ベリント、フロスト&サリバン社の調査でクラウド/オンプレミスのワークフォースマネジメント、応対品質評価、分析ツールの分野でアジア太平洋地域の市場シェア第1位に認定

@Press / 2021年1月12日 9時0分

カスタマーエンゲージメントカンパニーのベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、米国ニューヨーク州メルビル)の日本法人、ベリントシステムズジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:古賀 剛、以下 ベリント)は、本日、フロスト&サリバン社が最近発表したアジア太平洋地域(以下APAC)市場シェアレポートにおいて、APAC地域のコンタクトセンターのためのワークフォースマネジメント(WFM)、応対品質評価(QM)、分析ツールのリーダー企業であると認められたことを発表しました。またフロスト&サリバン社は、コンタクトセンター最適化ソリューションの年間最優秀賞(ソリューション・オブザイヤー)にもベリントを選出しています。

フロスト&サリバン社のレポート「アジア太平洋地域コンタクトセンターアプリケーション市場(Asia Pacific Contact Center Applications Market)*」によると、市場のリーダーシップについては、ベリントがAPAC地域全体の 応対品質評価ツール分野で37.1%のシェア、WFMツール分野で26.4%のシェア、分析ツール分野で38.8%のシェアを誇るトップベンダーであることが挙げられています。またベリントの市場シェアは、この3つのコンタクトセンター技術分野を合わせても第2位の競合他社を大きく上回っていると評価しています。ベリントはAPAC地域全体でWFM、QM、分析の各分野をリードしていると同時に、オーストラリア、インド、シンガポール、日本、中国、香港を含む各国でも統合分野/個別分野でリーダーであると評価されました。

今年のレポートでは、従来のオンプレミスに加えて、各ベンダーのクラウド収益も初めて評価され、企業がクラウドベースの顧客エンゲージメント・プラットフォームへの移行を続ける中で、ベリントがリーダーシップを発揮していることが明らかになりました。

今回の受賞について、フロスト&サリバン社の顧客接点調査部門の責任者であるKrishna Baidya氏は次のように述べています。「組織全体の投資は、顧客応対や最適化に関わるアプリケーションにシフトしており、分析やワークフォースマネジメントなどがその対象です。これらのツールは、企業が他社との差別化を図りビジネスの成果を出せるよう設計されています。企業の成長については、2019年に同地域で2桁成長を遂げたベンダー2社のうちの1社がベリントです。」と述べています。

毎年実施される「フロスト&サリバン アジア太平洋地域ベストプラクティス賞」の受賞企業は、フロスト&サリバン社のアナリストが実施した綿密な調査に基づいて選出されます。ノミネートされた企業は、売上高の伸び、市場シェア、市場シェアの伸び、製品革新におけるリーダーシップ、マーケティング戦略、事業開発戦略など、実際の市場パフォーマンスを示すさまざまな指標に基づいて評価されます。

ベリントのアジア太平洋地域担当社長であるAdy Meretzは、今回の受賞を大変喜び、次のように述べています。「ベリントは、お客様がより強固な顧客エンゲージメントを推進するクラウドベースのプラットフォームへ業務を変革する際に、お客様がビジネス目標を達成できるよう全力を尽くして支援しています。この取り組みはアジア太平洋地域においても同様で、地域に根ざしたカスタマーサービスと最先端のソリューションを提供し続けています。私たちは、従業員エンゲージメント、インテリジェントなセルフサービスによる情報提供、AIと自動化によるデジタルエンゲージメントなど、最新のイノベーションとテクノロジーを提供しています。
今回、当社の戦略的かつ革新的な取り組みが再びお客様や市場から正式に認められ、QM、WFM、分析ツール分野のリーダーとしての地位を確立できたことを大変光栄に思います。」


【ベリントシステムズジャパン株式会社について】
商号 : ベリントシステムズジャパン株式会社
代表者 : 代表取締役 古賀 剛
所在地 : 〒102-0083 東京都千代田区麹町5-1 NK真和ビル8階
設立 : 2000年
URL : http://www.verint.com/ja
事業内容:
ベリントシステムズジャパン株式会社は、The Customer Engagement Company(TM)を標榜する米国本社ベリントシステムズの日本法人として、ベリントシステムズが開発するワークフォース最適化ソリューション(Workforce Optimization)、顧客分析ソリューション(Customer Analytics)、従業員エンゲージメントソリューション(Employee Engagement)、ビデオ監視ソリューションなどの日本国内における販売、コンサルティング、サービス業務を行っています。


*出典:フロスト&サリバン社 2020年11月発行、「Digitization and Cloud Migration Transforming Asia-Pacific Contact Center Applications Market, Forecast to 2026」


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング