JA三井リース ルートレック・ネットワークスと資本業務提携 ~デジタル・ファーミングによる生産者所得向上に貢献~

@Press / 2020年6月25日 18時0分

株式会社ルートレック・ネットワークス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:佐々木 伸一、以下 ルートレック)とJA三井リース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:古谷 周三、以下 JA三井リース)は、資本業務提携を行ったことを発表いたします。
ルートレックは、自社の開発製品であるAI潅水施肥システム「ゼロアグリ」の開発・販売により、生産者の「生産性向上」「収益性向上」に貢献してまいりました。今後、JA三井リースと連携し、デジタル・ファーミングによる、データ駆動型の農業経営を実現して、生産者所得向上を目指します。


【資本事業提携の背景と目標】
ルートレックは、2013年よりスマート農業分野に進出を行い、パイプハウス向けAI潅水施肥システム「ゼロアグリ」の販売に取り組んでおります。「ゼロアグリ」は、農業で最も経験と勘が必要とされる、かん水と施肥をAIで自動化し、農作物の成長に必要な最適なかん水と施肥を実施する事で、収量や品質向上を実現します。また、かん水・施肥の労働時間を削減して、栽培規模の拡大にもつながります。

JA三井リースは、これまで農林漁業生産者向けに、通常のファイナンスリースだけでなく、農機シェアリングサービスや新規就農応援プログラム「スタートアップサポート」等、生産現場に向けて金融の枠組みを超えたソリューションサービスを提供し、農林水産業の成長を支援してきました。
このたび、ルートレックとJA三井リースは、デジタル・ファーミングの更なる発展により、生産者所得向上を目指して、資本業務提携を行う事に合意しました。スマート農業機器普及の課題の一つに初期導入費用と導入後の天災などによる機器故障による機会損失がありました。ルートレックの提供する「ゼロアグリ」の初期導入費用を抑えた定額サービス(サブスク)により、デジタル・ファーミングの普及に弾みをつけ、政府が掲げる2025年農業のデジタル化に貢献して、「後継者の確保」「安定栽培」「農産物の高収益化」を目指します。


【株式会社ルートレック・ネットワークスについて】(詳細: http://www.routrek.co.jp/ )
2005年の創業以来、黎明期よりIoT技術の研究開発に取り組み、産業機器、ヘルスケア機器など様々な業界にIoTソリューションを提供してきました。2010年に総務省の広域連携事業にて農業の見える化プロジェクトを実施したことを契機にスマート農業事業に参入し、2013年からAI潅水施肥システム「ゼロアグリ」を販売しております。2018年、第4回日本ベンチャー大賞(農業ベンチャー賞 農林水産大臣賞)受賞、同年経済産業省よりJ-Startup企業に選出され、累計出荷台数は200台を超え、国内、中国、タイ、ベトナムへの導入実績があります。

会社名 : 株式会社ルートレック・ネットワークス
URL : https://www.routrek.co.jp/
所在地 : 〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-1-1
新百合ヶ丘シティビルディング6F
代表者 : 代表取締役社長 佐々木 伸一
主要株主: 佐々木 伸一
株式会社東京大学エッジキャピタル
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
合同会社テックアクセルベンチャーズ
農林中央金庫
オイシックス・ラ・大地株式会社
JFE商事エレクトロニクス株式会社
JX ANCI株式会社
設立 : 2005年8月
資本金 : 432百万円(資本準備金含む)
事業内容: (1)AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」と栽培データに係る事業
(2)ネットワーク制御機器「ルートマジック」に係る事業


【JA三井リース株式会社について】
会社名 : JA三井リース株式会社(英語名:JA Mitsui Leasing, Ltd.)
URL : https://www.jamitsuilease.co.jp/
所在地 : 〒104-0061 東京都中央区銀座8丁目13番1
代表者 : 代表取締役 社長執行役員 古谷 周三
主要株主: 農林中央金庫
三井物産株式会社
全国農業協同組合連合会 他
設立 : 2008年4月
資本金 : 32,000百万円
事業内容: 賃貸事業、割賦販売事業、各種ファイナンス事業、その他付帯事業


※記載されている会社名、製品名などの固有名詞は、各社の登録商標または商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング