“新機能 人の行動力をアップさせる機能を搭載”新製品「LanScope Cat7」を2012年4月23日に発売開始-人の行動を「生産」「効率」「セキュリティ」で分析できるサテライト機能-

@Press / 2012年2月3日 13時30分

「LanScope Cat7」サテライト画面
エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役:高橋 慎介、以下 MOTEX)は、ネットワークセキュリティで7年連続トップシェアの「LanScope Cat」の新製品「LanScope Cat7」を開発完了し発売を開始します。

新製品の「LanScope Cat7」は、大好評のセキュリティ機能・資産管理機能にプラスして、新たに「人のID」を管理する機能がつきました。これにより、1人1台PCの時代から複数台のマルチデバイスの時代に対応します。さらに、IT資産管理に加え、人の行動を「生産」「効率」「セキュリティ」で管理できる新たなレポート機能「サテライト」を搭載し2012年4月23日販売開始します。

近年、スマートフォンやタブレット端末の普及により、多様化するデバイスやワークスタイルに対応できるマネジメントが求められています。企業内でのPC利用に加え外出先や在宅勤務でのモバイルデバイスの利用が増えた今、導入したIT機器は資産としての管理だけでなく、IT機器を使用する人の管理として利用状況の把握や投資対効果の可視化を行う必要があります。

そのような課題に対しMOTEXは、IT機器の資産管理と利用する人の行動を「生産」「効率」「セキュリティ」から分析できるレポート機能「サテライト」を開発完了し、「LanScope Cat7」に搭載することが決定しました。これによって、マネジメントに必要な情報を把握し、的確な判断・指示を行えます。
さらに、2012年5月リリース予定のモバイルデバイス管理サービス「LanScope An」と「LanScope Cat7」を組み合わせることにより、モバイルデバイスからPCまでIT機器の資産情報や操作履歴を一元管理でき、企業の戦略ツールとしてIT機器を活用できます。
また、新製品は、2月28日から開催されるCloud Days2012 Tokyo/Osaka両会場での展示を行います。


■「LanScope An」「LanScope Cat7」Webサイト
「LanScope An」「LanScope Cat7」製品コンセプト・製品情報を掲載しています。
http://www.motex.co.jp/special/NewProducts_Concept.html


■「LanScope Cat7」Ver7.0.0.0の特長
1:人の行動を「生産」「効率」「セキュリティ」で分析できるレポート機能「サテライト」
Metro UIのインターフェイスを採用した使いやすいポータル画面で、利用者にあわせて知りたい情報を表示。Catで取得したPCの操作履歴から、PCやサーバの利用傾向や残業状況、ファイルの作成状況を経営者や部門の責任者、システム管理者といった立場に合わせてレポーティング。人の行動からマネジメントに必要な情報を把握できるので、的確な判断・指示が可能になります。
【サテライト画面】 http://www.atpress.ne.jp/releases/25238/a_1.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング