「Fan+(ファンプラス)」の「談志市場」で、立川談志が落語論を語る新シリーズ「談志の楽屋@クラウド」2月10日、刊行開始!~事務所や家族がアーカイブしてきた貴重な秘蔵映像が続々!~

@Press / 2012年2月10日 15時0分

談志の楽屋@クラウド 創刊第1号表紙
NTTプライム・スクウェア株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:中山 俊樹)が運営するデジタルコンテンツ配信サービス「Fan+(ファンプラス)」( http://fanplus.jp/ )で展開中の談志信者&落語立川流ファン向けショップ「談志市場」( http://fanplus.jp/_danshiichiba_/ )(運営者:株式会社亜紀書房、所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:立川 勝得)は、2012年2月10日、クラウドBOOK新シリーズ「談志の楽屋@クラウド」を刊行開始いたします。

【「談志の楽屋@クラウド」シリーズについて】
本シリーズは、隔月10日発売となっており、立川談志が生前、楽屋や打ち上げ会場、移動中の車中など、時と場所を選ばず展開してきた落語論や芸論(いわゆる「楽屋噺(がくやばなし)」)に、分かりやすい解説を付け、ご紹介していきます。
談志は、「抱きしめてやりたいほど落語が愛おしい」と自ら語るほど、声を失う直前まで「落語」を愛し、「分解」し、新しい解釈や演じ方に挑戦しつづけてきました。本シリーズは、その舞台裏を秘蔵映像によって次世代へ伝えるシリーズとなっており、落語論・芸論・芸人論のほか、時には談志のチャーミングな一面にも迫ります。
事務所が忠実に記録し、大切にアーカイブしてきたからこそ実現できた、極めて貴重な立川談志の秘蔵映像の数々です。

談志の楽屋@クラウド 創刊第1号表紙画像
http://www.atpress.ne.jp/releases/25396/1_1.jpg
(C) 談志役場/亜紀書房


談志は亡くなる直前まで、落語家やその他の芸人はもとより、編集者を相手に、新聞記者を相手に、ときには入院先の医師や看護師、果ては警備員にいたるまで、じつに多くの人々に、落語に対する考え、若かりしころに見聞きした名人たちの芸や発言について語り、また書いてきました。独演会の楽屋や打ち上げ会場、行きつけのバー、自宅、移動中の車中、路上……と、時と場所も選びませんでした。

それらはオフィシャルなインタビューではなかったため、商品化されることはありませんでしたが、事務所や家族、編集者が個人的に記録してきた貴重な映像や音声が数多く残っています。談志自身もまた、伝統を現代に伝えること、そして自らの言動を記録することにこだわったため、録音や撮影には協力的でした。

「談志の落語@クラウド」シリーズでは、こうして残された膨大な映像を30~60分に編集し、テキストや写真による補足を加えながら、談志の落語論、芸論、仕事観、社会観、人生観をクラウドBOOKとして刊行していきます。
創刊第1話は談志落語の核心「イリュージョン落語論」です。

@Press

トピックスRSS

ランキング