エゾ鹿から新たな価値を創造する。北海道だから作れる“エゾ鹿脂”配合コスメが誕生、【YUK COSMETICS】を11月24日から発売開始。

@Press / 2020年11月24日 15時0分



株式会社天鹿(本社:北海道札幌市)は、エゾ鹿脂配合の【YUK COSMETICS】を発売します。北海道に生息するエゾ鹿は、年々その個体数が増加し、地域の森林や農作物への被害に加え、交通障害など、社会生活にも大きな被害を与える害獣指定動物となっています。他方、貴重な地域資源になりえるエゾ鹿について、ここ数年はジビエブームなどもあり北海道以外の地域からも食用として求められるようになりましたが、食肉以外の利用価値を高めることにより、エゾ鹿の計画的な頭数調整が行われる環境づくりを目指し、その第一弾としてエゾ鹿脂配合の【YUK COSMETICS】を作りました。


現在、北海道に生息する鹿は推定60万頭を数え、このうち食肉利用されるものは約20%の10万頭強に止まります。生息数に比して食肉利用される頭数が少ない背景には、①害獣指定ゆえの捕獲制度(殺傷するのみで補助金が出るなど)、②捕獲後の食肉利用のための適切な処理技術の欠落(血抜き等)、③鹿そのものの学習能力の向上(国立公園内に逃げ込む等)などが要因が考えられます。加えてハンターの高齢化に伴う捕獲狩猟の減少により、エゾ鹿は今後も個体数が増加傾向にあります。
このような状況下、弊社では、北海道の害獣である他方、貴重な地域資源になりえるエゾ鹿について、その利用価値を高めることにより、エゾ鹿の計画的な頭数調整が行われる環境づくりを目指していきます。このため、捕獲=食肉という1次生産から、鹿肉の加工品の生産、鹿部位を原料とするコスメ・サプリメント製品の開発、ファッション・アパレル製品の生産など、エゾ鹿の多様な利活用、6次化といった先駆的な事業を計画していきます。
また、エゾ鹿は森林の樹皮を好んで食べることから、結果として北海道の森林の保全にも大きな影響を与えており、北海道の森林保全のためにも、エゾ鹿の生息数の総数管理が大変重要なことだと考えております。
このことから、北海道はエゾ鹿の駆除に対して報償金を出しております。このエゾ鹿利活用プロジェクトはこうした北海道のエゾ鹿の増加抑制策となるもので、北海道の森林保全に寄与し、持続可能な自然との共生に繋げていくものでもあり、SDGSの目標達成にも貢献していくことを目的の一つとしています。
鹿油(鹿脂)とは、鹿の脂肪分から抽出されるオイルです。日本では流通量が少ないためあまり知られていない「鹿油」。
中国や北海道の先住民族『アイヌ』の間では昔からキズ薬ややけど薬として使われてきました。
鹿肉は脂肪分が少なくヘルシーなお肉ですが、その少ない脂肪分から取れる鹿脂にはさまざまな効能があります。
中国では昔から民間療法の薬として鹿油が利用されており、切り傷ややけどなどに塗ることで治癒を早めたり、皮膚を保護するのに使われていました。
現代においてはシカ油は美容に使われることが多く、鹿油は古代中国でキズ薬として使われていたことからも分かるように、皮膚を保護して再生を促す効能があります。
このため現代においては、このような効能を含むシカ油を配合した化粧品やヘアケア用品の発売に期待がもてます。加えて鹿油にはパルチミン酸やステアリン酸などの成分が多く含まれ、ニキビを減らす効果や肌を保湿する効果、肌を清潔に保つ効果が期待できます。
また、鹿油は馬油など他の動物油と比べるとにおいが少なくべたつかないため、肌なじみがよく肌本来の潤いを取り戻す効果があります。エゾシカ油はシャンプーやコンディショナーに配合することで髪のダメージを補修し、髪をしっとりさせる効果があります。
また風呂上りに髪を乾かす前に鹿油を薄く塗布すると髪に自然なツヤが出て指どおりがなめらかになります。


画像 : https://newscast.jp/attachments/3YcvpIwCwjyLaLuhtDzu.jpg


一般発売前にテスト販売を行ったところ、インフルエンサーによるトライアルテストを行ったところ、以下の主な感想がありましたのでご紹介いたします。
post_yui 様
私、30 代に突入してから、かなりシャンプー難民でした。
それも終わりそう!すごく素敵なシャンプーに出逢いました。
ご縁をいただいて、 @yuk_tenka さんの12 月末頃から発売されるシャンプー、コンディショナー、
ボディーソープを一足先に体験させていただきました。
我らが北海道!に生息するエゾ鹿ちゃん。今、エゾ鹿は年々増加していて、環境へのさまざまな影響
から、頭数管理が必要になってますよねー。
@yuk_tenka さんのコスメは全てエゾ鹿の脂肪分から抽出された天然の保湿オイルが配合されてるんです。
シャンプーを試して、まず驚いたの。指が全然引っかからない!泡立ちもそこまでモリモリじゃなくて、サッパリ洗えるのに、キシキシしないの。ボディソープも、タオルで拭いた後に、「え?私まだボディークリーム塗ってないよね?」ってなった(笑)
パッケージもオシャレだし、香りもとてもいいです。鹿ちゃんの命。食べるだけかと思ってたけど、コスメにも生まれ変わってたんだなぁ。
感謝して使いたいと思います。北海道の方々、この問題も知ってたら、ぜひ、使ってみて欲しいなぁ!!
maikati_gram様
エゾ鹿は動物の中で最も人肌に近い成分でできているから人の肌への浸透力と保湿力がすごい!!
エゾ鹿は古来から中国やアイヌの人たちが火傷や傷の薬として使ってたほど再生効果がすごくて、パーマとかカラーで傷んだダメージヘアの再生効果も􀀀
使ってみて正直、シャンプーしてる時点ではあまり効果がわからなかったんだけど…トリートメントですごい効果が!!!舞華は髪の毛はこしがしっかりしてるけど絡まりやすいのが悩みだったんだけど1 回使っただけで髪の毛がふわっふわっさらっさらで絡まなくなって大嫌いなドライヤーも楽しい!!
ボディソープもさらっと洗い上がるのに自分史上、初のふわふわのマシュマロボディに。エゾ鹿って聞いたら、匂いがすごく心配になっちゃうけどYUK さまの商品はシトラスのいい香りで安心♡
冬の乾燥の時期はお風呂上がりにボディクリーム・ヘアオイルをつけまくってたけどお風呂の中のいつもの行程でボディケアもヘアケアもできちゃうなんてこの冬ぜったい手放せない…本当にありがとうございます。
髪の毛のダメージやボディの乾燥が気になる方ぜひ見てみてください♪
一緒にモテモテふわふわボディand 髪の毛目指しましょ♡
nhnh.km様
エゾシカオイルをたっぷり使用しているのでボディソープは潤い◎ 乾燥する季節ですが、保湿しなくても潤ってます。シャンプーも、潤うのにベタつかない!頭皮の乾燥が気になる方にもぴったりなシャンプーです。
ボトルも鹿モチーフでオシャレ、色分けがされているのも分かりやすくて嬉しい。見た目だけじゃなくて品質も大満足な商品なのでオススメです。
エゾシカは北海道で害獣として扱われています。私は害獣という言葉は好きではないのですが。害獣として扱われ処分されてしまうだけではなく頂いた命を無駄にしないように、大切にしたいです。
鹿さんありがとうという思いも込めて使わせていただいてます。
製品情報
YUKの製品は、精製の段階で特殊脱臭技法により完全無臭化に成功。動物由来の獣臭さは一切なく、香料の豊かな香りがします。
【商品名】:YUKプレミアムシャンプー
【分類】:シャンプー
【内容量】:300g
【価格】:2000円(税抜き)
【商品名】:YUKプレミアムコンディショナー
【分類】:コンディショナー
【内容量】:300g
【価格】:2500円(税抜き)
【商品名】:YUKボディソープ
【分類】:ボディソープ
【内容量】:300g
【価格】:2300円(税抜き)
【商品名】:YUKハンドクリーム
【分類】:ハンドクリーム
【内容量】:40g
【価格】:1200円(税抜き)
【商品名】:YUK PURE EZO DEER BALM
【分類】:ボディクリーム
【内容量】:80g
【価格】:2700円(税抜き)
【商品名】:YUK エゾ鹿スーパーマスク
【分類】:フェイスマスク
【内容量】:1セット
【価格】:12000円(税抜き)
【商品名】:YUK エゾ鹿スーパーアイマスク
【分類】:フェイスマスク
【内容量】:1セット
【価格】:3000円(税抜き)
【商品名】:YUK エゾ鹿スーパーミトン
【分類】:フェイスマスク
【内容量】:1セット
【価格】:3500円(税抜き)


画像 : https://newscast.jp/attachments/agjaWaAcMS0V04bUXFfe.jpg


公式オンラインショップ


YUK 神の使いのコスメティックス powered by BASE : https://yuktenka.theshop.jp


株式会社天鹿 会社概要
会社名:株式会社天鹿 TENKA.LTD
所在地:〒001-0030 札幌市北区北 30 条西 4 丁目1-1
連絡先:TEL.011-700-5080/FAX.011-700-5060
資本金:20,000,000円
株主・役員
取締役会長 守田 博 【(株)国土建設 代表取締役】
代表取締役 山内明光 【(株)オワゾブルー代表取締役】
アドバイザー
若命 浩二 北海道科学大学薬学部医学博士
伊吾田 宏正 北海道酪農学園大学 農食環境学群環境共生学類 准教授
業務提携
ドリームヒルトムラウシ牧場
(有)若松毛皮
(株)活里
奈良産業(株)
(株)IN-U
(株)JEROP
(株)Youzan Japan


株式会社 天鹿について、詳しくは、ホームページhttps://tenka.meをご覧ください。


お問い合わせ先
株式会社天鹿 TENKA.LTD
TEL.011-700-5080/FAX.011-700-5060
メール:project@tenka.me
担当:折笠/井城




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング