O2O対応製品「AR」がFeliCaポケットに対応

@Press / 2012年3月6日 18時0分

店舗端末の機能イメージ
 株式会社Samurai(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:須永 啓太)は、この度、リアルからバーチャルまでシームレスに対応可能なO2O関連製品である「AR(ACTUAL REVOLUTION)」のバージョンアップを行い、電子マネーやIC乗車券などに搭載されている「FeliCaポケット」が利用できるように対応しました。

 また、新バージョンのAR(以下 本製品)が体験できるデモンストレーションを、3月6日(火)から開催される「NFC & Smart WORLD 2012(場所:東京ビックサイト)」にて、ソニー株式会社の展示ブースでご紹介しております。


 なお、本製品では、多くの方が持っている電子マネーカードやIC乗車券をプラットフォームとして、サーバ側インフラもクラウドタイプで提供されるため、簡単かつ低コストに導入することができます。そのため今まで、大規模な設備投資が必要とされており、大企業以外では手が出しにくかったO2Oのサービスを中小の企業様や自治体、商店街様でも少ない投資で、ICカード乗車券を利用媒体としたO2Oのソリューションサービスを導入することが可能になっております。

 本製品を利用することで、FeliCaポケットが持っている「会員証」「ポイント」「クーポン」「スタンプラリー」などのサービスを簡単に利用できると共に、ARが持つソーシャルメディアとの連携機能も同時に利用することができるため、単なるポイント付与や会員認証だけでなく、そのようなリアルシーンでの「かざす」という行為が、「Facebook」や「Foursquare」、「Twitter」などのバーチャル名世界における「リアル“いいね!”」や「リアル“チェックイン”」のようなアクションとして連携させることができます。


■FeliCaポケットについて
 ポイント、クーポン、スタンプラリー、会員証、地域通貨のようなクローズドマネーなどの5種類のツールを1枚のカードで実現可能なサービスです。

・【ご参考】FeliCaポケットとは
  http://www.sony.co.jp/Products/felica/felicapocket/


■ARについて
 AR(ACTUAL REVOLUTION)は、リアル(店舗や商業施設などのリアルシーン)からバーチャル(ポータルサイトやECサイトなどのWEBサイト)を簡単かつシームレスに連携することが可能な、O2Oのための機能を最大限に実装したサーバパッケージ製品です。

@Press

トピックスRSS

ランキング