2012年、アジアにおける急速な給与の上昇を予測 ~ロバート・ウォルターズ・ジャパン、「グローバル給与調査2012」を発表~

@Press / 2012年2月29日 11時0分

スペシャリスト人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社(日本オフィス:東京都渋谷区、代表取締役社長:デイビッド・スワン)がこの度発表した「ロバート・ウォルターズ グローバル給与調査 2012(Global Salary Survey 2012)」によると、2012年度はアジアにおける専門職の給与が急速に上がることが見込まれます。
同調査は、ロバート・ウォルターズ・グループが拠点を置く日本を含めた世界23カ国で一斉に行っている各職種の平均給与とその雇用市場動向をまとめたものであり、今年で13回目となります。

ロバート・ウォルターズ グローバル給与調査 2012
(Global Salary Survey 2012): http://www.robertwalters.co.jp/salary/


同調査によると、日本などの確立した市場では給与の上昇が緩やかなのに対し、アジアの新興市場における給与が最も急速に上がると予想されています。中国の多くの部門において、2012年の求職者の給与は前年比15~30%上昇、また、マレーシア(20~35%)やベトナム(15~20%)、タイ(10~20%)でも同様になることが予想されます。香港やシンガポールなどのより大きな市場でも地域的成長の恩恵を受け、これらの都市では専門職の一般的な給与はそれぞれ10~20%、15~20%上昇することが見込まれます。

日本における求職者の給与の上昇率は10%以下であったものの、専門職の報酬は引き続き、他のアジア諸国を大きく上回っています。業務の一部が海外へ外注され続けている中、クライアントとの直接的なやりとりやセールスサポートが求められる職務には、高水準の給与が支給されています。また、日本での採用活動は2011年レベルが保たれると見込まれますが、市場の実績と連動していくことが予想されます。

◆スペシャリストの2012年の給与増加率の見通し
日本    : 1~10%
中国    :15~30%
香港    :10~20%
マレーシア :20~35%
シンガポール:15~20%
タイ    :10~20%
ベトナム  :15~20%

同調査の詳細および包括的な洞察につきましては、公式サイト( http://www.robertwalters.co.jp/salary/ )をご覧いただくか、公式サイトにて給与調査冊子の郵送をお申し込みください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング