EMCジャパンとノーチラス・テクノロジーズ、「Enterprise Hadoop」開発運用ソリューションで協業を発表

@Press / 2012年1月19日 10時30分

2012年1月19日、東京発:
EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修、URL: http://japan.emc.com/ )と、株式会社ノーチラス・テクノロジーズ(略称:ノーチラス・テクノロジーズ、本社:福岡県福岡市、代表取締社長:最首 英裕、URL: http://www.nautilus-technologies.com/ )は、ミッション・クリティカルなエンタープライズ領域での分散処理技術Hadoop*1活用を促進するため、「Enterprise Hadoop(エンタープライズ・ハドゥープ)」開発運用ソリューション*2の提供における協業を発表しました。

このたびの協業で、両社は、EMCジャパンの「Greenplum HD Enterprise Edition(グリーンプラム・エイチ・ディ・エンタープライズ・エディション):以下、Greenplum HD EE*3」と、ノーチラス・テクノロジーズの基幹バッチシステム開発向けHadoop活用フレームワーク「Asakusa Framework(アサクサ・フレームワーク)*4」を組み合わせた「Enterprise Hadoop」開発運用ソリューションを販売し、両社の主要なパートナーからお客様へ提供します。「Greenplum HD EE」は、Apache Hadoopと100% APIの互換性を保ちつつ、内部実装をアーキテクチャ・レベルで再設計・再構築し、ハードウェアの能力を限界まで引き出すことができる製品です。一方「Asakusa Framework」は、Hadoopの並列・分散基盤におけるアプリケーションの開発生産性の向上と容易な運用を実現する製品です。両製品を組み合わせることにより、Hadoopの並列・分散処理技術をエンタープライズ領域でより適用しやすくし、かつミッション・クリティカルな基幹系バッチ処理の高速化を実現します。

「Enterprise Hadoop」開発運用ソリューションを適用することにより、技術者の確保や複雑な運用に煩わされることなく、短期間でエンタープライズ向けのHadoop環境を導入することができます。その結果、圧倒的なバッチ処理時間短縮によるビジネスプロセスの変革が可能となり、ユーザー企業の生産性向上を実現します。

今後は、両社で、本開発運用ソリューションを提供するパートナーのエコシステム拡大および、パートナーへのトレーニング提供、「Asakusa Framework」上で稼働する業務ソリューションの拡充を推進します。

@Press

トピックスRSS

ランキング