エイチアイ、ドコモのMobile World Congress 2012展示向けAndroid(TM)アプリのコンテンツ制作に協力

@Press / 2012年2月27日 11時0分

情報ビジュアル表示アプリ_渋滞
株式会社エイチアイ(本社:目黒区東山、代表取締役社長:川端 一生、以下、エイチアイ)は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下、ドコモ)が2012年2月27日から3月1日までスペインのバルセロナで開催される、携帯電話・モバイル業界で世界最大級のイベントMobile World Congress 2012( http://www.mobileworldcongress.com/ )」(以下、MWC2012)にて展示を行う、Android向け「Infographics Application」のコンテンツ制作に協力したことを発表いたします。


Infographics Applicationは、天気や交通情報、イベント情報などの外部情報と、着信やメール受信などの端末情報をテキストではなく3Dグラフィックスによるビジュアル的な表現で情報提供が可能なAndroid OS向けデモアプリケーションです。
本アプリにおいてエイチアイは、長年培ってきたモバイル向けコンテンツ開発の技術とノウハウを活かし、コンテンツ制作全般を担当しました。本アプリの画像生成機能には、エイチアイの3D描画エンジン「マスコットカプセル イラプションST(MascotCapsule(R) eruptionST、以下、イラプションST)」を利用しています。Android環境上ではその構造の制約により描画速度が遅くなりがちな3Dグラフィックスも、イラプションSTがデータのコンパクト化と描画の高速化を実現し、美しく軽快な描画を可能にしています。


MWC2012のドコモブースでは、ヨーロッパをイメージした3Dグラフィックスの街並みに情報が提供されるデモをご覧いただけます。例えば、天気情報が街の天気として表示されたり、フラダンスをしている広場をタップするとイベント情報、掲示板のオブジェクトをタップすると新着ニュースが確認できたりなど、ユーザーが煩わしさを感じず直感的にかつ楽しく情報を取得することができます。
さらに、RPGゲームをイメージしたデザインでも情報提供が可能です。ゲーム風のデザインでは、魔法の練習をしている魔法使いをタップすると天気情報が確認でき、モンスターと勇者が戦う競技場をタップするとサッカー情報が確認できたりなど、エンターテインメントを交えた情報提供が可能になっています。
アプリデザインは、どなたでも自由にデザイン・開発が可能な仕様になっているため、ゲームやアニメ、映画などをイメージした世界に情報を提供することも可能になります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング