ワイズテクノロジー、モバイルクラウドアプリおよびサービス分野でソフトバンクモバイルと戦略的業務提携を発表

@Press / 2012年2月22日 14時30分

カリフォルニア州サンノゼ、東京(日本)、上海(中国) - 2012年2月22日
クラウドクライアントコンピューティングのグローバルリーダーであるWyse Technologyは本日、デスクトップのリモートアクセスとマルチデバイスのコンテンツ管理システムをソフトバンクモバイルの顧客に提供する新サービスに向けて日本の先進的な携帯電話会社であるソフトバンクモバイル株式会社(以下 ソフトバンクモバイル)との業務提携を発表しました。上海で開催されたMobile World Asiaで発表されたこの度の業務提携により、Wyse PocketCloud Remote DesktopとWyse PocketCloud Explore製品を基盤とした消費者およびエンタープライズ向けサービスが本格的に実現することとなります。

今回の新規業務提携は、モバイルエンタープライズ市場とコンテンツ管理市場において、Wyse PocketCloudが世界的な市場勢力として躍進していることを示しています。ソフトバンクモバイルは、数々の受賞を受けたWyseのモバイルテクノロジーを新規サービスの軸として展開する予定であり、現在両社はソフトバンクモバイルの顧客向けに最先端のデスクトップのリモートアクセスとコンテンツ管理システムの提供に向けて協力体制を整えています。この新しい技術により、ユーザーはパーソナルクラウド環境を構築し、スマートフォンやタブレット端末から個人のデスクトップや職場のデスクトップ上のデータやアプリケーションに容易にアクセスできるようになります。

Wyse PocketCloud Remote DesktopとWyse PocketCloud Exploreは、アンドロイドマーケットで現在最も人気を集めるアプリケーションのひとつです。Wyse PocketCloudにより、モバイル機器はPCと同等の処理機能を持つこととなり、ユーザーは外出中でも自分のデスクトップやラップトップに安全にアクセスすることが出来ます。メディアへのアクセスや、Microsoft OfficeやApple iWorkといったアプリケーションで作業することも可能です。

Wyse PocketCloud Exploreは、複数のコンピュータにまたがるファイルの検索、閲覧、整理を可能とする包括的なモバイルアプリケーションです。他のモバイル機器上のファイルを含むあらゆる情報の検索を集中管理します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング