“ニューノーマル時代のまちづくり”の課題と未来を徹底討論「Smart City TV」7/6開催 LINE Fukuoka、アクセンチュア、note、The Breakthrough Company GOの4社が参加

@Press / 2020年6月25日 15時30分

Smart City TV  開催概要
LINE Fukuoka株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:落合 紀貴)は、Smart City業界をリードする企業や行政の課題解決をサポートする企業と、まちづくりの未来や社会課題についてディスカッションするオンラインイベント「Smart City TV」を2020年7月6日に開催します。


新型コロナウイルス感染症拡大によるパラダイムシフトによって、行政手続きのオンライン化、健康相談から診療までのオンライン化など、多様な分野で人々の暮らしへのIT導入(Smart City化)が急速に進んでいます。一方で、個人情報を含むデータの取り扱い、テクノロジーに関する法整備などIT活用に関わる様々な課題が議論されています。

このようなパラダイムシフト後の新しい社会において、IT導入と向き合う自治体やまちづくりに関わるIT企業にはどのような役割が求められるのでしょうか。

LINE Fukuokaとアクセンチュアはそれぞれ、福岡県福岡市と福島県会津若松市で自治体と協働のもとSmart City実現に向けた取り組みを行っており、またnoteは自治体の情報発信をサポートする取り組みを行っています。これら日本各地でSmart Cityを推進している企業に加え、広告・PR・マーケティングの観点から行政課題の解決に取り組むThe Breakthrough Company GOも参加し、“ニューノーマル時代のまちづくり”の課題と未来をについて徹底討論します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/216958/LL_img_216958_1.jpg
Smart City TV 開催概要

■登壇者
LINE Fukuoka株式会社
Smart City戦略室 室長 南方 尚喜
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/216958/LL_img_216958_2.jpg
登壇者:LINE Fukuoka株式会社 南方 尚喜

福岡市を中心に推進する、LINEの技術を活用した未来志向のまちづくり、LINE Smart Cityの事業責任者。登録者数168万人を超える福岡市LINE公式アカウントでは、行政情報の選択受信を始め、申請手続き、市民から行政への通報、災害時のサポート機能など、様々なサービスを提供している。
URL: https://linefukuoka.co.jp/ja/project/smartcityproject/


アクセンチュア株式会社
ビジネス コンサルティング本部 ストラテジーグループ
マネジング・ディレクター 藤井 篤之
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/216958/LL_img_216958_3.jpg
登壇者:アクセンチュア株式会社 藤井 篤之

2007年にアクセンチュア 戦略コンサルティング本部に入社。以降、公的サービス領域(官公庁・自治体・大学・公益団体など)のクライアントを中心に、調査・コンサルティング業務を担当。現在は、民間企業も含め産業戦略から事業戦略、各種調査事業における経験多数。主に、農林水産業や観光、スマートシティをはじめとする地域経済活性化、ヘルスケア領域を専門とする。国による地域企業支援の取り組み、グローバル・ネットワーク協議会において食・農業領域の分野別エキスパートを務める。
URL: https://www.accenture.com/jp
https://www.accenture.com/jp-ja/insights/smartcity-architecture


note株式会社
noteディレクター(公共・教育担当) 中野 麻衣子
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/216958/LL_img_216958_4.jpg
登壇者:note株式会社 中野 麻衣子

2007年ベネッセコーポレーション入社。進研ゼミ小学講座の企画・教材編集に10年間携わる。東洋経済新報社を経て2020年1月、note株式会社に入社。公共・教育カテゴリの担当として、クリエイターの活動を支援している。直近では大阪府四條畷市のnote立ち上げをサポート。地方公共団体向けに「note pro自治体プラン」をリリースし、さまざまな地方自治体の情報発信をサポート中。
URL: https://note.jp


■モデレーター
The Breakthrough Company GO
Business Producer 岩本 州司
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/216958/LL_img_216958_5.jpg
モデレーター:The Breakthrough Company GO 岩本 州司

2018年10月GOに参画。GO参画以前は、インターネット広告代理店のSepteniで新規事業開発やグローバルマーケティングビジネスを担当。2016年からは中国支社の立ち上げのため北京に取締役として駐在。Septeniの海外広告代理事業の営業とクリエイティブの責任者として海外ビジネスの成長を牽引。
GOでは、スタートアップから大企業の事業成長パートナーとして、ブランディング・プロモーションをサポートしている。直近では、コロナ禍に悩む企業や自治体に対して、プロブレ(プロによるブレスト)を無償で提供中。
URL: https://goinc.co.jp/


■プログラム
全体テーマ:ニューノーマル時代のまちづくり
19:00~ オープニング
19:10~ 各社の“まちづくり”の取り組み紹介
19:35~ ディスカッション テーマ(1)
“ニューノーマル時代のまちづくり”の課題とは?
19:50~ ディスカッション テーマ(2)
“ニューノーマル時代のまちづくり”の未来とは?
20:10~ 質疑応答
20:30 終了予定


■開催概要・申込について
催事名 :Smart City TV
日時 :2020年7月6日(月) 開始19:00/終了20:30
主催 :LINE Fukuoka株式会社
参加費 :無料
視聴方法 :Zoom webinarでの配信を予定。
お申込いただいた方へのみ、開催前日までに
ご案内させていただきます。
主な対象者:- まちへのIT活用に関係する方(行政関係者、IT企業など)
- 登壇各社のまちづくりの取り組みやビジョンに興味のある方
- まちの課題を解決したい、より良い暮らしの実現に貢献したい
と考える方

申込URL: https://feedback.line.me/enquete/public/8359-ZOoS99OW


<会社概要>
【LINE Fukuoka株式会社】
社名 : LINE Fukuoka株式会社
本社所在地 : 福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル12F
代表者 : 代表取締役社長 落合 紀貴
資本金 : 490百万円(2018年1月時点)
設立日 : 2013年11月18日
主な事業内容 : LINEおよび関連サービスの開発・クリエイティブ・
運営・事業企画など
コーポレートサイト: https://linefukuoka.co.jp/ja/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

登壇者:LINE Fukuoka株式会社 南方 尚喜 登壇者:アクセンチュア株式会社 藤井 篤之 登壇者:note株式会社 中野 麻衣子

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング