日本経済の活性化に貢献する上場企業を顕彰する!第6回「IPO大賞」受賞企業決定 3月14日 東京赤坂にて表彰式を開催!

@Press / 2012年2月24日 16時0分

 ニュービジネスやベンチャー企業の振興と育成に寄与する一般社団法人関東ニュービジネス協議会(所在地:東京都港区赤坂、会長:池田 弘)は、株式の上場によって事業を発展させ、日本経済の活性化に貢献している、或いは牽引役となっている企業を顕彰し、その意義を世間に広報するために創設した「IPO大賞」の受賞社を以下のように決定しました。
 また、本大賞の表彰式&記念対談を、2012年3月14日(水)ANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区赤坂1-12-33、TEL. 03-3505-1111)にて18時より開催。一般参加者を募集します。


【第6回IPO大賞 受賞企業】
●グロース部門(株式上場4年経過した企業(2006年10月~2007年9月迄に上場)
 株式会社ネクスト(東京都港区 代表取締役社長 井上 高志)
●ルーキー部門(2010年10月~2011年9月迄に株式上場した企業)
 KLab株式会社(東京都港区 代表取締役社長 真田 哲弥)


【IPO大賞とは】
 株式の上場で日本経済の活性化に貢献している、或いは牽引役となっている企業を顕彰することにより、その意義を世間に広報すると共に、ニュービジネスやベンチャー企業の振興と育成に寄与することを目的として、2006年度に創設され、今年度で6回目を迎えます。ルーキー部門(上場後1年未満の企業)、グロース部門(上場後4年経過の企業)、それぞれ1社ずつ選出します。

【グロース部門】
 特にこの部門は、類似表彰制度が無いため新たな試みとして始め、この度、6回目を迎えることとなった。
 株式上場後4年が経過しており、社会的評価が定着し日本経済活性化の牽引役になっている新たなビジネスモデルのベンチャー企業を中心に選出する。今回は、2006年10月~2007年9月迄に全国で株式上場を果たした企業154社のうち、選定条件として直近の決算書で、売上高100億円以上、且つ上場時との比較売上高伸長率が200%以上の企業7社が対象。事業の更なる成長性・戦略、上場後の貢献性等を考慮して選考を行った。

【ルーキー部門】
 株式上場後間も無いが、日本経済の新たな活性化に貢献する可能性が高いビジネスモデルのベンチャー企業を中心に選出する。今回は、2010年10月~2011年9月迄に全国で株式上場を果たした企業27社が対象。事業の新規性・革新性、事業の成長性等を考慮して選考を行った。

@Press

トピックスRSS

ランキング