さくらんぼ観光農園 お助け隊!道の駅なんぶのスタッフが収穫した「大盛りさくらんぼ」の販売で支援!6月13日(土)に販売!

@Press / 2020年6月12日 12時0分

収穫の様子
株式会社村の駅(所在地:静岡県三島市、代表取締役:瀬上 恭寛、以下 当社)が運営する「道の駅なんぶ」の農産物直売所で、さくらんぼ観光農園を少しでも支援させていたたくため、「道の駅なんぶ」のスタッフがさくらんぼ観光農園で収穫を行い、収穫したさくらんぼをたっぷり詰め込んだ「大盛りさくらんぼ」を販売します。


■「さくらんぼ観光農園 お助け隊!」について
株式会社村の駅が運営する「道の駅なんぶ」の農産物直売所では、現在約170名の生産者さんと契約しており、野菜や果物を販売しています。さらに特産品「南部茶」をテーマにしたオリジナル商品や南部茶、地酒、名産品を扱っています。毎年、夏にはトマト、きゅうり、とうもろこし、さくらんぼが店頭に並び、山梨県の方々や静岡県、愛知県などからお買い求めいただいています。
山梨県はフルーツ王国として知られ、様々な果物が育てられています。その中でもさくらんぼは有名で、水はけの良い土地で寒暖差のある気候で育った山梨県のさくらんぼは甘みの強さが特徴です。
山梨県内には毎年、さくらんぼ狩りに多くのお客様が訪れています。しかし、本年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、観光客が激減し、例年多くのお客様で賑わっていた観光農園にほとんどお客様がいらっしゃらない状況です。
そこで、「道の駅なんぶ」のスタッフがさくらんぼ観光農園で収穫を行い、収穫したさくらんぼをたっぷり詰め込んだ「大盛りさくらんぼ」を販売することで、さくらんぼ観光農園を少しでも支援させていただきます。
名付けて「さくらんぼ観光農園 お助け隊!」です。

URL: http://michinoeki-nanbu.com/
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/215470/LL_img_215470_1.jpg
収穫の様子

■さくらんぼ観光農園お助け隊!の活動について
「道の駅なんぶ」のスタッフは、日々生産者さんが心を込めて育てて、収穫していただく野菜や果物を販売している中で、もっと生産者さんのために活動できることがないか考えていました。
そのような状況の中で、新型コロナウイルスの影響により観光農園への集客が大きく減っております。フルーツ王国である山梨県を代表する果物の1つのさくらんぼが収穫時期を迎えたものの、収穫されることなく実をぶら下げたまま待っている状態となっており、当社としてできることがないかを考えて「さくらんぼ観光農園お助け隊!」を立ち上げました。
「さくらんぼ観光農園お助け隊!」は、「道の駅なんぶ」のスタッフが、さくらんぼ観光農園で、さくらんぼの収穫を自分たちの手で行い、収穫したさくらんぼをお客様にお届けする活動をすることにしました。
今回、収穫をさせていただく中込農園さん(南アルプス市)は、さくらんぼやぶどう、すもも、りんご、なしの収穫体験を行っております。農園の面積は東京ドームを超える6ヘクタールを及び、山梨県内でも有数の耕作面積を誇る観光農園です。毎年、県内外やインバウンドのお客様にフルーツ狩りを楽しんでいただき、山梨県の果物の魅力をお届けしています。
中込農園さんの協力の元、6月11日(木)に「道の駅なんぶ」のスタッフがさくらんぼ観光農園で、たくさんのさくらんぼを収穫し、そのさくらんぼをたっぷり詰め込んだパックを「道の駅なんぶ」や「伊豆・村の駅」などにて販売いたします。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/215470/LL_img_215470_2.jpg
さくらんぼ狩りをするお子様の様子
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/215470/LL_img_215470_3.jpg
農園看板
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/215470/LL_img_215470_4.jpg
さくらんぼ生産者・中込さん
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/215470/LL_img_215470_5.jpg
南アルプス市のたわわに実ったさくらんぼ


■「大盛りさくらんぼ」内容
1パック(300g)1,500円(税別)にて販売いたします。

※さくらんぼパックは数量に限りがございます。
※品種は佐藤錦または紅秀峰を予定しております。
※店舗によって販売方法・価格が変わる場合がございます。


■販売場所
道の駅なんぶ : 山梨県南巨摩郡南部町
伊豆・村の駅 : 静岡県三島市
沼津・村の駅(新東名高速駿河湾沼津SA上り): 静岡県沼津市
伊豆・村の駅(新東名高速駿河湾沼津SA下り): 静岡県沼津市
道の駅伊豆月ケ瀬 : 静岡県伊豆市


■販売日時
6月13日(土) 9時~15時
※売り切れ次第終了となります。


■「道の駅なんぶ」について
山梨県の最南端に位置する南部町は、周囲に緑豊かな山々が連なり、町の中央を「富士川」が流れ、平地から山間部に沿って集落が点在し、中山間地特有の景観を形成しています。
「道の駅なんぶ」は、山梨県内21番目の「道の駅」です。国土交通省からの道路情報提供施設、24時間使用可能な公衆トイレ施設及び大型車専用駐車場などを整備しており、中部横断自動車道と国道52号双方の利用者がパーキングエリア及び災害時の一時避難所として利用できる国と町の一体型の道の駅です。
また、農産物直売所「なんぶ・村の駅」にて、特産品「南部茶」をテーマに、南部茶のオリジナル商品や、南部茶や山梨の名産品を販売しています。
お食事処でも南部茶の創作グルメやご当地グルメを展開するなど、ここでしか味わえないお食事を提供し、南部町の魅力を知るきっかけとなる、体験型「食のテーマパーク」をめざしてまいります。
また、「南部氏展示室」など、町内外の交流の拠点となることをめざしてまいります。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/215470/LL_img_215470_6.jpg
道の駅なんぶ外観
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/215470/LL_img_215470_7.jpg
陳列棚
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/215470/LL_img_215470_8.jpg
なんぶの茶畑
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/215470/LL_img_215470_9.jpg
南部茶そば



■村の駅事業について
株式会社村の駅は、地域活性化を担う食のテーマパーク「村の駅」の設立、運営を行っており、製造、加工、販売までをトータルプロデュースする独自の6次産業化ビジネスモデルを展開しています。「伊豆・村の駅」は、「伊豆の美味しさをあなたに伝えたい」をコンセプトとして、食の美味しさを追求することを考え、生産者の顔が見える取り組みを行っています。その中で、体験教室やイベントなどを通じお客様と共に学んでいき、さらにそこから人の温かさや、人のやさしさ、家族の愛情を伝えていきたいと考えています。
「村の駅」事業は、沼津・村の駅、伊豆・村の駅 伊豆へそ店、上州・村の駅、房総・村の駅、上州・村の駅など多店舗にて展開しています。


■店舗概要
施設名 : 道の駅なんぶ
所在地 : 〒409-2211 山梨県南巨摩郡南部町中野3034-1
URL : http://michinoeki-nanbu.com/
営業時間 : 9:00~17:00
定休日 : 無休
電話番号 : 0556-64-8552
ファックス: 0556-64-8553
※営業日時については変更となる場合もございます。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

さくらんぼ狩りをするお子様の様子 農園看板 さくらんぼ生産者・中込さん

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング