筑波大学が、学生が開発したライフログアプリ「REAL10」を公開~BIGLOBEが教育プロジェクトを支援し、「BIGLOBEクラウドホスティング」を提供~

@Press / 2012年1月19日 11時15分

“リア充爆発しろ!”ボタン
BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2012/01/120119-a


 筑波大学(所在地:茨城県つくば市、学長:山田 信博)は、企業との連携教育プロジェクト「大規模情報コンテンツ時代の高度ICT専門職業人育成(以下 大規模コンテンツプロジェクト)」(注1)において、学生が開発したスマートフォン向けライフログアプリ「REAL10(リアジュー)」を、本日Android Marketにて公開いたします(URL: https://market.android.com/details?id=ip.tfk.real10 )。本プロジェクトでは、大規模情報コンテンツの1つであるライフログをテーマとした研究を行っており、「REAL10」は、本プロジェクトが一般向けに提供する初めてのサービスです。NECビッグローブ(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:古関 義幸、以下 BIGLOBE)では、研究開発の基盤として「BIGLOBEクラウドホスティング」を提供し、本プロジェクトを支援しています。

 このたび提供する「REAL10」は、日々の活動を記録できる大学生向けのライフログアプリケーションです。記録した行動を手軽に振り返ることができる機能や、友人の行動に対して感じた「うらやましい」という気持ちを、タップすることで手軽に表現できる“リア充爆発しろ!”(注2)ボタンなどを提供します。自身の活動を振り返り、学生生活を充実させるために活用できるほか、友人の反応などを楽しみながら記録を続けることが可能です。


 「REAL10」の特長は以下の通りです。

1.10カテゴリーから行動を選択するだけで、簡単に記録できる
 日時を設定し、あらかじめ設定された10カテゴリー(勉学、サークル、飲み会、バイト、旅行、趣味、遊び、彼氏/彼女、友人、家族)から、行動を選択するだけで、簡単に記録できる。また、コメントの入力も可能で、特に大切なイベントや、残しておきたい思い出を記録することもできる。

2.アバターで自分の行動を視覚的に振り返ることができる
 記録した行動カテゴリーを外見(色や姿)に反映したアバターを提供。記録した10カテゴリーの比率が色で示されるため、自分がどんな活動に時間を割いてきたかがひとめで分かる。また、「単位欲しい遊び人リア充」「伝説のラブラブリア充」など、行動パターンに応じた称号を提供。時系列やカテゴリーによって行動を振り返ることもできる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング