“シーキューブ”の新しい東京土産『東京百年物語』シリーズ第四弾 『東京百年物語 明治屋ジャムクッキー いちご』を2020年3月15日(日)より新発売

@Press / 2020年3月12日 14時0分

株式会社シュゼット・ホールディングス(本社:兵庫県西宮市、代表取締役:蟻田 剛毅)が展開する洋菓子ブランド「シーキューブ」は、東京の地で100年以上続く企業様の歴史ある名物や素材を使った東京土産『東京百年物語』シリーズを2017年より販売しており、この度、第四弾として『東京百年物語 明治屋ジャムクッキー いちご』を、2020年3月15日(日)より東京駅構内 銘品館などで販売を開始します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/207512/LL_img_207512_1.jpg
明治屋ジャムクッキー いちご


「東京百年物語」公式サイト: https://ccc-c3.jp/100years/


■第四弾は「株式会社 明治屋」とタイアップ
株式会社 明治屋は1885年に創業し、130年以上の歴史を有する食品やお酒を扱っている老舗企業です。中でも新鮮ないちごをふんだんに使用した「いちごジャム」は、プロのパティシエをも唸らせる程の自慢の一品です。年齢や性別を問わず多くの方々から長年愛され続けている「いちごジャム」をお菓子にも、というシーキューブの想いから開発に至り、いちごの甘酸っぱさが広がるクッキーを作りました。
シーキューブでは、「お菓子で人と人との幸せなつながりを」をコンセプトに、お菓子を通じて世の中に幸せを届けています。愛されるお土産菓子創りには、たくさんの人々に長年愛され続けた名品の存在が欠かせません。さまざまな楽しい思い出と一緒に『東京百年物語』を召し上がって、その時間をより豊かで夢あふれるものにしていただければと願い皆様にお届けします。


■こだわりの素材で実現した、しっとり やさしい いちご味
『東京百年物語 明治屋ジャムクッキー いちご』は、明治屋のジャムをそのまま味わっていただける商品です。ソフトクッキーに適した、食べたときに、ほろほろとした口当たりが特徴の小麦粉を使用しています。ジャムの食感を損なわないように、クッキー生地でたっぷりとジャムを包み、丁寧に温度を調節して焼き上げました。いちごの甘酸っぱさを絶妙なバランスで実現した逸品です。


■東京で長年愛される味わいを使って、地元に愛されるお土産菓子を
『東京百年物語』は、東京に本社を置き100年以上続く企業様や、その企業様の長年愛されている商品とタイアップし、東京発のお土産菓子を展開していく、シーキューブの新しい商品ブランドラインです。100年以上続く企業様の歴史ある名物や素材を、新しい東京土産に昇華させ、提案することで、日本全国のみならず世界に向けて、東京の魅力や活気と笑顔を提供します。
2017年に発表した第一弾は『森永ミルクキャラメル』とコラボレーションした『焼きキャラメル』を発売。その後第二弾、第三弾として『キリンレモン』『明治のプロ用チョコレート』とそれぞれコラボレーションした『キリンレモン サンドクッキー』、『チョコレートマドレーヌ』を発売しました。どの商品も素材の風味を生かした焼き菓子として大人気となり、JR東京駅や品川駅、羽田空港などで今もなお東京土産として好評を得ています。シーキューブは今後も、地元の素材を使ったそこでしか味わえないおいしさを届けることで、人々に活気と笑顔をご提供します。


■商品概要
【商品名】 東京百年物語 明治屋ジャムクッキー いちご
【販売日】 2020年3月15日(日)
【販売店舗】3月15日(日)~4月19日(日) 東京駅構内 銘品館南
3月30日(月)~4月12日(日) 品川駅構内 エキュート品川 サニーコート
4月6日(月)~4月19日(日) 上野駅構内 エキュート上野
4月20日(月)~5月10日(日) 東京駅構内 グランスタシーズンセレクト
※上記は3月12日(木)現在の一部抜粋になります。
販売場所等は変更となる場合もあります。
このほか、全店舗一覧・最新の情報は公式サイトでご確認ください。
「東京百年物語」公式サイト: https://ccc-c3.jp/100years/
【特定原材料等(28品目)】小麦・卵・乳成分/お酒不使用/蜂蜜不使用
【価格】 5個入り 本体価格 ¥500 税込価格 ¥540
10個入り 本体価格 ¥1,000 税込価格 ¥1,080
15個入り 本体価格 ¥1,500 税込価格 ¥1,620
【お問合せ】お客様相談室 TEL:0120-917-225(9時~17時)


パッケージは、長年愛されてきた味わいをお土産菓子に、というコンセプトが伝わるよう、歴史観あるイメージに仕上げました。100年前の西洋文化の影響を受けたレトロ・モダンな装飾で、大正ロマンと懐かしさを印象付けています。駅や空港でお買い求めになるお客様が、ひと目でどのような味わいか分かるように、商品のイメージ画像も配しました。第四弾の『東京百年物語 明治屋ジャムクッキー いちご』には、左角に『株式会社 明治屋』のロゴを使用したタグがついています。


<株式会社シュゼット・ホールディングスおよび「シーキューブ」について>
1969年、兵庫県芦屋市で創業。百貨店をはじめ幅広い販売チャネルを持つ「アンリ・シャルパンティエ」(全国93店舗)と、カジュアルなラインアップで駅ナカ・駅チカをリードする「シーキューブ」(44店舗)、「カサネオ」「イリエ」の4つの洋菓子ブランドを展開。製造販売のほか、カフェ事業など、さまざまな事業を推進中。世界準優勝を果たしたパティシエを有し、創業より生ケーキはすべて手作りにこだわるなど、“世界最高峰の技術でお菓子文化を生み出す会社”として、100年先を見据えたお菓子作りを通じ、さまざまなシーンに忘れられない感動をお届けしています。「シーキューブ」のブランド名は代表商品「ティラミス」の素材であるコーヒー・チーズ・カカオの3つの“C”に由来。
北海道の良質な乳製品や、世界中から選び抜いた食材など、こだわりのある素材・技術・創造力を駆使したお菓子を提供しています。

コーポレートサイト : http://www.suzette.co.jp/
シーキューブ ブランドサイト: https://ccc-c3.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング