SaaS型会計システム「CIERTO(TM)/Fin」を提供開始~ IFRS対応にかかるシステム運用負荷を削減 ~

@Press / 2012年1月25日 10時0分

 関電システムソリューションズ株式会社(代表取締役社長:田村 和豊、本社:大阪市北区、以下 KS-SOL)は、KS-SOLクラウドソリューションのラインナップとして、エス・エス・ジェイ株式会社(代表取締役社長:大江 由紀夫、本社:東京都品川区、以下 SSJ)が提供する経営基盤ソリューション「SuperStream-NX(以下NX)」のSaaS型サービス「CIERTO(TM)/Fin」を、2012年2月から提供開始します。

 経営環境が厳しさを増すなか迅速な経営判断やコスト削減が企業の成長には欠かせません。また、IFRSなどの法制度への確実な対応が求められています。
 「CIERTO(TM)/Fin」は、これらの課題を解決するためクラウドならではの柔軟なサービス体系に加え、アドオンにより多様な企業ニーズに対応することが可能です。
 また、IFRS適用により発生することが予想されるシステムのバージョンアップや、データの定期バックアップなど様々なシステム運用負荷を削減し、より戦略的な業務へのシフトを支援するサービスです。

【「CIERTO(TM)/Fin」の概要】
<クラウドによる運用負荷の削減>
 ・IFRSの対応にともなうシステムのバージョンアップ作業等の運用負荷から解放され、常に最新のシステムを利用することが可能です。
 ・最小5ユーザから1ユーザ単位で追加が可能。様々な企業の利用形態に対応できます。
 ・ユーザの追加によるハードウェアの拡張も意識する必要はありません。

<企業のニーズに柔軟に対応>
 ・「CIERTO(TM)/Fin」は、企業毎にシステム環境を分離することで、セキュリティ面のみならず、アドオンをはじめとした企業のニーズに柔軟に対応することが可能です。
 ・財務会計・管理会計のみをご提供するGL(General Ledger:一般会計)プランのほか、支払管理・債券管理・経費精算などNXの全ての機能をサービスとして提供するプランもございます。

<事業継続をサポート>
 ・堅牢なKS-SOLデータセンター内のクラウド環境を利用することで、セキュリティ(機密性・完全性・可用性)を確保し、事業継続をサポートします。

 KS-SOLでは、クラウドソリューションのSaaS型サービスの第1弾として「CIERTO(TM)/Fin」の提供を開始し、今後も、企業の多様なニーズに迅速に対応する「KS-SOLクラウドソリューション」のラインナップを拡充してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング