システムディ、『契約書作成・管理システム』の販売を開始

@Press / 2012年2月6日 12時0分

特定業種、特定業務向けにパッケージシステムを開発販売する株式会社システムディ(所在地:京都市中京区、代表者:堂山 道生、以下:システムディ)は、『契約書作成・管理システム』の販売を2012年2月6日(月)から開始します。

『契約書作成・管理システム』は、企業や各種団体等における契約書の作成・管理業務を強力に支援するシステムで、ワープロや文書管理システムでの運用に比べ、事務作業を大幅に効率化します。

契約書の作成・編集機能では、変更前後の差分を表示する新旧対照表自動作成、条項の追加・削除に伴う番号自動再付番と影響の出る引用箇所のハイライト表示、契約者名や金額・件名などの汎用変更箇所のマーカー表示、表記ゆれ防止チェック機能、付属書類データのリンク添付など。管理機能では、各所に分散しがちな契約書データの一元管理、各種雛型や締結文書、改訂に伴う新旧歴代文書の体系管理、契約更新時期のアラート発信など。また、Web上での公開・非公開の設定や全契約文書を対象とした一括検索などの多彩な機能も装備し、Webシステムの特長を生かして本支店間、部署間などの連携運用でも効果を発揮いたします。


■『契約書作成・管理システム』の特徴
<作成・編集機能>
・契約先との折衝など便利なワードデータ(RTF)での入出力と明示
・RTFデータ入出力は、折衝等による契約文章の変更履歴記録も取り込み
・条項の追加・削除に応じて、条項番号を自動で再付番
・条項番号の変更に応じ、各契約書の本文内に引用された条項番号部分をハイライト表示し、修正を喚起
・現行版と改訂版、現行版と旧版、雛型と各締結版などの差異を表示した新旧対照表を自動作成
・自社と相手方の同種契約書の同種条項を左右に対比表示させての変更案作成
・契約者名、締結日付、契約金額など、汎用的な変更箇所をマーカー表示
・[及び]と[および]など、発生しがちな“表記ゆれ用語”の防止
・本文中の任意の箇所へのワープロや表、画像などのファイルをリンク添付
・本文内の文字列への関連契約書や各種Webサイトのリンク設定

<データ管理機能>
・各所に散逸しがちな契約書データを一元的に管理し、契約書種別などで体系的に表示
・改訂に伴う新版、旧版、旧々版などの歴代データを管理
・複数キーワードで全文書を一括検索・置換
・契約文書ごとに所管部署や担当者の操作権限レベルを設定可能
・契約期限や更新時期の予報アラートを契約書ごとに設定可能

<Web公開・閲覧機能>
・体系別、名称50音別での契約文書のWeb公開(各所への契約書データの供給)
・日時を指定し、Webサイトでの自動公開が設定可能
・公開された全契約書の全文書を一括してキーワード検索し該当文書を抽出表示

■提供開始時期
2012年2月6日(月)

■販売価格
価格:オープン


【会社概要】
名称  : 株式会社システムディ(JASDAQ:証券コード3804)
所在地 : 京都市中京区烏丸通り三条上る
設立  : 1982年4月28日
資本金 : 4億8,426万円(2011年10月31日現在)
従業員数: 142名
代表者 : 代表取締役 堂山 道生
TEL   : 075-256-7777(代)
URL   : http://www.systemd.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング