SRS・ラボズ・ジャパン社、ゲームプラットフォーム用FMOD、SRS 5.1 Surround Soundを採用 

@Press / 2012年2月10日 17時30分

2012年2月9日東京発 - サラウンド、オーディオおよび音声ポストプロセシング技術で業界をリードするSRS Labs, Inc.(以下「SRS」)の日本法人SRS・ラボズ・ジャパン株式会社( http://www.srslabs.jp )は、PC(Mac含む)プラットフォーム用オーディオミドルソリューションFMODへのSRSのオーディオエンコーディング技術SRS 5.1(TM) Surround Sound採用を本日付で発表しました。
これによりSRS 5.1 Surround Soundの対応機能を組み込んだ、現在数多くのベストセラーゲームで広く採用されている革新的なオーディオエンジンFMOD Ex APIを採用していただける体制が整ったことになります。

SRSのマーケティング担当シニアヴァイスプレジデント、Allen H. Gharapetianは、次のように述べています。
「1980年代初頭、民生用コンピューティングシステムが初めて導入されて以来、ほぼ30年間の改良年月を経てPCゲームは、飛躍的な発展を遂げてきました。その結果、PCは、いまや最も広く人々に利用されているというだけでなく、最もパワフルなゲーム用プラットフォームとなっています。一体感をもってゲームを楽しむ上で、サウンドは映像と同程度に重要な要素であることは誰も異論のないところです。今回SRSの高い有効性・信頼性を誇るサラウンドサウンドオーディオ技術SRS 5.1が、FMODへの組込みが可能になったことは喜ばしい限りです。これにより、SRS 5.1が実現する高品位なサラウンド再生能力を備えたFMODの人気の高いAPIを、ゲーム開発者はご採用いただくことができます。」

SRS 5.1( http://www.srslabs.jp/content.aspx?id=4739 )は、高音質サラウンドサウンドでエンコードされたストリーミングコンテンツの制作・配信、そしてあらゆるデバイスでの再生をサポートします。
FMOD Ex APIをご採用いただくことで、ゲーム開発者はSRSの高性能サラウンドサウンドオーディオエンコーディングエンジンを自動的に享受できますので、音に包み込まれるような臨場感あふれるサラウンドサウンド再生を簡便に実現していただけます。
また、SRS 5.1のサラウンド方式でエンコードされたコンテンツをデコードする機能をすでに備えたSRS Premium Sound(TM)、SRS Audio Essentials(TM)などのSRSソリューションが何百万というPCが現在、広く市場に出回っていることもご採用いたく上での利点としてご検討いただけます。

@Press

トピックスRSS

ランキング