第1回「源平争乱 平家物語検定」申込締切せまる 壇ノ浦会場は、安徳天皇を祀る神社 赤間神宮 龍宮殿で開催!

@Press / 2012年2月16日 9時30分

日本が誇る芸術作品である平家物語に触れ、舞台となった土地を訪ね、その時代を生きた人物から何かを学びとることを提唱する、第1回「源平争乱 平家物語検定」を2012年3月18日(日)に開催します。会場は、東京・大阪の他、平家ゆかりの地である壇ノ浦(山口県)・椎葉村(宮崎県)の全国4箇所となります。企画・運営は日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:古屋 文明、略称:日販)と株式会社ハゴロモが担当致します。

第1回目は初級者向けの3級、中級者向けの2級を実施し、合格者にはそれぞれ合格認定証を発行します。

「源平争乱 平家物語検定」の特別協力には、平家の末裔が中心になり結成されている全国平家会、およびびNPO法人 原典「平家物語」を聴く会が名を連ねています。会場の1つである椎葉村は平家落人伝説の地であり、また壇ノ浦会場は安徳天皇を祀る平家ゆかりの神社、赤間神宮の龍宮殿( http://www.tiki.ne.jp/~akama-jingu/ )で実施され、歴史の息吹を感じながら受験することが可能になっています。

「源平争乱 平家物語検定」は書店店頭に設置される願書(郵便払込票)(設置書店リスト: http://www.kentei-uketsuke.com/gionshoja/popup/entry_store.html )もしくは日販が運営するWebサイト「検定、受け付けてます」上の公式サイト( http://www.kentei-uketsuke.com/gionshoja/ )にて申し込みを受け付けております。2月16日以後は各会場の定員に達し次第申込受付が終了致します。

日販は3月に「源平争乱 平家物語検定」のほか、「新選組検定」、「三国志検定」、「日本やきもの検定」と、計4つの歴史をテーマに扱った検定を運営致します。日販は今後も検定試験を通じて、歴史ファンに対するコンテンツ提供とともに、歴史ファンのコミュニティ活性化、及び全国の史跡、“ゆかりの地”の活性化を目指します。


◆第1回「源平争乱 平家物語検定」概要
試験名  :第1回源平争乱 平家物語検定
受験料  :3級 4,700円(税込)、2級 5,400円(税込)
      ※3級・2級併願割引:9,800円(税込)
試験日程 :2012年3月18日(日)
監修   :山下 宏明(名古屋大学名誉教授)
      大津 雄一(早稲田大学大学教育・総合科学学術院教授)
主催   :平家物語検定実行委員会
企画・運営:日本出版販売株式会社・株式会社ハゴロモ
特別協力 :全国平家会・NPO法人原典「平家物語」を聴く会
後援   :赤間神宮・宇久島観光協会・椎葉村・下関市 (五十音順)
開催都市 :東京・大阪・椎葉村・壇ノ浦(赤間神宮 龍宮殿)
受験資格 :平家物語を愛する方ならどなたでも、何級からでも受験可能です。
出題形式 :マークシート形式(4者択一方式)80問

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング