1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

某世界的雑誌に注目されているメンタルケアサービスとは!?

@Press / 2021年2月8日 7時50分


■世界から見た日本の精神保健


 世界一精神病床数が多いのが日本である。
先進国の中で10代の自殺者数が一番多く、精神疾患患者数も増加傾向にある現状も踏まえたうえでこの結果をどう捉えるのか?
 日本も加盟国であるOECD(経済協力開発機構)の平均の精神病床数は10万人あたり68床、日本は10万人あたり269床ある。
自殺をする人、精神疾患を患っている人が多くなれば、精神病床数も多いほうがいいのでは?と考える人も少なくはない。
 しかし、全世界の精神科病床数200万床のうち、日本は35万床と世界の6分の1を保有し、日本だけ精神障害が流行しているということもないため、国際的に批判の的となっているのが実情である。さらにALOS(平均入院日数)は、日本では298日であり、OECD平均の36日からは大きくかけ離れている(2011年)。日本では入院するような病気を抱えていないままに、病院から地域に出られない人々が大勢存在するということである。引き取る親族がいないため40年もの間入院し、東日本大震災の福島第一原子力発電所事故で、病院の被災と避難を契機に、ようやく退院し、地域移行できたという男性もいるようだ。
2002年(平成14年)に、精神病床数を10年をかけて半減しようとしたが、病床を空けることができても、病院側の収入が減ってしまい、新たな病人で入院ベットを埋めてしまったため、解消を達成出来ず、2014年(平成26年)には、精神科病棟の一部を居住施設へと転換するという構想が持ち上がったため、精神障害者や障害者支援団体から「新たな患者の囲い込みである」との批判を受けている。


■日本の心理療法の実情


 厚生労働省は2011年に、地域医療の基本方針となる医療計画に盛り込むべき疾病として指定してきたがん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病の四大疾病に、新たに精神疾患を加えて「五大疾病」とする方針を決めた。
コロナ禍などにより増加傾向にある精神疾患患者数に対し、心理療法を提供できる心理士が、OECDの平均では人口10万人あたり26人に対し、日本は人口10万人あたり5人しかいない。
 このような背景があってか、治療を受けるのに2,3か月待たなければならない病院が殆どとなっている。


■精神疾患の今後


 日本の五大疾病の一つである精神疾患の患者数を減らすためには、心理士の増員 及び 心理療法を手軽に受けられる環境づくり、心の落ち込みを早期に発見し予防医療としてアプローチすることが鍵になる。
 一つ目に心理士の増員にあたり問題となるのが、実務の少なさである。精神科や心療内科で働くことのできる心理士は所有資格が限られており、民間施設やインターネットでの講座を受けて資格を取得した者が勤められる場所は少ない。
 二つ目に心理療法を手軽に受けられる環境づくりにあたり問題となるのは、価格にある。一度のカウンセリングを受ける際の料金は1回50分のセッションで¥5,000∼¥20,000であることが多い。カウンセリングは複数回通う必要があるのにも関わらず1回のカウンセリング料金が高額であることに加え、精神疾患を患っている人は休職をしている場合が多く、収入がないという現実がさらに足を重くさせる。
 三つ目にカウンセリングを受けるためには初診では2,3か月の予約待ちを強いられ、必要な時にカウンセリングを受けられないことが殆どである。そういった要因が精神疾患患者数、自殺者数の増加に拍車を掛けているのではないか。


■今までに類を見ないメンタルヘルスケアサービス


 上記の三点を改善するために作られたのが、20歳の若手起業家が創設した【お客様とカウンセラー様をつなぐマッチングアプリ Bloste/ブロステ】(以下、Bloste)である。
 実務の少なさという点を、マッチングアプリ化することでカウンセラーであれば誰でも仕事を受けることが出来るようになっている。加えて心理系学科所属の学生やカウンセラー養成スクールに通う方も対象となり、“学生カウンセラー”として実務経験の場も提供している。
 価格の点においても、サービス内の規定により「∼¥4,999迄」と定められているため、従来の ¥5,000∼¥20,000 という価格帯に対し、圧倒的に安価でカウンセリングを受けることができる。
 予約待ちでカウンセリングを受けられないといった点には、対面、非対面の2つのカウンセリング形態により、様々な日程・時間帯での柔軟な対応も可能にした。
 安価で即日予約が可能となったことで、カウンセリングサービスがより身近となり、受診者が増える。そういったことから世間のメンタルヘルスケアに対する意識も変わり、精神疾患患者数や自殺者数を減らせるのではないかと考えられるだろう。


■お客様とカウンセラー様をつなぐマッチングアプリ【Bloste/ブロステ】


 Blosteは、代表がうつ病を患い精神科を受診したことをきっかけに、実際に感じた数々の問題点を改善するために立ち上げられたサービスである。
 従来の常識を覆したこのサービスは大きく注目され、某世界的雑誌にも近日取り上げられる予定だ。
_________________________________________________
◆Blosteの特徴
∼ 即日取れるカウンセリング予約 ∼
・最短「1時間後∼」カウンセリングの予約が可能
∼ 安価でカウンセリングが受けられる ∼
・カウンセリング価格は¥1,500∼¥4,999迄(カウンセラーにより異なる)
∼ 2つのカウンセリング形態 ∼
・非対面カウンセリングの場合は通話で、対面カウンセリングの場合は、街のカフェや私有のカウンセリングルームにて行われる
∼ 経験豊富なカウンセラーの中から自分に合った相手を選べる ∼
・マッチングシステムを活用し、自分に合ったカウンセラーを自分の目で見て選ぶことができる
_________________________________________________


Bloste WEBアプリはこちら : https://bloste.net



Instagram投稿 :
https://www.instagram.com/p/CK_KPe9gzn5/



Instagram投稿 :
https://www.instagram.com/p/CKdzI34AloG/


ホーム | Hello! カウンセラー様用ページ : https://blostecounseling.wixsite.com/nycl


ホーム | Hello! お客様用ページ : https://blostecounseling.wixsite.com/website




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング