―20代・30代女性のメーキャップに関する意識調査―

@Press / 2012年1月23日 12時0分

グラフ[1]
株式会社 資生堂は、20代・30代女性のメーキャップに関する意識調査を実施いたしました。

【調査結果のまとめ】

1.メーキャップのお手本モデルは“お友達”が圧倒的
  身近な知人や友人の『等身大メーク』を参考に!

 メーキャップは時代を象徴するもののひとつ。以前はCMに登場するタレントと同じメーキャップが流行し、女性はこぞって真似をしたものですが、最近は変わりつつあるようです。タレントやモデル等、有名人のメーキャップで参考にしているのはあくまで商品の使用イメージ。実際は、身近な友人を『お友達モデル』として、メーキャップの参考にしていることが、調査からわかりました。アンケートでは、自身と近い存在である友人の『等身大メーク』を応用するという回答が、多数あがっています。

Q.あなたがメーキャップをする際、どのような情報を参考にしますか。参考にしたことがあるものをお選びください。(複数回答)
グラフ[1](最上段): http://www.atpress.ne.jp/releases/24738/X_1.jpg


2.自分の顔にコンプレックスを持つ人は、なんと9割以上!
  にもかかわらず、悩みをカバーするメーキャップを知らない人は8割以上に。

 多くの女性が、日々コンプレックスを感じながらも自分では補えず、同じメーキャップに落ち着いてしまっている、“マンネリメーク”の現状が浮き彫りに。
 コンプレックスをカバーする、もしくは生かすなど、悩みを抱えつつも、メーキャップで解決できていない女性がほとんどであることがわかりました。


3.シーン別にメーキャップを変えたいと思う人は8割以上!
  女性たちはメーキャップのバリエーションを求めている。

 シーン別にメーキャップを変えるべきという回答が圧倒的。パーティー・合コンなど、シーンにあわせてメーキャップを変えることによって“気分をあげる”という回答からも、女性はメーキャップのバリエーションを求めていることがわかりました。



【調査結果詳細】

1.女性がメーキャップのお手本にするのは、“お友達モデル”
  身近な知人や友人の等身大メークを参考に!
  一方、モデルやタレントのメーキャップから得るものは、『商品のイメージ』。

 「メーキャップをする際、どのような情報を参考にするか」を尋ねたところ、「雑誌(モデルや女優など)」(全体35.0%)や「店頭からの情報」(全体30.2%)などを抑え、最も多い回答が「化粧の上手な友人、知人など身近な人」(全体42.8%)となりました。(グラフ[1]参照)

@Press

トピックスRSS

ランキング