「ユーザーとのコミュニケーション力診断の結果を発表(全30サイト)」~ コミュニケーション力の高い企業1位は「サントリー」 ~

@Press / 2012年3月23日 10時0分

コミュニケーション力診断4つの評価軸
 トライベック・ストラテジー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:殿木 和彦)は、「主要企業Webユーザビリティランキング2011<企業サイト編>」のうち、15業界別ランキング上位2社 計30社のコミュニケーション力診断を実施しました。調査は2011年11月から12月下旬にかけて実施しました。コミュニケーション力診断は、企業の自社サイト(オウンドメディア)におけるコミュニケーション力を数値化するためのプログラムです。


■調査目的
 本調査の目的は、企業と生活者のHUB機能を果たす企業の自社サイト(オウンドメディア)が、どれくらいのコミュニケーション力を持っているかを数値で表すことで、今後企業におけるオウンドメディアを通じた生活者との有効なコミュニケーション施策を検討する上での参考にしてもらうことにあります。本調査はコミュニケーション力診断を用いて、当社が独自に調査を実施しました。


■コミュニケーション力診断概要
 これまでの企業サイトは、企業情報の主たる情報発信源として、いかに効率よく生活者に情報伝達できるかがその評価の最大のポイントでした。そのため、これまでの企業サイト診断では、顧客の使いやすさを評価する「ユーザビリティ診断」や、顧客からの接続のしやすさを評価する「アクセシビリティ診断」といった診断方法を中心に行われてきました。
 しかし、ブログやSNSなどのソーシャルメディアの急速な普及により、生活者は企業サイトから企業情報を受け取るだけではなく、ソーシャルメディアから受け取る情報量も急増し始めています。
 「コミュニケーション力診断」は、企業を取り巻くメディア環境の変化に対応し、ソーシャルメディア等と連動して生活者とコミュニケーションが図れているかということを診断するサービスです。

 「コミュニケーション力診断」は、以下の4つの評価軸によって、サイトを診断します。
(1)経験軸:コンテンツの伝わりやすさ
(2)PR軸 :広告や広報活動との連携力
(3)コミュニケーション軸:ソーシャルメディア等を通じた生活者との連携力
(4)結果軸(行動促進軸) :サイト内、関連サイトなどとの連携力


<コミュニケーション力診断4つの評価軸>
http://www.tribeck.jp/common/img/release_20120323.jpg


■評価対象
 「電力・ガス・エネルギー」、「鉄道・運輸」、「建設・不動産」、「鉄鋼・金属・材料」、「化学・繊維」、「機械・部品メーカー」、「自動車・自動二輪」、「精密機器・電子部品」、「食品・飲料・生活用品」、「医薬品」、「商社・流通・小売」、「金融・保険・証券」、「IT・情報通信」、「総合電機」、「クレジット・信販」の15業のうち「2011年度ユーザビリティランキング」における業界別ランキング上位2社の計30社を対象としています。

@Press

トピックスRSS

ランキング