節電時代にどこでも置ける電気の瞬間湯沸器「アクアチェンジ500」誕生!

@Press / 2012年1月18日 10時30分

アクアチェンジ500 本体
節電・省エネ商品の開発・販売を行う株式会社eシンク(所在地:京都市、代表取締役社長:田村 厚児)はこの度、業界初となる節電コンパクト電気瞬間湯沸器「アクアチェンジ500」の本格的な発売を開始いたします。

「アクアチェンジ500」は、熱交換式回路により、温水器のようなタンクにお湯を貯めるのでは無く、コンパクトな160リットルの熱源タンクのお湯で瞬間的にお湯を沸かすことを可能としました。その結果、“省スペース設計”と“ハイパワー”の両方を実現しました。
今まで、温水器やエコキュートなどの大きなタンクや室外機が置けなくて電化をあきらめていた狭小住宅やマンション・商業施設や地下の業務用厨房等に最適な画期的な節電商品です。

URL: http://www.eco-ethink.co.jp/


■電気瞬間湯沸器【アクアチェンジ500】とは
電気瞬間湯沸器「アクアチェンジ500」は、水(アクア)からお湯に瞬間で変わるという意味で“チェンジ”と、160リットルのタンクでありながら“500リットル”のお湯を出すパワーがあることからネーミングされました。

内部には貯湯タンクでは無く、熱源タンクがあり、そのお湯で瞬間的にお湯を作るという安全、コンパクト、経済的な電気瞬間湯沸器です。(特許出願中)
節電機能と画期的な省スペースなのにハイパワーを実現し、従来品が抱えていた問題点をクリアしたマンション・狭小住宅に対応したガス瞬間湯沸器と簡単に取り替えられる画期的なエコ商品です。


■【アクアチェンジ500】が求められる背景
ここ数年、地球環境への意識の高まりから給湯器に関しても、安全でCO2も熱も出さない電気給湯器が注目されておりました。さらに、3月11日の震災以降においては、電気供給への不安定から電気機器に関して節電意識の高い商品が求められています。
ところが既に普及している電気給湯器は、“大型タンクや室外機が置けない”、“タンク内のヘドロや湯切れ”、“室外機の騒音”等の問題あり、コストに置いては設置工事が必要な面から“費用”もかかりました。また、小型タイプについても、“パワー不足”という問題点がありました。そうした問題点をクリアしたのが「アクアチェンジ500」です。

全国には約4,900万世帯があり、そのうち約3,000万世帯がCO2を出すガス給湯器を使用しています。古くなったガス給湯器が年間350万台取り換えられている中、簡単にガス給湯器と入れ替えられる地球に優しく高齢化社会にも適した「アクアチェンジ500」は時代が求める商品となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング