フロスト・アンド・サリバン Intelligent Mobility Summit 2020

@Press / 2020年11月10日 16時0分



画像 : https://newscast.jp/attachments/nEyxt5DRiePgOVWLvDZe.png


イベント日程


2020年11月24日(火)&25日(水)バーチャル会場:November 24th & 25th 2020 Virtual Summit


ご登録はこちらから : https://intelligentmobility.nowvirtual.live/register/


Registor Now : https://intelligentmobility.nowvirtual.live/register/


開催概要


新型コロナはモビリティ業界のコネクティビティ、自動化、シェア、電動化(C.A.S.E.)の4つのトレンドに影響を与え、新たな消費者行動、競争、イノベーション戦略、ビジネスモデルを生み出し続けることにも繋がっています。新型コロナによる危機は、モビリティのバリューチェーン全体においてデジタル化を推進するための大きな刺激をもたらしました。業界ステークホルダーは、より強固で弾力性のある未来のために、革新的でデジタルを活用したビジネスモデルと付加価値サービスにより、デジタルトランスフォーメーションを加速させようとしています。
デジタル化がどのようにモビリティ市場を進化させているかを理解することを目的とし、フロスト・アンド・サリバンは今年Intelligent Mobility Summit 2020のテーマを、「インテリジェントモビリティ:加速するデジタル化」としました。2020年11月24、25日の2日間に開催されるこのオンラインサミットでは、特にアジア太平洋地域の業界関係者が、ポストコロナのシナリオにおいて、ニューノーマルを理解し、モビリティの未来を形作るために役立つデジタルテクノロジーの未来について、独自の洞察を提供します。
今年のサミットでは、日産自動車株式会社取締役、代表執行役最高執行責任者兼チーフパフォーマンスオフィサーのアシュワニ・グプタ氏、Moovit社 APAC地域ソリューションヘッドのファン・カルボネル氏、トヨタ ダイハツ エンジニアリング アンド マニュファクチャリング代表取締役副社長のプラス・ガネシュ氏、BMWグループアジアマネージングディレクターのクリストファー・ヴェーナー氏などの業界のソートリーダー達、そしてフロスト・アンド・サリバンのモビリティ専門家が一堂に会します。
パネルディスカッションおよびプレゼンテーションでは、以下の6つのテーマを取り上げます。
• コネクティビティの未来
• 新たなパラダイム – 新たなビジネスモデル
• シェアモビリティおよびデリバリー・オン・デマンドの動向
• 電動化の未来および自動運転
• 自動車業界のデジタルリテール
• Fラストマイル配送の未来
コネクティビティの機能とサービスが向上するなか、よりリアルタイムな車両情報の必要性と、プライバシーおよびデータセキュリティの懸念への取り組みを両立させることが課題となります。またモビリティ企業は、自社独自の戦略を進めるのか、オープンスタンダードによる高い相互運用性を実現させるのか、ジレンマに直面しています。
「ユーザーシップ型(所有するのではなく必要な時のみ利用)、サービスを中心としたビジネス、データのマネタイズ化によるビジネスなど、デジタル化により進化したビジネスモデルがモビリティのバリューチェーン全体に拡大しています」、フロスト・アンド・サリバン アジア太平洋地域モビリティ部門のアソシエイトパートナー兼バイスプレジデントのビベック・バイディアは話します。「スタートアップ企業が既存のバリューチェーンを破壊し、新たな事例を創り出し、価値創造に関する新たな思考を生み出しています。」
新型コロナにより大きな打撃を受けたシェアモビリティ分野の関係者は新たなアプローチを模索しています。例えば、幾つかのライドヘイリング、eスクーター、eヘイリングの企業は、サービスの対象を変え、急拡大している食事や食品のラストマイル配送に乗り出しています。
自動車の電動化および自動化は長期的な戦略であり、パンデミックの影響をほとんど受けていません。自動車メーカーは、循環型経済およびゼロのイノベーション(温室効果ガスを排出しない)の実現に向かいつつ、電気自動車/自動運転(EV/AD)プラットフォームとアーキテクチャーの開発を継続しています。
自動車業界のデジタルリテールはパンデミック下で大きく拡大しました。「顧客行動の変化により、自動車メーカーは、自動車の購入から配送までの流れを合理化し、非接触型の部品/サービスの提供およびオンラインの販売金融へのアクセスのしやすさを促進する必要に迫られています」、バイディアは言います。「同時に、このオンライン-オフラインの力学は、ディーラーの存在意義や流通モデルに変化を与えています。」


画像 : https://newscast.jp/attachments/xW5s5JpCNbSl5yRtqHiV.png


詳細はこちら


Intelligent Mobility Virtual 2020 Japanese Text Home - Intelligent Mobility Event : https://www.intelligentmobilityevent.com/virtual2020/japanesetext/


ご登録はこちら : https://intelligentmobility.nowvirtual.live/register/


Overview


COVID-19 has affected the four cornerstones of connectivity, shared, electric and autonomous (C.A.S.E.) in the mobility industry, even as it continues to incubate new consumer behaviors, competitive responses, innovation strategies, and business models. The crisis has provided a massive impetus to digital initiatives across the mobility value chain. Stakeholders are accelerating digital transformation with innovative, digitally-driven business models and value-added services that will underpin the push towards a stronger, more resilient future.
To understand how digitization is reinventing the mobility landscape, the theme of this year’s Frost & Sullivan’s Intelligent Mobility Summit 2020 is “Intelligent Mobility: The Digital Acceleration.” The two-day online summit, scheduled to be held on November 24-25, 2020 will offer unique insights into the role of digital technologies in helping stakeholders, particularly across the Asia-Pacific region, navigate the new normal and shape the future of mobility in a post-COVID scenario.
This year’s complimentary event brings together Frost & Sullivan’s mobility experts and industry thought leaders, including Ashwani Gupta, Director, Representative Executive Officer, COO/CPO, Nissan Motor Co., Ltd.; Juan Carbonell, Head of Solutions APAC, Moovit; Pras Ganesh, Project Executive Vice President, Toyota Daihatsu Engineering & Manufacturing Co., Ltd.; and, Christopher Wehner, Managing Director, BMW Group Asia.
Panel discussions and industry presentations will focus on six thematic areas:
• The Future of Connectivity
• New Paradigms – New Business Models
• Shared Mobility & Delivery on Demand
• Future of Electrification & Autonomous Driving
• Digital Retailing in Automotive Industry
• Future of Last Mile Delivery
As connectivity capabilities and services improve, the challenge will be to reconcile privacy and data security concerns with the need for more real-time vehicle information. Meanwhile, mobility companies will confront the dilemma of whether to adopt go-it-alone strategies or push for greater interoperability and open standards.
“New digitally empowered business models—usership-based, services-oriented or data monetization-driven, among them—are gaining momentum across the mobility value chain,” notes Vivek Vaidya, Associate Partner and Senior Vice President, Mobility Practice, Asia Pacific, Frost & Sullivan. “Start-ups are upsetting traditional value chains, creating new use cases, and fostering novel ideas about value creation.”
Participants in the hard hit shared mobility segment are evaluating new business approaches. For instance, several ride hailing, e-scooters, and e-hailing companies are repurposing their offerings by riding on the boom for last mile food and grocery deliveries.
Vehicle electrification and autonomy are long-term strategies that have remained largely insulated from the impacts of the pandemic. Automakers are continuing to develop electric vehicle/ autonomous driving (EV/AD) platforms and architectures, while pushing forward on circular economy and innovating to zero practices.
Digital automotive retail has received a massive fillip during the pandemic. “Changing customer behaviors are compelling automakers to streamline the customer journey from vehicle purchase to delivery, and promote seamless access to contactless parts/services delivery and online retail finance,” says Vaidya. “Simultaneously, evolving online-offline dynamics are altering dealership and distribution models.”


Register Now : https://intelligentmobility.nowvirtual.live/register/


Click below for any further information


Intelligent Mobility Virtual 2020 Home - Intelligent Mobility Event : https://www.intelligentmobilityevent.com/virtual/2020/


イスラエルイノベーションネーション


画像 : https://newscast.jp/attachments/Biu4VNqVwIysYVBcNMAP.png


テクノロジーの繁栄で有名なイスラエルでは、グローバル企業やスタートアップ企業が、様々な業界で現代のイノベーションを促進させています。こういったの企業は、農業・デジタルヘルス・フィンテック・サイバーセキュリティ・コースモビリティといった分野で世界中の人々の生活を豊かにしています。
フロスト&サリバン ジャパンでは、毎年テーマに沿った業界リーダーや政策担当者などを迎えて最大級のコンファレンスを行っています。本年度のインテリジェントモビリティ 2020では、「イノベーションネーション」というイスラエルのブースを構え、モビリティスペースで挑戦しているイスラエル系企業のご紹介をいたします。


Israel Innovation Nation


画像 : https://newscast.jp/attachments/q1JNGMpLvtlXBWCrHDlb.png


Israel is well-known for being a place where technology thrives, where global firms and numerous start-ups who push modern innovations across industries co-exist. These companies are diverse and help improve the lives of people around the world, from agriculture, digital health, fintech, cybersecurity and of course mobility.
As the largest event of the year from Frost & Sullivan's various annual summits featuring industry leaders and policy makers, Intelligent Mobility 2020 will feature an Israel pavilion entitled Innovation Nation, where several Israeli companies making big moves in the mobility space will be featured.


2020年ゴールドパートナー


画像 : https://newscast.jp/attachments/GU2KgRNij8inUpr4JJGZ.png


テックマヒンドラ
エンジニアリング およびR&Dの世界は、優先順位をエンタープライズエンジニアリングにシフトしつつ、急速に変化しています。エンジニアリング組織における優先度を変えるには、時代に即した新しい、重要な製品を開発する、ソフトウェアエンジニアリングにおけるイノベーションをリードする、最新の方法論および革新テクノロジーを導入する、サービス指向のビジネスモデルを実現する、エンジニアリングの中核とよりスマートな運用に向けて、卓越性をもたらすために協力してイノベーションを創出するなどが挙げられます。
• レガシー/既存分野および新世代/デジタル分野における24年以上のエンジニアリング経験をもつ
• 世界の主な業界セグメントに350以上のアクティブカスタマーをもつ
• 弊社99.01%のエンジニアリングプロジェクトは、最新のシステムを活用して納品されている
• 主要業界にて、20億USドルを超えるコストダウンを実現
• 主要な業界全体での製品コストのテイクアウトにより、20億米ドル以上の節約が実現
• OPTISHORE™による独自の優位性。世界の顧客の業務時間に対応できるオフィスからのサービス


スポンサー:Sponsors


画像 : https://newscast.jp/attachments/p4rak5SzrF8mFr7eS4Bc.png


HEREテクノロジーズ
HEREテクノロジーズは、位置情報データとテクノロジープラットフォームプロバイダとして、位置情報の価値を活用することにより、人、ビジネス、都市を前進させます。我々のオープンプラットフォームを活用することで、都市の効率的なインフラ管理や、ビジネスの資産最適化など、我々の顧客により良い結果をもたらします。
HERETechnology
HERE, a location data and technology platform, moves people, businesses, and cities forward by harnessing the power of location. By leveraging our open platform, we empower our customers to achieve better outcomes – from helping a city manage its infrastructure or a business optimize its assets to guiding drivers to their destination safely


画像 : https://newscast.jp/attachments/Bt9TeO6lxPgPLen7uKF7.png


Murata
製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。


メディア協賛:Media Sponsors


画像 : https://newscast.jp/attachments/ZiTOBLLOBRz2SY6XA8ah.png


アジアリサーチニュース
アジアリサーチニュースは、アジア太平洋地域に特化した、国際的なリサーチコミュニケーション企業です。2004年に創立され、研究者、研究機関と協力し、研究者の発見を世界に発信しています。私達はアジアで最初のリサーチニュースのプラットフォームを立ち上げ、その発見やニュースを読者やジャーナリストへ直接共有する枠組みを研究機関に提供しています。経験豊かは私達のチームは、国際的なプレゼンスを拡大するために、研究機関に対して最適なコミュニケーションサービスおよびトレーニングを提供します。Asia Research Newsは誇りを持ち、アジアのリサーチコミュニティを支援し、この地域のイノーベーションに対する認知向上に努めています。
Asia Research News
Asia Research News is an international research communications company specializing in the Asia-Pacific region. Founded in 2004, we work with researchers and institutions to communicate their discoveries to the wider world. We launched Asia’s first research news platform, creating a framework for institutions to share their news directly with readers and journalists. Our experienced team offers a complete suite of communication services and training for research institutions looking to expand their international presence. Asia Research News is proud to support Asia’s research community and increase awareness of the region’s innovation.


画像 : https://newscast.jp/attachments/dK2Aio5rtijAhaDewQax.png


EVlist は、ハイブリッドおよびe-モビリティに関するあらゆるトピックをイタリア語で配信するポータルサイトです。電気自動車の潜在ユーザーや既存ユーザー、この分野で働く人や専門家、救急医療従事者やボランティア、EV業界の企業、行政機関スタッフや学生など、様々なカテゴリーのユーザーにとって、興味深い情報を掲載しています。ボート、電動/ハイブリッドの列車、自動車、オートバイ、スクーター、バス、トラック、飛行機、ヘリコプター、自転車、カート、トラクターなど、EVlist.itは様々なe-モビリティについて取り上げています。また、自動運転技術や充電システム、減税、テクノロジーなどの関連テーマについても発信しています。
EVlist
The specialized portal EVlist.it in the Italian language about all matters related to hybrid and electric mobility. Different categories of users can found interesting information on EVlist.it, like potential users of electronic vehicles, current users of electric vehicles, workers and professionals in this field, first-aid professionals and volunteers, companies in the EV industry, public administrators, students.
EVlist.it talks about any electric vehicle: boats, electric and hybrid trains, cars, motorcycles and scooters, buses and trucks, aircraft and helicopters, bikes, karts, tractors, electric vehicles in general. EVlist.it collects also arguments like autonomous driving, recharging systems, tax breaks, available technologies, and much more.


画像 : https://newscast.jp/attachments/bNyMQGXmZFBmLopTItDZ.png


グローバルフリート
The Global Fleet networkは、クローバリゼーションを通してフリートマネジメントを最適化する多国籍企業のための、最初のネットワーキングおよびクロスメディアプラットフォームです。私達は、意思決定者や意思決定に影響を与える読者に、世界、そしてBRICsや他の新興経済地域を含む、地域のフリートマネジメントに関する深い知見と最新情報を提供します。The Global Fleet networkは、多国籍企業のグローバルフリートチームにかかわる経営陣や人事専門スタッフを対象としています。私達は、ウェブサイトのGlobalFleet.com、eニュースレター、フリートマネジメントガイド、生およびバーチャル配信のウェビナーやフォーラムセッションを通してコンテンツや付加価値を配信し、学びの場と相互コミュニケーションの機会を促進し、世界のフリート&モビリティのコミュニティに貢献します。
The Global Fleet
The Global Fleet network is the first networking and cross-media platform for multinationals willing to optimize their fleet management through globalization. It provides our readership – Global Fleet Decision Makers and Influencers – with in-depth knowledge and up-to-date information on global and regional fleet management, as well as on BRICs and other economies on the rise.
The Global Fleet network focuses on Executive-level Procurement, Sourcing, and HR professionals within the global fleet team of multinational corporations. With content and added value delivered via GlobalFleet.com, e-Newsletters, Fleet Management Guides, and Live/Virtual Webinar & Forum sessions, we are organized throughout the year to increase learning and interaction amongst the Global Fleet & Mobility Community.


画像 : https://newscast.jp/attachments/ycgy4ygNcs0hSQViaxhW.png


IT Media
私たちは、ソフトバンクグループの出版事業に端を発する、オンライン専業のメディア企業です。1999年、紙面からWebへとパラダイムシフトが起こる中、旧来の出版ビジネスのネット化を使命に生まれました。ソフトバンクグループが注目するテクノロジーのパラダイムシフトは、その後もPCからモバイル、さらにはIoTへと続いています。当社もそれに対応し、継続的なメディアの革新を通じて情報革命を実現し、社会に貢献してまいります。
IT Media
Our company, IT Media, is an online media company, originally started from the publishing business of SoftBank Group. IT Media started in 1999 with the mission of transforming the conventional publishing business into online, while a paradigm shift, from paper to web, was happening. SoftBank Group has been focusing on the technological paradigm shift, which still continues from PC to Mobile, and to IoT. By adapting to such a shift, IT Media will realize the information revolution through continuous innovation of media and contribute to society.


画像 : https://newscast.jp/attachments/jFUlOnuzh6AXIuDHuIi5.png


世界最大級の自動車専門日刊紙
自動車は産業・経済のリーダー役であり、社会生活の担い手、文化のバロメーターとしても欠かせません。
日刊自動車新聞は1929年(昭和4年)の創刊以来、その自動車を見つめ、自動車の発展と共に約90年を歩んできました。そして、大きな変化が予想される中、業界の道標としての重要な役割を果たしてまいります。
今、自動車を取り巻く環境は地球規模で揺れ動いています。また、急テンポに展開する技術革新は、車や産業を大きく変えようとしています。そうした日々の動きをいち早く、正確に捉えて、毎朝、主に全国のASA(朝日新聞販売店)から、直接読者に配達される唯一の日刊専門紙です。
The Nikkan Jidosha Shimbun
The Nikkan Jidosha Shimbun(Daily Automotive News) is the World’s Biggest Automobile Specialized Daily Paper. The automobile is a leading figure for the industry, the economy, and social life. It functions as a barometer for the culture.
The Nikkan Jidosha Shimbun has been spending over 90 years looking at the automobile and its history, since its foundation in 1929. The Nikkan Jidosha Shimbun playing an important role as a milestone for this industry amidst ongoing big changes.


画像 : https://newscast.jp/attachments/6V7zpi2MKUbWuE1rUb25.png


日経BPおよび日経クロステックについて 日経BPは、経営(ビジネス)、技術(テクノロジー)、生活(ライフスタイル)の広い分野で先端・専門メディアを発行。最新のトピックスを深く掘り下げた信頼性の高いコンテンツを日々発信しています。このうち技術情報分野では、「日経エレクトロニクス」「日経アーキテクチュア」「日経コンピュータ」「日経ものづくり」などを発行。これらの技術系専門誌を統合する形で、オンラインメディアプラットフォーム「日経xTECH(日経クロステック)」を展開し、次代のビジネスをリードするビジネスパーソンに不可欠な情報を提供しています。
Nikkei Tech
Nikkei Business Publications is a cross-media company that provides business people with high value-added information on management, technology, and life. Nikkei Business Publications has grown into one of the largest providers of cutting-edge information, content, and services in the specialized fields. In addition to the primary business in print and online, we offer an array of businesses and services, such as exhibitions, seminars, customized publishing, research, and consulting, to meet a variety of client needs.


画像 : https://newscast.jp/attachments/5tDO57WqHWBMqk0fT0Pj.jpg


フロスト・アンド・サリバンについて


フロスト&サリバンは独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナー。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。


フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社


設立:2014年1月
沿革:2009年3月 日本支社「フロスト&サリバン インターナショナル」設立
2014年1月 日本法人「フロスト&サリバン ジャパン株式会社」設立
代表者:ロビン・ジョフィ(代表取締役)
所在地:〒107-6123 東京都港区赤坂5丁目2番20号 赤坂パークビル23階
URL: https://frost.co.jp/


本リリースに関するお問い合わせ


フロスト・アンド・サリバン株式会社PR事務局(SivanS株式会社内)
担当:ジャガーナウス・小俣・下村
Email: press@sivans.jp




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング