SRS Labs社、PC向オーディオチューニング&強化ソリューションを新たに導入

@Press / 2012年1月12日 16時30分

2012年1月10日米国カリフォルニア州サンタアナ発 - サラウンド、オーディオおよび音声ポストプロセシング技術で業界をリードするSRS Labs, Inc.(以下「SRS」) http://www.srslabs.jp は、PC向先進オーディオパフォーマンス強化用新ソリューション、SRS Premium Sound 3D(TM)導入を本日付で発表しました。複数の最新空間レンダリング技術を初めて応用したPC用オーディオソリューション、SRS Premium Sound 3Dは、サウンドトラックに含まれる左右の広がり感、奥行き感、上下感といった空間情報を正確に再生し、驚くほどリアルな立体的音響感を提供します。

SRSのマーケティング担当シニアヴァイスプレジデント、Allen H. Gharapetian( http://srslabs.com/content.aspx?id=42 )は、次のように述べています。
「SRSのエンジニアリングチームは、製品機種毎のチューニング、あるいは、SRSのオーディオパフォーマンス強化技術がどのような音響効果をその製品にもたらすかなど、オーディオシステム設計に関する専門的な助言を提供していますが、これ以外にも世界中のPCメーカーがSRSオーディオ技術を選択する理由はたくさんあります。例えば、この新オーディオソリューション、SRS Premium Sound 3Dをご採用いただくことで、PCのOEMメーカーは簡便に搭載していただけるだけでなく、その製品システムに合わせた簡単なチューニングにより最大限の高品位なオーディオパフォーマンスを引き出していただけます。また、エンドユーザーは、お好みにあわせたオーディオ体験をPCでカスタマイズしていただけます」

SRSのEQ技術およびオーディオ強化ソシューションを複数採用したSRS Premium Sound 3Dは、SRSが今までに開発したPC用オーディオプロセシングソリューションの中で、最もパワフルな音響効果を発揮します。その主な特徴は以下の通りです:

・録音コンテンツに含まれる左右の広がり感、奥行き感、上下感を正確に再生し、広がり感のあるサラウンド空間を生成する空間レンダリング技術を採用
・圧縮オーディオファイルからクリアなサウンドを復元
・スピーカーパフォーマンスを最大限引き出し、大音量を提供
・奥行き感ある、豊かな重低音
・あらゆる周波数帯で原音に忠実な音声再生
・悩ましい音量変動を解消し、一定音量を提供
・使い勝手を追求した直感的なGUIの採用

@Press

トピックスRSS

ランキング