つもる話に花が咲く!女性の長時間回答は、男性の約2倍! シチズン時計のWEBマガジン「リアルスケール」 時に関するアンケート 第14回『みんなのつもる話事情』調査報告

@Press / 2012年3月8日 11時0分

図1:つもる話最長時間/全体・性別 (N=2,661)
 シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、社長:海野 幹夫)が提供するWEBマガジン「リアルスケール( http://www.realscale.jp )」編集部は、全国の男女を対象に時に関するアンケートで、時に関する意識・実態調査 第14回『みんなのつもる話事情』を実施いたしました。

調査結果⇒ http://realscale.jp/voice/answer/14/
別添資料: http://www.atpress.ne.jp/releases/25901/A_5.pdf


★つもる話に花が咲く!女性の長時間回答は、男性の約2倍!
 つもる話の最長時間、全体で最も多いのは、『1~3時間程度』の34.6%、次いで、『3~6時間程度』の25.4%。女性は、『3~6時間程度』『6時間以上』という長時間の回答が、40.4%で、男性20.9%のおよそ倍。女性のほうが、つもる話が尽きないようです。やはり、女性はおしゃべり上手、おしゃべり好きな方が多いということでしょうか。
 女性で、長時間の回答をされた方からは、「先日、高校時代の友達が我が家へ遊びに来てくれました。卒業後も会っていましたが、友人が2年前から大阪へ。2年ぶりの再会だったのですが、5時間半、話しっぱなし。部活も一緒だったために、部活に夢中になっていた学生時代に戻り大盛り上がりでした(東京都・女性)」「1年に一回会っている友達5人組で、過去1年以内に起こった出来事を報告する。休日の昼1時頃にお店に入り、昼からワインやビールなどアルコールを飲みながら夜の10時位まで話す時もある(群馬県・女性)」等のコメントがありました。
 女性はもちろん、男性からも、「久々に会う人とは、ついつい時間を忘れて話に花を咲かせてしまう」という内容のコメントが多数寄せられました。

<図1:つもる話最長時間/全体・性別 (N=2,661)>
http://www.atpress.ne.jp/releases/25901/1_1.gif


★年重ねる毎に長期化する会わないでいた時間。その期間を埋めるのは“つもる話”
 最長時間のつもる話をした人と会わないでいた期間、世代別の比較。『5~10年』『10~20年』『20年以上』の長期間の回答は、世代が上がる毎に増えています。60歳以上では『20年以上』という方も5.0%いらっしゃいました。
 やはり、世代が上がる程、会っていない期間が長くなる傾向にあるようです。60歳以上の世代で、最も長期間の『20年以上』と回答された方は、どのようなつもる話を交わしたのでしょうか。
 「65歳になり、はじめて小学生のころの同窓会をやりました。意外と誰が誰だか分かるもので驚きました(栃木県・女性)」「小学校の同窓会で約45年ぶりに会い、最初は思い出せない顔も話している内ダンダン思い出し小学生の顔になってきた。学生時代の思い出。初恋の人の事。今は亡き担任教師。あまりにも話したいことがいっぱいで、同窓会が終わった後も二次会、三次会に参加しました。久しぶりに楽しかった日でした(兵庫県・女性)」他にも、長期間の回答を寄せられた方は、再会の場が“同窓会”という方が多くいらっしゃいました。古い友人との再会は、「タイムスリップをしているようで楽しい」というコメントも寄せられ、会わないでいた時間をつもる話で埋め、久しぶりの再会を楽しんでいるようです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング