緑とそよ風が気持ちいい夏のグリナリウム! 開放感がたまらない広々としたBBQゾーンも期間限定で登場!

@Press / 2020年6月26日 10時30分

夏のグリナリウム
株式会社淡路の島菜園(本社:兵庫県淡路市/代表取締役社長:大森 一輝)は、「GREENARIUM awajishima(グリナリウム 淡路島)」にBBQエリアを2020年7月18日(土)にオープンいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/216774/LL_img_216774_1.jpeg
夏のグリナリウム

■ブランコ、木登り、シャボン玉…夏の気持ちよさがてんこ盛り。
子どもも大人もはしゃげちゃう!自由度の高いフリーゾーン。ブランコや木登り、シャボン玉まで、夏の気持ちよさがてんこ盛りです。
https://www.atpress.ne.jp/releases/216774/img_216774_2.jpeg
https://www.atpress.ne.jp/releases/216774/img_216774_3.jpeg


■山の中で味わう、究極の開放的体験!夏のグリナリウムBBQ!
甲子園2つ分の一面に緑が広がる、グリナリウム淡路島の敷地内にBBQエリアが登場!1区画のサイズは4メートル×4メートルで超ゆとりサイズ。10名さままで対応できます。
BBQエリアでは木々の揺らめき、小鳥のさえずり、風の音…自然をまるごと感じられます。さらに空間も注力。乗って撮って絵になる浮遊感が癖になるハンギングチェアを各テーブルにつくっちゃいました。3時間たっぷりとスローなBBQを楽しんでいただけます。
https://www.atpress.ne.jp/releases/216774/img_216774_4.jpeg


■やってみたかったあの串バーベキュー!採りたて野菜をオシャレにがぶり!10種類以上のカラフル串&自家製ドリンクで乾杯!
食べごたえ抜群の牛&豚、インパクト大の有頭海老、カラフルすぎる野菜串など、イロイロたのしいこだわり串を約15種類ご用意しました。ソースは淡路産の玉ねぎソース、グリナリウムのトマトソースなど、BBQ専用ソースをシェフが開発。炭火で焼いたり、アヒージョにしたり…楽しみ方も自由自在。ドリンクも妥協なし!モヒートをはじめ、フレッシュなハーブをつかった自家製ドリンクもオススメ。さらに一番美味しい状態で収穫したトマトをたっぷりとどうぞ。バーベキューお申し込みのお客さま限定で3種類のトマトが食べ放題。トマト農家にしかできない贅沢体験をぜひ。
https://www.atpress.ne.jp/releases/216774/img_216774_5.jpeg


■ご予約のお客さま限定!サッカーコート1面分を誇るトマトハウスのスタディツアー
はじめての人は驚くこと間違いなし!グリナリウムが誇る自慢のトマトを栽培している巨大なトマトハウスが夏休み限定で見学可能!お子さまの夏休みの思い出づくりなどでもお楽しみいただけます。
https://www.atpress.ne.jp/releases/216774/img_216774_6.jpeg


■レストランも新メニューが登場!圧倒的肉感の「バーガー」&スイーツ好きを唸らせる「パフェ」
淡路牛100%の厚めサイズのパテを挟み込んだ圧倒的肉感の「バーガー」は食べごたえ抜群。一口ほおばるたびに、肉汁が溢れ出します。このハンバーガーを食べるなら、ほどよい浮遊感が癖になる「空飛ぶハンバーガーチェア」がおすすめ。
フード以外にも、スイーツ好きを満足させるメニューが充実しています。イチオシは季節のフルーツをつかったパフェ。暑い夏の日にさっぱりとお召し上がりいただけるよう仕上げています。
https://www.atpress.ne.jp/releases/216774/img_216774_7.jpeg
https://www.atpress.ne.jp/releases/216774/img_216774_8.jpeg
https://www.atpress.ne.jp/releases/216774/img_216774_9.jpeg


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

ブランコとレストラン クローバー畑でシャボン玉を追いかける 串がずらり

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング