鼻づまりは大損?「クチがポカン」で魅力50%以上ダウン ~鼻づまりに関する意識調査~

@Press / 2012年2月16日 12時30分

「クチがポカンと開いていると・・・」
ネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアは、鼻づまりに関する意識調査を行い、その調査結果を発表致しました。
公開URL: http://release.center.jp/2012/02/1501.html

「クチがポカンと開いていると・・・」:
http://www.atpress.ne.jp/releases/25486/1_1.JPG


<調査結果>
今年もまもなく花粉飛散のピークがやってくる。花粉症で毎年鼻づまりとの戦いに苦慮している人も少なくないのではないだろうか。そこで、鼻づまりが仕事の効率や見た目の印象にどのように関与しているのか、株式会社アイシェアが調査を実施。20代から40代の有職者である男女1,086名から回答を得た。


■鼻づまりは仕事の敵?半数以上が「パフォーマンス70%未満」に
回答者に1年のうち鼻づまりを感じる期間がどのくらいあるか尋ねたところ、「2週間以上~1カ月未満(22.9%)」「1カ月以上~3カ月未満(20.8%)」「3カ月以上~6カ月未満(6.1%)」「6カ月以上~9カ月未満(2.8%)」「9カ月以上~1年未満(2.1%)」「1年中(7.8%)」を合わせた、実に62.5%もの人が2週間以上『鼻づまりを感じている』と回答。「ほとんどない(2週間未満)」は37.5%と少数派に。年代別で見てみると、2週間以上『鼻づまりを感じている』割合は20代で合計70.6%、30代で合計59.9%、40代で合計56.9%と、若い世代ほど高い実態が浮き彫りとなった。

また、1年のうち2週間以上『鼻づまりを感じている』当事者にその要因を尋ねたところ、「花粉症(70.3%)」が1位に(複数回答)。鼻づまりは花粉症患者が多い現代人ならではの症状であると言えそうだ。続いて、鼻づまりで困ることをすべて挙げてもらったところ「鼻呼吸できなくなる(68.9%)」が1位となった。なお、鼻づまりのとき“嫌だな”と感じるシチュエーションでは「仕事関係者と会って話す時(65.8%)」がトップとなっている(複数回答)。

では、通常時に仕事で発揮できるパフォーマンスを100%とした場合、鼻づまりの時はどれくらいになるのだろうか。尋ねたところ、合計55.5%が『70%未満』と回答。「100%」発揮できると回答した人はわずか1.0%に留まっている。鼻づまりで失敗したエピソードでも「お客様に対してお話しするときに息継ぎができなくて笑われたことがある」「仕事で取引先に電話をしたが、自分とは気付いてもらえなかった」など仕事への支障が複数挙がった(自由回答)。

@Press

トピックスRSS

ランキング