ラングリッチ、助けあいジャパン、Lang-8が連携東日本大震災一周年『#311fromjapan』プロジェクトSNSを使用し日本の今を世界に向けて英語で発信

@Press / 2012年2月10日 17時30分

オンライン英会話のラングリッチを運営する株式会社アイデアインターフェイス(代表者:丸山 要平、占部 友春、大竹 智也、所在地:兵庫県)は、一般社団法人 助けあいジャパン(代表理事:佐藤 尚之、所在地:東京都)、株式会社Lang-8(代表者:喜 洋洋、所在地:京都府)の協力のもと、東日本大震災から1年となる2012年3月11日に向けて、SNS・ソーシャルメディアを活用した情報発信サービス『#311fromjapan』を2月11日より開始致します。

『#311fromjapan』特設サイトURL: http://311.langrich.com/


『#311fromjapan』は、国内外における東日本大震災への関心の向上を目的としています。3団体がそれぞれの特性を活かして、日本から海外に向けた震災に関する英語での情報発信の場を提供し、サポートするプロジェクトです。

プラットフォームの1つとして、ユーザー同士で添削を行い言語の学習をする、相互添削型SNSのLang-8を活用します。Lang-8ユーザーから投稿された震災に関する英文の中から選定されたものを、オンライン英会話スクールのラングリッチに所属する英会話講師がチェックし、『#311fromjapan』プロジェクトの特設サイト及び、東日本大震災直後から震災関連情報の発信を行っている助けあいジャパンの英語版ウェブサイトにて公開いたします。

更に3月11日付近には、アクティブユーザー数が1億人を超えるTwitterにてハッシュタグ「#311fromjapan」をつけた英語・日本語でのツイートを促し、より気軽で広範囲な情報発信を促進します。また、ハッシュタグがついた英語ツイートの一部は、特設サイトに集約されます。ハッシュタグ「#311fromjapan」は、2011年3月11日にTwitter上でトレンドとなった世界中からのメッセージ「#prayforjapan」への応答という形をとっています。

ラングリッチは、オンライン英会話サービスの提供を通じて日本人の国際感覚を涵養することを理念としています。特設サイトの設置により、日本人が英語で積極的に発信する場をご提供できれば大変幸いです。

ラングリッチはフィリピンのセブ島を拠点に活動しているため、同プロジェクトに届いたフィリピン政府関係者やフィリピン人の英会話講師からのメッセージも随時公開いたします。また、ウェブサイトに掲載された英文はラングリッチの英語学習教材として使用しプロジェクト期間終了後も活用することで、人々の震災への関心を持続させます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング