結婚相談所サンマリエが、コロナ禍で入会数前年比190%超 ~オンラインサービスとサポートの需要が急増~

@Press / 2020年9月25日 10時0分

(上)新型コロナウイルス感染拡大前後の入会理由(調査対象:2020年1月/2020年7月)
結婚相談所サンマリエを運営する、株式会社サンマリエ(所在地:東京都新宿区、代表取締役:横川 泰之、以下 サンマリエ)は、コロナ禍で積極的に導入した各種オンラインサービスや、カウンセラーサポートの需要などが高まっており、2020年7月時点の入会実績が前年比193%と増加しています。

またサンマリエは、「世の中により多くの幸せのシーンをつくる」を企業理念に掲げ、様々な新サービスを打ち出した結果、特に他サービスからの乗り換えが急増しています。
サンマリエは引き続き、お客様のニーズを敏感に捉え、よりよいサービス提供をしてまいります。


尚、新型コロナウイルス感染拡大による自粛前後の「入会理由の変化」を調査しました。
調査結果は以下となります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/227574/LL_img_227574_1.png
(上)新型コロナウイルス感染拡大前後の入会理由(調査対象:2020年1月/2020年7月)

調査結果から、新型コロナウイルス感染拡大前後では、各種オンラインサービスの充実による他社からの乗り換え増と、外出自粛・リモートワークなどでコミュニケーションが減少し、人との繋がりの重要性を感じたことをきっかけに問い合わせ・入会が増えていることがわかりました。


■新型コロナウイルス拡大後の入会者の声
・『今まで仕事優先の日々でしたが、コロナの状況で自分の人生について考える時間ができ、動いてみようと思った。』(31歳/男性)

・『趣味などが充実しており、婚活は考えていなかったがコロナのことで時間ができ考えるようになった。このまま一人では怖いなと思うようになり、友人も相談所で結婚しているので、相談所には好印象だった。』(32歳/女性)

・『コロナ禍で「家族」の大切さを意識した。ペットホテルを経営しているので自宅にいながらオンラインが充実しているサンマリエに決めました。』(38歳/男性)

・『街コンやアプリをやっていますが年齢的にも合わないと思ってきました。仲人型であり、この状況下でオンラインサービスに力を入れているサンマリエで本気で活動し、30歳までに結婚したいと思っています。』(28歳/女性)


サンマリエは、引き続き国内の状況をいち早くキャッチし、お客様にとってよりよいサービスを展開してまいります。


【株式会社サンマリエについて】
サンマリエは、1981年創業の老舗結婚相談所です。
創業以来「いい出会い」と「いい結婚」にこだわり続け、圧倒的に成婚を生み出してきた実績で、多くの会員様からご支援・ご好評をいただいています。

本社 :〒163-1440
東京都新宿区西新宿3-30-2 東京オペラシティタワー40階
代表取締役:横川 泰之
設立 :1981年5月
TEL :03-5334-5311

サンマリエ公式サイト: https://www.sunmarie.co.jp/
企業情報ページ : https://www.sunmarie.co.jp/corporation/


【事業内容】
会員制による結婚相手の紹介、相談・パーティの主催、旅行イベントの企画・運営・出会い・交際・結婚に関する教室、講座の運営・挙式、披露宴、及び新婚旅行の企画斡旋・図書・新聞の出版及び販売・上記に付帯する事業


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング