~2012・春 トレンド予測レポート~「席朝族」、「弁当男子」に続く、次のオフィスのトレンドを予測!2012年春は、「スティック女子」が職場で急増

@Press / 2012年4月4日 12時0分

「スティックタイプ飲料」市場規模推移
 生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、2012年春のオフィスシーンにおけるトレンドとして「スティックタイプ飲料」および、それらを楽しむ「スティック女子」に注目し、レポートします。
 「スティックタイプ飲料」とは、粉末が1回分ごとに小分けされており、お湯(または水)とコップを用意するだけで、簡単にドリンクを楽しむことができる商品のこと。手を汚したり、分量を量ったりする必要がないため、オフィスでも手軽に飲み物を作ることが可能です。現在、この「スティックタイプ飲料」が、働く女性たちの間でトレンドの兆しを見せています。

 近年、不況により節約志向が高まる中、「お金をかけずに、好きなものを賢く楽しむ」女性たちが増えています。オフィスシーンにおけるドリンク選びにもその傾向が見られ、比較的高価なコーヒーショップやチルドタイプのドリンクではなく、経済的なスティックタイプの飲料を利用して、好きな飲み物を楽しむ女性が増えているようです。実際に、市場でもスティックタイプの飲料の売上が伸びているというデータもあります。さらに、メーカー各社からも、ユニークな「スティックタイプ商品」が多数登場しており、今後オフィスシーンで「スティックタイプ飲料」を楽しむ女性はますます増えていくと予想されます。

 そこで、今回トレンド総研では、「スティックタイプ飲料」を活用してオフィスシーンで好きな飲み物を賢く楽しむ女性たちを「スティック女子」と名づけ、働く女性たちの声や、メーカー各社が発売している「スティックタイプ飲料」を調査し、レポートいたします。また、トレンド分析や消費者心理に詳しい、商品ジャーナリストの北村 森氏へのインタビューも紹介しています。


■レポート内容
1.「スティックタイプ飲料」市場規模推移
 「スティックタイプコーヒー」市場を例に、その市場規模推移をお伝えします。

2.オフィスシーンにおける働く女性の「スティックタイプ飲料」飲用実態
 働く女性500名の調査結果から明らかになった、女性たちの「スティックタイプ飲料」商品への興味・関心の度合いをお伝えします。

3.各メーカーからぞくぞく登場している「スティックタイプ飲料」商品紹介
 「スティックタイプ飲料市場」に参入している、大手飲料メーカーをはじめとした各企業のユニークな商品をご紹介します。

4.専門家が語る「スティック女子」増加の背景
 「スティック女子」が増加傾向にある理由や、企業が「スティックタイプ飲料」業界に参入する背景について、商品ジャーナリストの北村 森氏より分析コメントをいただきました。

@Press

トピックスRSS

ランキング