1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

横浜市中区「元町・中華街」駅より徒歩6分、総戸数197戸の分譲マンション【グランド・ガーラ横濱元町】2月25日より販売開始

@Press / 2012年2月23日 17時30分

外観
株式会社FJネクスト(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:肥田 幸春)は、分譲マンション「グランド・ガーラ横濱元町」(1K 197戸 1,890万円~)の販売[申込受付]を2月25日より開始いたします。


◆「元町ショッピングストリート」が生活圏のロケーション
グランド・ガーラ横濱元町から徒歩2分の距離にある「元町ショッピングストリート」は歴史とクラフトマンシップに培われた老舗やこだわりの名店が軒を並べる、横浜を代表するショッピングストリートです。
日用品の購入からファッション、グルメまで、日々の生活を豊かにする大小さまざまな店舗が溢れています。
また横浜中華街や山下公園、横浜スタジアム、外国人墓地といった横浜を代表するスポットにも近接。横浜の魅力を肌で感じることができる好ロケーションです。
マンション外観も、そんな異国情緒とハイソな街の雰囲気をそこなうことがないよう、伝統と現代をバランスよく共存させるデザインを施しました。


◆優れた耐震・耐久性。住むほどわかる安心構造
建物の耐震性を確保するために、基礎構造は杭基礎を採用。地下14~21mの支持層まで1,800~3,100mm(軸径)の杭を19本構築して建物を支えています。構造躯体を形成する鉄筋は、2重(ダブル)に組み上げました。シングルで組み上げていく場合に比べ、より高い耐久性を実現しました。
また、コンクリートかぶり厚を建築基準法に定められた数値より10mm厚くした数値で設計しました。外壁は耐久性に有効なタイル貼り仕上げとし、コンクリートの中性化や鉄筋の発錆といった劣化の進行を遅らせ、耐久性を高めています。
さらに、万が一の事態に備え、玄関ドアには耐震ドア枠を採用しており、地震のときでも避難路を確保できます。


◆柱・梁を少なくし、室内空間を有効利用
柱を室外に出すアウトフレーム工法を採用。室内側に柱型が出ないので、コーナーに家具が配置しやすく、空間を有効利用できます。また、サッシュ部分は、梁を屋外に出し、バルコニーの手すりと一体化させることで、高さ2.0mの逆梁ハイサッシュ工法により、採光・通風に優れた空間を実現しました。


<販売概要>
所在地   : 神奈川県横浜市中区山下町117番地1
交通    : 横浜高速鉄道みなとみらい線『元町・中華街』駅より徒歩6分
      : JR京浜東北線・根岸線『石川町』駅より徒歩6分
構造・規模 : 鉄筋コンクリート造 地上11階建
総戸数   : 197戸(住戸)
販売戸数  : 197戸
間取り   : 1K
専有面積  : 20.0m2
竣工    : 2012年2月下旬
ホームページ: http://www.gala-series.com/yokohama-motomachi/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

エントランス ホール マップ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング