【医師監修】「シミに効くトラネキサム酸とは?美白効果と使い方を徹底解説!」美容健康メディアMRBにてシミに関する記事を公開中

@Press / 2020年11月9日 18時0分



シミに効く成分・トラネキサム酸が注目されています。もともとは医療用医薬品でしたが、メラニンの生成抑制や抗炎症などの作用があり、市販の美白化粧品などにも配合されています。トラネキサム酸は皮膚科でも使われており、シミ治療のスタンダードの一つといえるでしょう。この記事では、トラネキサム酸の美白効果と注意点について解説します。


トラネキサム酸とは?


画像 : https://newscast.jp/attachments/ea2xQCzhzJFpIe8mSZVi.jpg


まずはトラネキサム酸の美白効果について解説します。


トラネキサム酸はアミノ酸の一つ


トラネキサム酸は、人工的に合成されたアミノ酸の一種です。止血、抗炎症などの作用があり、医療用医薬品として古くから使われています。


トラネキサム酸の美白効果


トラネキサム酸の美白効果を知る前に、シミができるメカニズムについて見ていきましょう。紫外線などのダメージを受けると肌の内部で炎症が起こり、その刺激で「プラスミン」や「プロスタグランジン」などの物質が生成します。これらがメラノサイトという色素細胞の働きを活性化し、メラノサイトの司令によりメラニンが作られます。トラネキサム酸は、プラスミンの働きを抑える作用があり、メラニンの生成を抑制します。さらに、トラネキサム酸の持つ抗炎症作用により肌の炎症を鎮め、シミを予防します。


どのタイプのシミに効くのか?


トラネキサム酸は、シミの一種である肝斑に対して、その有効性が確認されています。


トラネキサム酸の選び方


画像 : https://newscast.jp/attachments/tWzWkdiTNADVJHisbIf1.jpg


トラネキサム酸をシミのケアに取り入れるなら、外用か内服かを選択することになります。


市販の美白化粧品を使う


トラネキサム酸は古くから医療用医薬品として使われてきましたが、2002年に医薬部外品の有効成分として認可がおりました。現在は市販の美白化粧品にも配合されています。なお、認可を取得した資生堂では、医薬部外品に配合するトラネキサム酸を「m-トラネキサム酸」としています。これはトラネキサム酸の安定性を高め、化粧品に配合できる形にしたものですが、有効成分自体はトラネキサム酸と変わりません。トラネキサム酸は、美白化粧品やシートマスクなどに配合されているので、手軽に取り入れられるのがメリットです。


肝斑にはトラネキサム酸の内服が有効


肝斑の治療では、まずはトラネキサム酸の内服をおすすめします。皮膚科で処方してもらうほか、市販でも購入できます。ただし、医療用医薬品と市販薬では、トラネキサム酸の含有量に違いがあります。
市販薬では1日の最大量が750mgなのに対し、医療用医薬品の場合は1日750mg~2000mgまで内服できます。トラネキサム酸は比較的副作用が少ない薬ですが、高用量を服用する場合は、医師の指導のもとで継続する必要があります。
なお、トラネキサム酸のサプリメントは販売されていません。


トラネキサム酸に関してよくある質問


画像 : https://newscast.jp/attachments/unaeK4FU85QspsemRSGP.jpg


最後に、トラネキサム酸に関してよくある質問に回答します。


トラネキサム酸の副作用は?


トラネキサム酸の内服の場合、4~5週間くらいで効果が出てくることが多いため、継続して服用が必要です。クリニックよっても異なりますが、2~3か月服用し、休薬するケースが多いです。皮膚科医の指導に従い、用法用量を守って服用しましょう。
なお、市販の肝斑の治療薬を1か月服用して効果がなければ、そのシミは肝斑ではない可能性もあります。漫然と飲み続けるのではなく、皮膚科医に相談しましょう。


トラネキサム酸の副作用は?


トラネキサム酸は比較的副作用が少ない薬ですが、まれに食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、胸やけなどの副作用が現れることがあります。副作用と思われる症状が出たら、服用を中止して医師に相談してください。


飲み合わせがよくない薬は?


トラネキサム酸は、ピル(経口避妊薬)との併用はできません。ピルの副作用の一つに血栓症(血の固まりができやすくなること)があり、トラネキサム酸の止血作用により血栓症のリスクを増大させる可能性があるためです。
そのほか、風邪薬や止血剤として、病院からトラネキサム酸が処方されることもあります。病院を受診するときは、トラネキサム酸を服用していることを必ず医師に伝えてください。


まとめ


トラネキサム酸は、メラニンの生成抑制および抗炎症作用によりシミを予防・改善します。医薬部外品や市販の美白化粧品にも配合されているほか、皮膚科のシミ治療にも使われています。トラネキサム酸は用法用量を守って正しく使い、シミのケアをしましょう。


記事監修者プロフィール


画像 : https://newscast.jp/attachments/HKeADPDPcqZLz403L0Q1.jpg


東京医科大学卒業。
同大学病院にて研修後、東京医科大学皮膚科学教室に入局。
東京医科大学病院、東京医科大学八王子医療センターで経験を積む。
現在は、牟礼の里駅前クリニックで皮膚科外来を担当し、
うえまつ在宅クリニックでは在宅医療に携わっている。


〜美容・健康メディアMRB〜


画像 : https://newscast.jp/attachments/fLMLpa9b2rzMNir3Ntas.png


MRB(マーブ)とは、各分野の専門家が知見を語るメディカル美容メディアです。
【美容・メイク】【スキンケア】【健康】【ダイエット】【お悩み・症状】【専門家インタビュー】etc・・・。誰もが抱える美容・健康のお悩みについて、専門家の知見を発信しています。
MRB製品は、メディアを運営して日々取材する中で知ったユーザーの美容・健康の悩みに、専門家の意見を取り入れて解決策を考え、商品開発を行っております。
今回の記事の掲載も、美容・健康メディアMRBにされています。
他にも医師監修記事やシミや美白など美容や健康に関する悩み記事や先生へのインタビューなどのお役立ち情報をお届けしています。


【医師監修】シミに効くトラネキサム酸とは?美白効果と使い方を徹底解説 : https://media-mrb.com/shimi-toranekisamusan/


MRB株式会社とは


2019年創業。MRBが目指すのは、専門家の知見を世の中の人に知ってもらうこと。そのために私たちは、情報媒体を活用し、知識・技術を皆様に伝え、独自の視点から、人の悩みに答える商品開発をプロデュースしています。日本が誇る、開発技術・化学の力でさらに美しく、健康に。確かな実感を皆様にお届けします。
商号 : MRB株式会社
代表 : 代表取締役 長田 智也
本社: 神奈川県横浜市鶴見区下末吉2-9-23
事業内容 : 化粧品の商品企画、販売・メディア運営
MRB美容メディア:https://media-mrb.com/
公式オンライン総合販売ページ : https://onlinestore.mrbinc.jp/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング