1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

第8回全国高校生手話パフォーマンス甲子園開催日決定

@Press / 2021年2月3日 13時0分

奈良県立ろう学校(第7回大会優勝)

 "手話の聖地"鳥取県で開催される、全国から集まった高校生が手話言語を使った歌や演劇などのパフォーマンスを競い合う"手話パフォーマンス"の祭典「手話パフォーマンス甲子園」。
 令和3年度に開催する「第8回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開催日が、10月3日(日)に決定しました。
 参加申込み受付を5月17日(月)から開始しますので、全国から多くの参加申込みをお待ちしています。
 なお、現時点では、現地会場での開催を想定し準備を進めていきますが、新型コロナウイルスの感染状況によっては、実施方法を切り替えるなど、状況に応じた対応を行っていきます。


画像 : https://newscast.jp/attachments/nz1YugsdBJNnAh3MhPUH.jpg
奈良県立ろう学校(第7回大会優勝)


画像 : https://newscast.jp/attachments/zXXDI4xT2khxmegukCwI.jpg
熊本聾学校(第7回大会準優勝)


画像 : https://newscast.jp/attachments/fABG5NOnymoKEgITb2lX.jpg
真和志高等学校(第7回大会第3位)


画像 : https://newscast.jp/attachments/CNuGhfM7vZm5ffGWo5SZ.png


■手話パフォーマンス甲子園公式ホームページはこちらから
https://www.pref.tottori.lg.jp/koushien/
■手話パフォーマンス甲子園☆動画チャンネルはこちらから
https://www.youtube.com/user/skoushien


1 期日  令和3年10月3日(日)
2 会場  米子コンベンションセンター(鳥取県米子市末広町294)
3 概要
(1) 目的
 ろう者とろう者以外の者が互いを理解し共生することができる社会を築く「鳥取県手話言語条例」の理念を実現すべく、全国の高校生が手話言語を使った様々なパフォーマンスを繰り広げる場をつくり発信することにより、多くの人に手話言語の魅力や手話言語が優れた意思及び情報伝達手段であることを実感してもらうとともに、手話言語とパフォーマンスを通じた交流の推進及び地域の活性化に寄与することを目的に、「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」を"手話の聖地"鳥取県で開催する。
(2) 主  催 手話パフォーマンス甲子園実行委員会
(3) 共  催 鳥取県、公益社団法人鳥取県聴覚障害者協会
(4) 特別協賛 日本財団
(5) 特別協力 一般財団法人 全日本ろうあ連盟
(6) 出  場 予選を通過した15チーム
(7) 演技内容
 手話言語を使った歌唱、ダンス、演劇、ポエム、コント、落語、漫才などのパフォーマンス
(8) 予選参加申込み  5月17日(月)から7月2日(金)まで
              ※予選審査動画提出締切:7月16日(金)まで
4 今後の主な日程
  5月17日(月)~7月2日(金)参加申込み受付
  7月16日(金) 予選審査動画の提出締切
  7月29日(木)及び30日(金)予選審査会及び予選審査結果発表
 10月 2日(土) リハ―サル、交流会
 10月 3日(日) 本大会




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】
熊本聾学校(第7回大会準優勝) 真和志高等学校(第7回大会第3位)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング