アトラシアン、ソーシャル機能を搭載した課題管理システム『JIRA 5』の販売を開始!

@Press / 2012年2月23日 9時30分

製品チーム向けコラボレーションソフトウェアのリーディングプロバイダー Atlassian Pty Ltd.(以下 アトラシアン、本社:豪州シドニー、CEO兼共同創業者:Scott Farquhar、Mike Cannon-Brookes)は、主力製品『JIRA』の最新バージョンである『JIRA 5』の販売を本日、開始いたしました。

『JIRA 5』ウェブサイト: http://atlss.in/jira5_japan

『JIRA 5』は人、アプリケーション、そしてアクティビティをつなぎ、ソフトウェア開発プロセスを加速させるソーシャルな製品開発プラットフォームを提供します。オンデマンド、オンプレミスの両方の形態で提供され、メンション(言及)、共有、そしてライブ アクティビティ ストリームなどの新しいソーシャル機能により、ユーザーはリアルタイムにディスカッションを行うことができます。

■Box、New Relic、Zendesk、Zephyrなど、30社以上のインテグレーションパートナーや100種類以上のアドオンが『JIRA』の新APIを活用
強化されたプラグイン APIや改善されたREST APIなどの『JIRA 5』プラットフォームを活用して、サードパーティであるソフトウェアベンダーは、『JIRA』との統合製品を容易に開発できます。
また、それらの統合製品は『JIRA』の今後のリリースとも互換性があるため、時間とコストの削減につながります。Box、Gliffy、New Relic、Zendesk、Zephyr、Salesforce.com、Tempo、GetSatisfactionなど、30社以上のインテグレーションパートナーが、『JIRA 5』互換のサードパーティ製品をリリースしています。
また、株式会社チェンジビジョンが提供する「JIRA Mindmap Planner for Astah」を含む、100種類以上の商用あるいは無料のプラグインもすでに利用可能となっています。

■アトラシアン社長 Jay Simonsの言葉
「『JIRA 5』はソフトウェア開発を次のプロセスへと進めます。今回新しく導入されたソーシャル機能により、リアルタイムなコミュニケーションが改善され、開発者、技術チーム、ビジネスユーザー、そして顧客など、ソフトウェア製品の開発に関わるほぼ全員のコラボレーションを促進します。強化された『JIRA 5』統合プラットフォームにより、たとえばSalesforce.com上の営業情報、Zendesk上のカスタマーサービス リクエストといった他のエンタープライズ製品における情報を『JIRA』と直接やりとりすることが可能になりました。『JIRA』の課題管理やワークフローエンジンと直接つながることにより、たくさんの製品チームに多くの情報が届きます。」

@Press

トピックスRSS

ランキング