Sprocket、Jストリームの動画配信プラットフォームと連携

@Press / 2019年12月26日 10時0分


株式会社Sprocket(本社:東京都目黒区、代表取締役:深田 浩嗣、以下 当社)は、おもてなしデザインプラットフォーム『Sprocket』(スプロケット、以下 Sprocket)と株式会社Jストリーム(代表取締役社長:石松 俊雄、以下 Jストリーム)が提供する動画配信プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」および「J-Stream MediaLize」とのシステム連携を開始したことを発表します。


画像 : https://newscast.jp/attachments/pyZrbHoDP8v7cZfqU8JW.png


Jストリームが提供する「J-Stream Equipmedia」は、国内最大級の企業向け動画配信プラットフォームです。使いやすい管理画面上で操作・設定が完結するなど、企業活動におけるさまざまな動画配信に必要となる機能をオールインワンで提供します。
同じくJストリームが提供する「J-Stream MediaLize」は、メディアやエンタープライズ利用に求められる高度な拡張性・カスタマイズ性、および動画広告などのマネタイズ機能を有する、高機能な動画配信プラットフォームです。
今回「Sprocket」は、「J-Stream Equipmedia」ならびに「J-Stream MediaLize」と連携することにより、ユーザーごとの動画視聴履歴を行動データとして活用し、「誰が」「どの動画を」「いつ」「どこまで」「何回」視聴したかに応じた接客シナリオの展開と分析が可能となりました。具体的には、再生開始から視聴完了までの視聴時間に応じたシナリオによるWeb上でのポップアップ出し分け、動画視聴とCVR(コンバージョン率)の関連性分析、動画視聴状況によるユーザースコアリング、会員ID連携によるユーザー行動分析(朝は外出先、夜は家でサイトを見ている人の割合など)をはじめとした活用が想定されます。
尚、システム連携にはカスタマイズが必要です。詳しくは当社Webサイトのお問い合わせフォーム(https://www.sprocket.bz/contact/contact_us/)よりお問い合わせください。
 




■ おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」について


おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」は、ユーザーのオンライン行動データ(ページ閲覧、スクロール、クリックなど)を活用し、カスタマージャーニーに合わせて最適なタイミングでWebサイト上に接客ポップアップを表示することで、理想的な顧客体験を実現します。ユーザーの態度変容を促し、購入や申し込み、資料請求などのコンバージョン率の向上や、離脱率の低下といったKPIの改善をはかることが可能です。高速でPDCAを回すため、ヒートマップなどの様々な分析機能のほか、一定期間の行動データを学習データとするAI(人工知能)「AutoScoring」や自動セグメンテーション最適化機能「AutoSegment」、カートAIなど、最先端の機能を搭載しています。シナリオはコンサルタントが作成し、配信するユーザセグメントはAIが分類するため、担当者は重要な意思決定に集中することができます。ECサイトだけでなく、銀行、証券、保険などの金融機関をはじめ、多くの企業のWebサイトで採用されています。
詳しくは、https://www.sprocket.bz/ をご参照ください。
 


■ 動画配信プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」について


J-Stream Equipmediaは、月額5万円からご利用いただける、累計1,500アカウントの導入実績をもつ国内最大級の企業向け動画配信プラットフォームです。
使いやすい管理画面上で操作・設定が完結するなど、企業活動におけるさまざまな動画配信に必要となる機能をオールインワンで提供します。
また国内主要15社のLMS(eラーニング管理システム)、CRMやマーケティングオートメーション、動画CMSサービスなど外部のサービスと幅広く連携しており、既存のシステム環境や業務へのスムーズな適用が可能です。
加えて、日本企業らしく丁寧なユーザーサポートとあわせて、専門的な知識や経験がない従業員でも快適にご利用いただける点が高く評価されています。
https://www.stream.co.jp/service/platform/equipmedia/
 


■ プレミアム動画配信プラットフォーム「J-Stream MediaLize」について


J-Stream MediaLizeは、メディア企業やエンタープライズのご利用を意図したプレミアム動画配信プラットフォームで、高度な拡張性・カスタマイズ性、動画広告などのマネタイズ機能を提供します。本サービスは、世界各国で利用されている米Piksel社の製品を日本市場向けに最適化し、Jストリームの高品質な配信サービスやサポートと組み合わせてご提供しています。
https://www.stream.co.jp/service/platform/medialize/
 


■ 株式会社Sprocket 概要


マーケティング領域において、Web接客手法を使ったコンバージョン最適化を実現するプラットフォームを提供することで、デジタル時代ならではの企業とエンドユーザーの結びつき(エンゲージメント)を創造していく会社です。豊富なコンサルティング経験を持ち、企業ブランドサイト、コミュニティサイト、ECサイトなどで入会率や購入率などのCVR(コンバージョン率)を120%以上向上させた実績が多数あります。
名 称 : 株式会社Sprocket(英文社名 Sprocket Inc.)
設 立 : 2014年4月
所在地 : 〒153-0043 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル 2F
事業内容 : おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用
代表者 : 深田 浩嗣(ふかだ こうじ)
 


■ 株式会社Jストリームについて


Jストリームは1997年の設立以来、動画配信を主軸に事業展開を続けております。
自社で保有・運営する独自のコンテンツ配信ネットワーク(CDN)を活用した動画配信に加え、これまで積み上げてきたノウハウを活かした動画の企画・制作・運用やWebサイト制作、システム開発、動画広告による収益化支援まで総合的なサービスとソリューションを提供することで、あらゆる企業活動における動画の活用を支援しています。
社名(商号) 株式会社Jストリーム(英文:J-Stream Inc.)
証券コード  4308(東証マザーズ上場)
設立     1997年5月
資本金    21億8,237万円(2019年9月末現在)
代表者    代表取締役社長 石松 俊雄(いしまつ としお)
事業内容
 ① ネットワークシステムにおける、動画データ及び各種情報の提供サービス業
 ② ネットワークシステムを利用した会員情報管理、商取引、決済処理に関する受託業
 ③ デジタルコンテンツ、出版物の企画・制作・販売及び賃貸業
 ④ ネットワークシステムに関するハードウェア・ソフトウェア・付帯サービスの企画、開発、運営、制作、販売、輸出入・賃貸及び代理店業
 ⑤ 広告・宣伝に関する企画・制作及び代理店業
 ⑥ 1から5に関連するコンサルテーション、調査、分析、研究等
URL    https://www.stream.co.jp/
本社     〒105-0014
       東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル6階
       (TEL)03-5765-7000(FAX)03-5765-3520
西日本営業所 〒530-0003
       大阪府大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル5階
       (TEL)06-4796-6160(FAX)06-4796-6166
 




本リリースに関するお問い合わせ
株式会社Sprocket マーケティング&コミュニケーション
Tel:03-6303-4123 Email: info@sprocket.bz
 




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング