1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

BSIジャパンは、ISMS-PIMS認証として国内のHR クラウドシステムベンダーで初めて(※)株式会社Works Human IntelligenceにISO/IEC 27701(プライバシー情報マネジメント)を認証

@Press / 2021年5月25日 10時0分

<代表取締役社長最高経営責任者(CEO)・安斎 富太郎様(写真中央)とプロジェクトメンバー>
BSIグループジャパン株式会社(所在地:横浜市西区みなとみらい、代表取締役社長:根本 英雄、以下「BSIジャパン」)は、株式会社Works Human Intelligence(所在地:東京都港区赤坂、代表取締役社長最高経営責任者(CEO):安斎 富太郎)に対し、ISO/IEC 27701(プライバシー情報マネジメント)を認証いたしました。
(※) 2021年5月25日現在ISMSのデータベースによる https://isms.jp/isms-pims/lst/ind/index.html

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/256007/LL_img_256007_1.jpg
<代表取締役社長最高経営責任者(CEO)・安斎 富太郎様(写真中央)とプロジェクトメンバー>

一般社団法人情報マネジメントシステム認定センターが2020年12月15日に「ISMS-PIMS認証に関する認定事業の開始のお知らせ」を発表する等、プライバシー情報マネジメントシステム(PIMS)は社会的に大きな注目を集めています。特にプライバシー情報が重要視されている昨今、これらの情報の保護の仕組みを構築することに注力する組織が多くなってきています。

ISO/IEC 27701を導入することで、組織が個人情報を管理する方法など、プライバシー保護に関するガイダンスを提供し、世界中のプライバシー規制の順守の仕組みを組み込み、実証することが可能になります。
主に下記の利点を享受できるようになります。

・個人情報の管理における信頼を構築する。
・利害関係者間の透明性を提供する。
・効果的なビジネス契約を促進する。
・役割及び責任を明確にする。
・プライバシー規制への準拠をサポートする。
・主要な情報セキュリティ規格ISO/IEC 27001と統合することで複雑さを軽減する。

また、BSIジャパンではISO/IEC 27701の構築・運用・認証取得に向けて、規格の目的や利点、要求事項などを学ぶ有料研修を実施しております。ご検討の組織様は、是非下記ウェブページにて詳細をご確認ください。


■「ISO/IEC 27701:2019 要求事項解説研修」の詳細・お申込みはこちら
https://www.bsigroup.com/ja-JP/iso-27701-privacy-information-management/iso-27701-training-courses/isoiec-277012019-requirements-training-course/

BSIジャパンは、ISO/IEC 27701:2019の審査機関として、引き続き認証の審査及びトレーニングコース、無料オンラインセミナーなど、様々な情報・サービスの提供により、お客様のビジネスに貢献してまいります。


■株式会社Works Human Intelligence
代表取締役社長最高経営責任者(CEO) 安斎 富太郎様 のコメント

・ISO/IEC 27701認証取得の目的
株式会社Works Human Intelligenceは、世界の潮流となっているプライバシー保護に対する取り組みを積極的かつ継続的に取り組むためのマネジメントシステムを切望していました。当社のお客様は、グローバルのご活躍される大企業が多く、GDPRを始めとしたグローバルにおけるプライバシー保護に対応することが求められており、当社はHRに関する製品・サービスを提供する企業として、自社はもとより、お客様をご支援したいと考えていました。今回、待ち望んでいたISMS-PIMS認証の認定制度の開始に合わせて、早期に取得することでお客様をご支援することを目的としています。

・ISO/IEC 27701構築による成果、工夫、苦労した点
プライバシーマークで構築したマネジメントシステムとGDPRで構築したマネジメントシステムを精査し、ISO/IEC 27701の管理策をベースにプライバシー情報マネジメントシステム(PIMS)構築で不十分な箇所を総点検し改善する機会になりました。また、PIMSを毎年見直すことで新たなグローバルでのデータプライバシー保護規制にも継続的に改善する機会となることは非常に有益です。

・認証機関にBSIを選んでいただいた理由、また審査の感想
当社は、ISO/IEC 27701が発行されたときから注目しており、日本では認定制度として始まり、審査機関としてBSIがいち早く取り組んでほしいと希望を伝えていました。そのような状況下で、日本では、ISMS-ACからBSIが認証機関として初めて認定を受け、迷いもなくBSIに審査を依頼しました。その際に、ISO/IEC 27701の教育コースを受講し、規格の全体像を把握でき、その後のPIMS構築に役立ちました。

・今後の活用について
日本も単に法律を守るだけではなく、グローバルな個人のプライバシーの権利を尊重することが今まで以上に重視されると思われます。グローバルのプライバシー法規制への対応は勿論、国内でのプライバシー意識を再確認させるツールとして今後も活用していきたいと考えております。


■株式会社Works Human Intelligenceについて
Works Human Intelligenceは大手法人向け統合人事システム「COMPANY(R)」の開発・販売・サポートの他、HR関連サービスの提供を行っています。「COMPANY(R)」は、人事管理、給与計算、勤怠管理、タレントマネジメント等人事にまつわる業務領域を広くカバーしており、約1,200法人グループへの導入実績を持つ、ERPパッケージ市場人事・給与業務分野シェアNo.1※ の製品です。
私たちは機密性の高い企業の人事情報を扱うクラウドシステムベンダーとして、クラウドセキュリティに対する取り組みをいち早く行っており、ISO 27017認証取得やお客様向けのGDPRホワイトペーパー発行等、グローバル展開されているお客様に対するご支援を積極的に行っています。
※ 2018年度ERPパッケージ市場 人事・給与業務分野:ベンダー別売上金額シェア出典:ITR「ITR Market View ERP市場 2020」
参照URL: https://www.works-hi.co.jp/


■BSI(英国規格協会)とBSIグループジャパン株式会社
BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、また、ISOの設立メンバーとして活動する規格策定のプロフェッショナルです。現在、193カ国で84,000組織以上のお客様の活動に貢献しています。BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO 9001(品質マネジメントシステム)、ISO 14001(環境マネジメントシステム)、ISO/IEC 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)などISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇ります。
BSIグループジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人です。マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供しています。マネジメントシステムの認証サービスに関しては、国内に約60社ある認証機関の中で、最も多くの規格の認証サービスを提供している認証機関の一つであり、数多くの規格の認証件数において国内No.1の実績を誇る、業界をリードする認証機関です。
参照URL: http://www.bsigroup.com/ja-JP/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング