ED治療に関する調査結果~ 聞きたいけど聞けない、デリケートな悩みを発表 ~

@Press / 2012年3月15日 10時30分

【内訳】メール相談対象者
 新橋ファーストクリニック(医療法人社団治成会、院長:山田 宏輔、URL: http://ed.first-clinic.jp )は、2011年1月~12月にクリニックによせられた無料メール相談を対象に「相談内容の傾向」に関する調査を実施いたしました。

調査結果: http://www.atpress.ne.jp/releases/25811/X_5.pdf


■調査結果概要
 クリニックに対するメールでの相談者の約88%が今までにED治療薬の服用経験が無い方です。日本には、およそ1,130万人のED患者がおり、その中でED治療を行っている方は91万人と言われており[*]、およそ9割の方はEDを未治療です。クリニックへのメール相談もその割合に近い数字となっています。
[*]ファイザー株式会社資料より引用

対象者内訳  : http://www.atpress.ne.jp/releases/25811/a_1.png
服用経験の有無: http://www.atpress.ne.jp/releases/25811/b_2.png

 そんな大多数を占めるED治療をしたことがない方からの相談で目立つ相談内容は以下の通りです。
(1) 持病や服用中の薬があるが、ED治療薬を使用できるか  …29.3%
(2) ED治療に関する料金、クリニックでの診療時間など   …20.7%
(3) 自分の症状はEDに当てはまるか            …19.0%
(4) 電話やメールだけで薬の処方を受けられるか      …16.4%
相談内容グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/25811/q_3.png


■調査結果のポイント
(1) 持病や服用中の薬があるが、ED治療薬を使用できるか  …29.3%
 一番、相談内容として多いものが「持病があり、服薬治療中だがED治療薬を飲むことが出来るか?」との内容です。当クリニックに実際に来院された方の約36%は何かしらかの持病があり、服薬中の方ですがED治療薬の使用が出来ないと判断したのは0.2%程度です。
 1990年代末にアメリカでバイアグラの認可が下りた直後から、日本でもバイアグラフィーバーが起こりました。医師からの処方ではなく、個人輸入などでバイアグラを手に入れ、薬の知識も無いまま乱用することによって起こった副作用のイメージが強く、危険だという印象を持っている方が多いのが現状です。
 実際には血管拡張作用を持つ薬で高血圧や狭心症の治療薬に似たような働きをする比較的安全な薬です。血管を拡張させる作用を持つために、似た作用を持つ薬との併用と血管が拡張すると危険な持病をお持ちの方は注意が必要です。注意が必要な主な疾病や、一緒に使ってはいけない薬などはクリニックホームページにて記載があるので、ご覧ください。

@Press

トピックスRSS

ランキング