/神経痛・筋肉痛の痛みの緩解


●「サイバーリラックス」、「CYBER-RELAX」、「温浴背ヒーター」は株式会社フジ医療器の登録商標です。


<フジ医療器 会社概要>
株式会社フジ医療器は、1954年創業の「美と健康」にまつわる商品を提供する健康機器メーカーです。
世界で初めてマッサージチェアを量産化した実績を持ち、現存する第一号機は、マッサージチェアのルーツとして象徴的な存在であると評価され、2014年に「機械遺産」の第68号に認定されました。創業以来、マッサージチェアのパイオニアとして、エアーバッグのみを使った世界初のマッサージチェアの開発や、業界初の体形検知システムなどを搭載したマッサージチェアを製造し、高機能・高品質を誇る革新的な商品は、日本国内外において多くのお客様に選ばれ続けています。

社名 : 株式会社フジ医療器
創業 : 1954年
設立 : 1965年4月
代表取締役社長: 大槻 利幸
本社所在地 : 大阪市中央区農人橋1丁目1番22号 大江ビル14階
事業内容 : 健康・美容機器の製造、販売、輸出入
資本金 : 3,000万円
※アサヒホールディングス株式会社(東証一部上場)連結会社
従業員数 : 783名(2019年3月現在)
URL : https://www.fujiiryoki.co.jp/


■お客様お問い合わせ先
フジ医療器お客様相談窓口
【フリーダイヤル】0120-027-612


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング