サイレックス・テクノロジー、Multicast Video Distribution Systemの新製品を発売

@Press / 2012年1月25日 11時0分

サイレックス・テクノロジー株式会社(本社:京都府精華町、代表執行役社長:河野 剛士、以下 サイレックス)は、有線/無線LANを利用して、複数のディスプレイやスピーカに対して同時に映像と音声をリアルタイムに配信することができるMulticast Video Distribution System(以下 MVDS)の新製品として『MVDS X-5T(送信機)/MVDS X-5R(受信機)』を1月27日より発売いたします。


◆主な特徴
【フルHDに対応】
1920x1080の高解像度に対応しており、高精細な情報表示が可能です。

【高速無線LAN IEEE 802.11a/b/g/nに対応】
最大300Mbpsの高速無線LAN IEEE 802.11a/b/g/nに対応しており、データサイズが大きなフルHDのコンテンツも無線で安定して表示することができます。

【受信機単体でコンテンツを再生可能】
受信機にコンテンツ再生機能(ストア&プレイ機能)が新たに追加され、送信機がなくてもコンテンツを表示することができます。また、従来通り送信機から同じ映像をマルチキャスト配信することも併用できるので、場所や時間に合わせて自由にコンテンツを切り替えて運用できます。

【コンテンツ管理が容易】
専用のコンテンツ配信ソフトウェア「Media Transporter」を使うことで、スケジュール化されたコンテンツをネットワークを通して簡単に配信することができます。

【各端末の状態を一括管理】
設定・管理ソフトウェア「MVDS Manager」を利用すれば、導入時の設定から運用管理までを容易に行うことができ、遠隔からでも各端末の状態を監視することができます。

【小型、軽量、省電力】
従来製品に比べ体積で約75%、重量で約40%と大幅に小型、軽量化いたしました。
消費電力は最大10Wと環境にもやさしい製品です。

サイレックスは、本製品を流通、製造、医療、文教、オフィスなど、今後更なる成長が見込まれるデジタルサイネージ(情報表示)市場で、容易に情報表示を実現できるソリューションとして拡販していきます。


◆Multicast Video Distribution System『MVDS X-5T(送信機)』/『MVDS X-5R(受信機)』

・ビデオインタフェース:DVI-I

・対応解像度:1080pまで

・フレームレート:最大30fps

・無線インタフェース:IEEE 802.11a/b/g/n(silex製無線LANモジュールSX-PCEANを使用)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング